酒井英樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/24 02:54
 
アバター
研究者氏名
酒井英樹
 
サカイヒデキ
所属
信州大学
部署
教育学部 言語教育
職名
教授
学位
修士(教育学), 教育学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
信州大学大学院教育学研究科 教育学研究科 
 
 
 - 
2015年8月
テンプル大学(米国)  
 

論文

 
Roles of output and feedback for L2 learners’ noticing.
Sakai, H.
JALT Journal   26 25-54   2004年5月
読解力とリコールテスト方略―自由記述分析による読解方略、記憶方略、メモ方略を中心にして―
平野絹枝・酒井英樹
Language Education&Technology   41 57-76   2004年6月
Implicit and explicit grammatical knowledge of L2 English: Identification, correction, and provision of rules
Sakai, H.
ARELE   19 91-100   2008年3月
日本語話者大学生の英語学習動機の変化―国際イベントへのボランティア参加の効果―
酒井英樹・小池浩子
JALT Journal   30(1) 51-67   2008年5月
An analysis of Japanese university students’ oral performance in English using Processability Theory
Sakai, H.
System   36(4) 534-549   2008年12月

書籍等出版物

 
小中連携を意識した中学校英語の改善
三省堂   2013年11月   
【平成24年度版】観点別学習状況の評価規準と判定基準【中学校外国語】
図書文化   2011年11月   
小学校の外国語活動 基本の「き」
大修館書店   2014年4月   
はじめての英語教育研究
三省堂   2016年8月   ISBN:ISBN978-4-327-42197-7
新しい英語教育の展開
玉川大学出版部   2016年3月   

競争的資金等の研究課題

 
第二言語習得におけるフィードバックの役割