三浦 弘

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/26 16:51
 
アバター
研究者氏名
三浦 弘
 
ミウラ ヒロシ

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
埼玉大学 教授
 

Misc

 
昇華性金属錯体を利用した触媒調整法による選択的水素化プロセス
三浦弘
科学研究費補助金(一般研究 C)研究成果報告書   平成5-6年度    1995年
炭化水素の脱水素反応-触媒の構造と機能
触媒   38(7)    1996年
Preparation of supported bimetallic catalysts by means of selective deposition using mobile compounds as precursors
Catalysis Today   28    1996年
不飽和アルデヒド選択水素化反応のプロセス開発
三浦弘
科学研究費補助金基盤研究C(2)研究成果報告書   平成10年-11年度    2000年
KIYOKAWA K, SUGIYAMA K, TOMIMATSU M, KUROKAWA H, MIURA H
Thin Solid Films   386(2) 147-151   2001年

書籍等出版物

 
上松敬禧、三浦弘 触媒化学
朝倉書店   2004年   
細矢治夫、三浦弘 高等学校 化学I 発展学習集
三省堂   2007年   

講演・口頭発表等

 
Dhydrogenation of Isobutane over Pt-Based Catalysts Prepared by Slective Depositiion of the Second Metals on Pt.
Proc.DGMK-Conference“C4-Chemistry“pp.Proc.DGMK-Conference“C4-Chemistry   1997年   
Hydrogenation of naphtharene in the presence of dimethyldisulfide over titania- and alumina- supported Pd-Pt binmetallic catalysts
4th Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology   2002年   
Dehydrogenation ofEthylbenzene over Pt/Fe2O3-Al2O3 Catalysts Using a Pd-Membrane Reactor,
Proceeding of the European Catalysis Forum   2003年   
Decomposition of Poly(Amide-imide) Film Enameled on Copper Wire by Atmospheric Pressure Non-Equibrium Plasma
Proc. 7th International Conference on Advanced Surface Engineering,   2004年   
Selective Hydrogenation of Crotonaldehyde over Alumina Supported Cobalt(0) catalysts: Promoting Effects of Chloride Compounds
Proc. 13th International Congress on Catalysis   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
-
多くの高機能触媒は多成分系で構造も複雑である。これらの構造を解析し,成分の役割を明らかにするとともに,構造制御を可能にする調製法の開発を試みた。複合酸化物触媒による酸化反応・脱水素反応,担持バイメタリック触媒による水素化・脱水素反応などを研究している。