山口 高平

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
山口 高平
 
ヤマグチ タカヒラ
eメール
yamagutiae.keio.ac.jp
URL
http://www.yamaguti.comp.ae.keio.ac.jp/
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部管理工学科
職名
教授
学位
工学博士(大阪大学)
科研費研究者番号
20174617

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
   
 
慶應義塾大学・教授・理工学部管理工学科
 
2005年4月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学理工学部 ,学習指導副主任
 
2006年4月
 - 
2010年3月
慶應義塾大学大学院理工学研究科資格審査委員
 
2006年4月
 - 
2010年3月
静岡大学客員教授
 
2006年4月
   
 
島根大学医学部非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1979年3月
大阪大学 工学部 通信工学科
 
 
 - 
1984年3月
大阪大学 工学研究科 通信工学専攻
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
2017年10月
ISWC2017 (16th International Semantic Web Conference) Posters and Demos Track  PC member
 
2017年1月
 - 
2017年10月
ISWC2017 (16th International Semantic Web Conference) Industry Track  PC member
 
2016年
 - 
2017年
14th European Semantic Web Conference (ESWC2017), Posters and Demos,  PC member
 
2015年
 - 
2017年
人工知能学会  代議員
 
2014年
 - 
2022年
人工知能学会  顧問
 

受賞

 
2016年5月
情報システム学会 情報システム学会10周年記念論文賞 SCOR オントロジーに基づく生産管理プロセスモデリング支援ツールの実装
受賞者: 森田 武史、洪 潤基、斉藤 忍、飯島 正、山口 高平
 
2015年11月
情報システム学会功績賞
 
2015年11月
情報システム学会第11回全国大会・研究発表大会ベストペーパー賞 実践知能アプリケーション構築プラットフォーム PRINTEPS
 
2015年6月
平成26年度人工知能学会 功績賞
 
2007年
大川出版賞 データマイニングの基礎(共著)
受賞者: 山口 高平
 

論文

 
Teaching Assistant Robot Development by PRINTEPS
C.Nishimoto, S.Akashiba, T.Morita and T.Yamaguchi
Robots 4 Learning Workshop, The 2017 Conference on Human-Robot Interaction      2017年3月   [査読有り]
Implementation and Evaluation of Classroom AI in PRINTEPS
C.Nishimoto, S.Akashiba, H.Suga, R.Kukihara, M.Kuwayama and T.Yamaguchi
Ethical, Legal and Societal Issues of Robots in Therapy and Education Workshop at JSAI-isAI 2016      2016年11月
Implementing Customer Reception Service in Robot Cafe using Stream Reasoning and ROS based on PRINTEPS.
T.Morita, Y.Sugawara, R.Nishimura, T.Yamaguchi
International Semantic Web Conference 2016, Posters & Demos      2016年10月   [査読有り]
Development and Evaluation of an Operational Service Robot Using Wikipedia-Based and Domain Ontologies.
Hiroshi Asano, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi
1st International Workshop on Platforms and Applications for Social problem Solving and Collective Reasoning (PASSCR2016)      2016年10月   [査読有り]
Implementation and Evaluation of Classroom AI in PRINTEPS
C.Nishimoto, S.Akashiba, T. Morita and T.Yamaguchi
1st International Workshop on Platforms and Applications for Social problem Solving and Collective Reasoning (PASSCR2016)   100-103   2016年10月   [査読有り]

Misc

 
最新AIの世界を展望しAIと人間とが共生する未来を考えよう
山口 高平
東進タイムズ大学学部研究会臨時増刊号   156-157   2016年10月
シンギュラリティと未来:人間を超えるAIの世界を問う
山口 高平
富士通総研経済研究所ER創刊号   12-15   2015年9月
人工知能(AI)がもたらす新しい世界
山口 高平
地銀協月報   2-7   2015年9月
【賢人対談】大学の知・現場の知:人工知能
山口高平、渡辺明
大学の約束2015-2016   18-20   2015年9月
特集 人工知能と人の未来,〈座談会〉人工知能は社会を変えるか
中川友紀子,長谷敏司,井上智洋,山口高平
三田評論      2015年6月

書籍等出版物

 
人工知能とは (監修:人工知能学会)
松尾 豊 (著, 編集), 中島 秀之 (著), 西田 豊明 (著), 溝口 理一郎 (著), 長尾 真 (著), 堀 浩一 (著), 浅田 稔 (著), 松原 仁 (著), 武田 英明 (著), 池上 高志 (著), 山口 高平 (著), 山川 宏 (著), 栗原 聡 (著), その他 (担当:共著)
近代科学社   2016年5月   
Semantic Technology - 4th Joint International Conference, JIST 2014
Thepchai Supnithi, Takahira Yamaguchi, Jeff Z. Pan, Vilas Wuwongse, Marut Buranarach: (担当:編者)
Springer   2015年2月   ISBN:978-3-319-15614-9
Text Mining of Business-Oriented Conversations at a Call Center: Studies in Big Data Volume 3, Data Mining for Service
山口 高平
Springer   2014年1月   
Active Media Technology - 8th International Conference, AMT 2012
山口 高平 (担当:共著)
Springer   2012年12月   
オントロジーの普及と応用
森田武史,山口 高平 (担当:共著, 範囲:228)
オーム社   2012年4月   

講演・口頭発表等

 
ROS環境上での機械学習実行モジュールの設計と実装 [招待有り]
阿部秀尚,森田武史,山口高平
情報処理学会第79回全国大会   2017年3月17日   
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で働き方改革を実現する
山口 高平
週刊ダイヤモンド,2017年3月11日号   2017年3月6日   
ROS環境上における機械学習タスク実行モジュールの実装と評価 [招待有り]
阿部秀尚,森田武史,山口高平
人工知能学会,第110回 知識ベースシステム(KBS)研究会   2017年3月2日   
PRINTEPSによる教師ロボット連携授業アプリの開発 [招待有り]
西本智浩,赤柴駿介,高橋尚也,森田武史,柊原礼二,桑山美冴,山口高平
電子情報通信学会,クラウドネットワークロボット(CNR)研究会   2017年2月18日   
ロボットが先生ダヨ
山口 高平
読売新聞 朝刊15面   2017年2月1日   

Works

 
eビジネスソフトウェア教材
山口 高平   その他   2005年4月 - 2005年9月
管理工学科3年生開講科目「eビジネスソフトウェア」において、「インターネットの知的情報技術 -eビジネスの理論と応用-」(菅坂玉美,横尾真,寺野隆雄,山口高平,東京電機大学出版局, 2003)を執筆すると共に、最新事情についてはpptスライド資料を新たに作成して利用し、教育効果を上げた。

競争的資金等の研究課題

 
実践知能アプリケーション構築フレームワークPRINTEPSの開発と社会実践
研究期間: 2014年10月 - 2020年3月
オントロジー搭載型検索システムに関する研究
研究期間: 2014年7月 - 2016年3月
オントロジーとデータマイニングに基づくインテリジェントサービス開発基盤
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
スキルと実践を重視したビッグデータ・イノベーション人材育成プログラム
研究期間: 2013年7月 - 2016年3月
サービス価値モデルを用いた感性検索サービスの研究
研究期間: 2011年 - 2012年3月

特許

 
特開2015-102937(P2015-102937A) : 食事療法支援装置及び食事療法支援方法
並河大地