宮西 伸光

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/16 17:27
 
アバター
研究者氏名
宮西 伸光
 
ミヤニシ ノブミツ
URL
http://www.toyo.ac.jp/site/dfls/
所属
東洋大学
部署
食環境科学部
職名
教授
学位
博士(水産学)(東京水産大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
 - 
現在
東洋大学食環境科学部 教授
 
2013年
 - 
2014年
東洋大学食環境科学部 准教授
 
2010年
 - 
2012年
東洋大学生命科学部 准教授
 
2008年
 - 
2010年
香川大学総合生命科学研究センター 客員准教授
 
2003年
 - 
2007年
香川大学総合生命科学研究センター 客員研究員
 
2000年
 - 
2003年
東京水産大学大学院水産学研究科
 
2003年
   
 
Flinders University (South Australia) Researcher (文部科学省・最先端分野学生交流推進)
 
2003年
   
 
香川医科大学総合生命科学実験センター 客員研究員
 
1999年
 - 
2000年
 (株)山崎製パン株式会社(1999-2000)
 
2003年
   
 
 香川医科大学, 寄附研究部門教員
 
2003年
 - 
2008年
 香川大学総合生命科学研究センター, 寄附研究部門教員
 
2008年
   
 
- 香川大学総合生命科学研究センター, 客員准教授
 
1997年
 - 
1999年
長崎大学大学院水産学研究科
 

論文

 
Comparative analysis of N-glycans in the ungerminated and germinated stages of Oryza sativa
Risa Horiuchi, Noki Hirotsu, Nobumitsu Miyanishi
Carbohydrate Research   418 1-8   2015年10月   [査読有り]
An alternative strategy for structural glucanomics using beta-gluco-oligosaccharides from the brown algae Ecklonia stolonifera as models
Wataru Sumiyoshi, Nobumitsu Miyanishi, Shin-ichi Nakakita, Shoko Tsutsui, Keita yamada, Yukari Nakakita, Shin Yoshioka, Masakatsu Asao, Jun Hirabayashi
Bioactive Carbohydrates and dietary fiber   5 137-145   2015年3月   [査読有り]
Signal enhancement of protein binding by electrodeposited gold nanostructures for applications in Kretschmann-type SPR sensors
宮西 伸光、N. Nagase, K. Terao, K. Tamai, N. Uchiyama, T. Suzuki, H. Takao, F. Shimokawa, F. Oohira
Analyst   137(21) 5034-5040   2012年11月
Size-exclusion SPR sensor chip: application to detection of aggregation and disaggregation of biological particles
宮西 伸光、K. Terao, K. Shimizu, S. Shimamoto, T. Suzuki,H. Takao, F. Oohira
Analyst   137(9) 2192-2198   2012年5月
Hypersialylated type-I lactosamine-containing N-glycans found in Artiodactyla sera are potential xenoantigens
宮西 伸光、W. Sumiyoshi, S. Nakakita, K. Yamada, K. Hasehira, Y. Nakakita, J. Hirabayashi
Glycobiology   22(8) 1031-1041   2012年4月

書籍等出版物

 
産学連携による機能性食品開発と将来への展望
宮西 伸光、堀内里紗
「食品と開発」 UBMメディア株式会社   2014年4月   
SBRSと糖質関連バイオセンサ
宮西 伸光
技術情報協会   2014年3月   
Monitoring AGE to Prevent Disease
宮西 伸光
CONVERTEC & e-Print, Vol. 3, No. 6, pp 93, 2013   2013年12月   
生体内のAGEをモニタリングして生活習慣病予防
宮西 伸光
加工技術協会   2013年11月   
糖質関連分子を用いた新規診断・検出方法の提案!
宮西 伸光
首都圏産業活性化協会   2013年7月   

講演・口頭発表等

 
Vibrio communis由来耐熱性菌体内アルギン酸リアーゼT23の作用様式
土屋明男、阿部涼平、原実加、宮西伸光
第64回日本応用糖質科学会大会   2015年9月16日   
海洋細菌由来菌体内β-1,3-グルカン分解酵素T2の基質への作用様式
松浦桂、田中治樹、宮西伸光
第64回日本応用糖質科学会大会   2015年9月16日   
銀ナノコロイド曝露を受けたメダカ胚の糖鎖解析
古田島大輔、脇坂卓実、清水香里、堀内里紗、柏田祥策、宮西伸光
第64回日本応用糖質科学会大会   2015年9月16日   
イネ(Oryza sativa)由来レクチンの精製及び性状解析
堀内里紗、遠坂翼、廣津直樹、舘野浩章、平林淳、宮西伸光
第64回日本応用糖質科学会大会   2015年9月16日   
イネ初期生長時における部位特異的糖鎖の挙動
堀内里紗、遠坂翼、廣津直樹、宮西伸光
第34回日本糖質学会年会   2015年8月2日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
産学官連携プロジェクト
新食品の開発
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 宮西 伸光
食生活改善に向けた生活習慣モニタリング用高感度バイオセンサの開発
特別研究(共同研究)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 宮西 伸光
群馬県産作物を利用した応用開発
産学官連携共同研究プロジェクト
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 宮西 伸光
現時点において試作品が完成している。来期の製品化に向けて引き続き研究開発が遂行中である。
生体防御反応に関するバイオセンサ開発
生体防御反応に関する研究推進事業
研究期間: 2010年 - 2013年
学術論文の発表をおこなうとともに、関連企業との共同研究を進め、成果の活用をおこなう。
香川グライコリソース(希少糖・ヒト型糖鎖)を用いたナノ糖質生命科学研究推進事業
科学研究費 特別研究促進費
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 神鳥成弘

特許

 
特願2013-185250 : 業務内特許
宮西伸光、廣津直樹、堀内里紗
特願2011-093403 : 糖質認識分子を用いた生活習慣診断法の開発
宮西伸光
特願2010-283228 : 糖鎖配列解析法の開発
宮西伸光、平林淳

社会貢献活動

 
文部科学省 (地域再生人材創出拠点の形成事業)「人材育成プログラム21世紀源内ものづくり塾」 講師
【講師】  2008年 - 2012年

その他

 
2013年
アグリビジネス創出フェア 出展
「糖鎖基盤情報を用いたイネの品質評価技術」2013年10月23-25日出展
2013年
イノベーション・ジャパン2013 出展 【審査有】
「生活習慣病をモニタリングするための基本技術開発」2013年8月29-30日出展
2012年
日経産業新聞掲載
2012年1月11日掲載