及川 伸

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/16 09:25
 
アバター
研究者氏名
及川 伸
 
オイカワ シン
URL
http://www.rakuno.ac.jp/dep05/sec3/u6/profile_1.htm
所属
酪農学園大学
部署
獣医学群 獣医学類
職名
教授
学位
博士(獣医学)(酪農学園大学)

研究分野

 
 

論文

 
移行期におけるエネルギーバランスの管理
及川 伸
臨床獣医   34(8) 51-53   2016年8月
RS感染が疑われた育成乳牛における血清LCAT活性値の意義
家畜衛生学雑誌   42(1) 11-18   2016年5月   [査読有り]
乳牛の潜在性ケトーシスの早期発見とその対策
及川 伸
酪農ジャーナル   69(4) 22-24   2016年4月
飼養管理と乾物摂取量〜現場で注意したいポイント〜
及川 伸
臨床獣医   34(2) 38-41   2016年2月
Diagnostic and prognostic significance of serum gastrin and pepsinogen in dairy cows with displaded abomasum
Arafat Khalphallah, Enas Elmeligy, Ahmad A. Aamer, Shin Oikawa, Ken Nakada.
DOI: 10.15547/bjvm.1047   2016年1月   [査読有り]
Herd health monitoring of dairy cows with displaced abomasum
Arafat Khalphallah, Enas Elmeligy, Hanan K Elsayed, Shin Oikawa
3(6) 402-405   2016年   [査読有り]
Diagnostic and Prognostic Significance of Lipid Profiles in Holstein Dairy Cattle with Displaced abomasum: Before and After Surgical Operation
J Adv Vet Res   6(1) 7-17   2016年   [査読有り]
Nutritional Indicators in Holstein Dairy Heifers Infected with Respiratory Syncytial Virus with Referring to Changes in Lipid Profile, Tumor Necrosis Factor-a and Acute Phase Proteins
3(1) 2-28   2016年   [査読有り]
Changes in serum lecithin: cholesterol acyltransferase and apolipoprotein B-100 in dairy cattle either with 1-7 Days in milk displaced abomasum or with 8-21 Days in milk displaced abomasum
Res Opin Anim Vet. Sci   6(8) 224-228   2016年   [査読有り]
Assessment of insulin and insulin resistance in dairy cattle with displaced abomasum pre and post-surgery
Scholar’s Adv Anim Vet Res   2(3) 162-176   2015年   [査読有り]

Misc

 
Compound48/80 elicits cholinergic contraction through histamine release in the chick oesophagus.
Gen.Pharmacol.   19 689-695   1988年
乳房炎防除対策とその改善効果
岩手県家畜衛生年報(昭和62年度)   22-26   1988年
新しい細菌数格差制度に対応した乳質改善指導体制の確立-北生検式ブリード法の応用-
岩手県家畜衛生年報(昭和63年度)   29-34   1989年
撹拌の違いによる成分的乳質について
岩手県家畜衛生年報(平成元年度)   44-46   1990年
ブロイラーにおける胸部嚢疱の発生要因と防除対策
鶏病研究会報   29 41-45   1993年

書籍等出版物

 
牛の乳房炎
及川 伸(河合一洋監訳) (担当:共著, 範囲:英語の翻訳)
デーリィマン社   2016年9月   
カウシグナルズチェックブック
及川 伸、中田 健 監訳 (担当:共著)
デーリィマン社   2013年10月   
牛の呼吸器病(訳本)
及川伸・中田健 (担当:監修)
2013年2月   
牛は訴えている〜カウコンフォートの重要性〜
及川伸・三好志朗 (担当:監修)
2013年2月   
5. 乳牛群の健康管理のための環境モニタリング
及川 伸 (担当:監修, 範囲:酪農学園大学エクステンションセンター )
2011年3月   

講演・口頭発表等

 
平成28年度 全国酪農ヘルパー協会 酪農ヘルパー中級者養成研修 [招待有り]
及川 伸
2017年2月1日   
乳牛群におけるケトーシス対策のポイント [招待有り]
及川 伸
明治飼糧(株)酪農セミナー   2016年9月27日   
連産する乳牛の初産時の繁殖および生産の特徴—浜中研究—
中田健、高崎裕一、及川伸
第158回日本獣医学会   2016年9月   
乳牛における胎盤停滞の予察マーカーとしての血清Lecithin:cholesterol acyltransferase活性値
佐藤宏樹、及川伸、中田健、畠悠起、小野奨平
第158回日本獣医学会   2016年9月   
泌乳初期の潜在性ケトーシス牛における分娩前後のインスリン抵抗性
千里今日子、柴田千穂子、佐藤宏樹、及川伸、中田健
第158回日本獣医学会   2016年9月   

Works

 
ウシの脂肪肝におけるインスリン抵抗性とTNFαとの関連に関する基礎的研究
2000年 - 2001年
ウシの脂肪肝における熱ショックタンパク質の発現に関する基礎的研究
1999年 - 2000年
家畜の感染症、生産病の分子・遺伝子レベルでの病態解析と診断・治療法の開発
1998年 - 2002年
ウシの脂肪肝の発生機序に関する基礎的研究
2002年
ウシの脂肪肝の脂肪肝におけるアポトーシスに関する基礎的研究
2004年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
乳牛群の潜在性2型ケトーシスに対する実践的早期対策と臨床獣医師の予防意識調査
文部省科学研究費: 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 及川 伸
乳牛群における潜在性2型ケトーシスの発生実態とリスク要因の解明
文部省科学研究費: 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 及川 伸
ウシの脂肪肝の脂肪肝におけるアポトーシスに関する基礎的研究
文部省科学研究費: 
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 及川 伸
ウシの脂肪肝の発生機序に関する基礎的研究
文部省科学研究費: 
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 及川 伸
放牧育成牛における胃腸障害の検査マーカーとしての血清ペプシノーゲンとアポリポタンパク質A-Iの評価
伊藤記念財団: 
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 及川 伸