明石 知子

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/18 09:36
 
アバター
研究者氏名
明石 知子
 
アカシ サトコ
eメール
akashitsurumi.yokohama-cu.ac.jp
URL
http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/stbiol/index.html
所属
横浜市立大学
部署
国際総合科学部 生命医科学コース 生命医科学研究科生命医科学専攻
職名
准教授
学位
薬学博士(千葉大学)

プロフィール

企業、公的研究機関を経て、現在は横浜市大で質量分析による構造生物学研究を行っています。H18日本薬学会学術振興賞、H7日本質量分析学会奨励賞等の受賞歴があります。

研究分野

 
 

学歴

 
1991年5月
   
 
千葉大学 薬学博士 
 
 
   
 
千葉大学 薬学部 
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
2015年3月
日本質量分析学会  委員
 
2005年4月
 - 
2009年3月
日本質量分析学会  委員
 
2001年1月
 - 
2006年12月
アメリカ質量分析学会  編集委員
 
1995年4月
 - 
1999年3月
日本質量分析学会  委員
 

受賞

 
2006年
日本薬学会平成18年度学術振興賞
 
2002年
日本質量分析学会論文賞
 
1995年
日本質量分析学会奨励賞
 

論文

 
Effect of Charge on the Conformation of Highly Basic Peptides including the Tail Regions of Histone Proteins by Ion Mobility Mass Spectrometry.
Akashi, S., Downard, K.M.
Anal. Bioanal. Chem.   408 6637-6648   2016年   [査読有り]
Structure and assembly mechanisms of toxic human islet amyloid polypeptide oligomers associated with copper
Lee, S.J.C., Choi, T.S. Lee, J.W., Lee, H.J., Mun D.-G., Akashi, S., Lee, S.-W., Lim, M.H., Kim, H.I.
Chem. Sci.   7 5398-5406   2016年   [査読有り]
The C-terminal acidic domain of histone chaperone human NAP1 is an efficient binding-assistant for histone H2A-H2B but not H3-H4.
Ohtomo, H., Akashi, S., Moriwaki, Y., Okuwaki, M., Osakabe, A., Nagata, K., Kurumizaka, H., Nishimura, Y.
Genes Cells   21(3) 252-263   2016年   [査読有り]
Comprehensive Characterization of Relationship Between Higher-Order Structure and FcRn Binding Affinity of Stress-Exposed Monoclonal Antibodies.
Tsuchida, D., Yamazaki, K, Akashi, S.
Pharm. Res.   33 994-1002   2016年   [査読有り]
Charge-neutralization effect of the tail regions on the histone H2A/H2B dimer structure.
Saikusa, K., Shimoyama. S., Asano, Y., Nagadoi, A., Sato, M., Kurumizaka, H., Nishimura, Y., Akashi, S.
Protein Sci.,   24 1224-1231   2015年   [査読有り][招待有り]

Misc

 
難結晶性生体超分子複合体の溶液構造を解析する -様々な手法を駆使して基本転写因子 TFIIE の構造を解析-
明石 知子
化学と生物   45(2)    2007年

書籍等出版物

 
現代質量分析学
明石 知子 (担当:共著, 範囲:第26章 生体超分子)
化学同人   2013年   
“試料分析講座 タンパク質分析”、日本分析化学会編
明石 知子 (担当:共著, 範囲:5.3 タンパク質複合体のネイティブ質量分析)
丸善出版   2012年   
翻訳後修飾のプロテオミクス -質量分析装置を中心とした分析法の原理-
明石 知子 (担当:共著, 範囲:4章 4.13.2 質量分析法による脱イミノ化の検出)
講談社   2011年   
生命科学のための機器分析実験ハンドブック
羊土社   2007年   
Ⅱ-8 タンパク質の相互作用の解析(2) -タンパク質相互作用部位の解析 書名:生命科学の最新マヌスペクトロメトリー ゲノム創菜をめざして
講談社サイエンティフィク   2002年   

講演・口頭発表等

 
Behavior of Intrinsically Disordered Regions in Protein Complexes [招待有り]
Kazumi Saikusa, Akihisa Osakabe, Yasushi Kawata, Hitoshi Kurumizaka, Satoko Akashi
21st International Mass Spectrometry Conference   2016年8月25日   
タンパク質複合体の天然変性領域の構造への影響 [招待有り]
明石 知子
第16回日本蛋白質科学会年会   2016年6月9日   
Native Mass Spectrometry of Protein Complexes with Intrinsically Disordered Regions [招待有り]
明石 知子
2015 Korean Society for Mass Spectrometry Annual Meeting   2015年8月20日   
Behavior of histone H2A/H2B dimers in the gas phase [招待有り]
明石 知子
The 3rd Global Mass Spectrometry Trends and Ion Chemistry   2015年8月18日   
Native Mass Spectrometry of Reconstituted Human Nucleosome Core Particle
Satoko Akashi, Nanako Azegami, Kazumi Saikusa, Yasuto Todokoro, Aritaka Nagadoi, Hitoshi Kurumizaka, Yoshifumi Nishimura
20th International Conference on Mass Spectrometry   2014年8月27日   

競争的資金等の研究課題

 
結晶構造解析できないタンパク質の気相および溶液における構造の比較
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 明石 知子
X線結晶構造解析が不可能な修飾ヌクレオソームコアの構造解析
住友財団: 2013年度住友財団基礎科学研究助成金
研究期間: 2013年11月 - 2015年3月    代表者: 明石 知子
イオンモビリティ質量分析による生体超分子のコンフォメーション解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤(C)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 明石 知子
天然変性タンパク質の動的構造解析 -質量分析による解析-
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究計画研究
研究期間: 2009年8月 - 2014年3月    代表者: 明石 知子
ソフトな相互作用からなる、塩濃度に敏感な複合体の溶液構造の解析」(2007-2008年度
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究公募研究
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 明石 知子