尾関 和秀

J-GLOBALへ         更新日: 16/02/03 03:05
 
アバター
研究者氏名
尾関 和秀
 
オゼキ カズヒデ
URL
http://www.mech.ibaraki.ac.jp/ozeki-lab/
所属
茨城大学
部署
工学部 機械工学科
職名
准教授
学位
Fundamental study and applications of sputter coating for biomaterials(東京電機大学)
その他の所属
茨城大学

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
 - 
2006年
:東京電機大学フロンティア共同研究センター
 
2006年
   
 
-:茨城大学工学部
 

学歴

 
 
 - 
2003年
東京電機大学 理工学研究科 応用システム工学専攻
 

委員歴

 
2005年10月
   
 
ライフサポート学会  評議員
 
2011年3月
   
 
バイオインテグレーション学会  
 
2011年3月
   
 
バイオインテグレーション学会  理事
 
2010年4月
   
 
日本口腔インプラント学会  
 
2009年6月
   
 
ナノ・バイオメディカル学会  
 

受賞

 
2012年
第24回高橋賞
 

Misc

 
歯科インプラントにおける有限要素解析法の応用について
尾関和秀、青木秀希、宇都宮宏子、山田悦弘
バイオインテグレーション学会誌   5 183-187   2015年
The adsorptive behavior of albumin and lysozyme proteins on rod-shaped and plate-shaped hydroxyapatite
K. Ozeki, T. Hoshino, H. Aoki and T. Masuzawa
Bio-Med. Mat. Eng.   23 239-247   2013年
Phase composition of sputtered film from a mixture target of hydroxyapatite and strontium-apatite
K. Ozeki, T. Hoshino, H. Aoki and T. Masuzawa
J. Mater. Sci. Technol.   29 1-9   2013年
Antithrombogenicity of Amorphous Deuterated Carbon Film Prepared by RF-plasma CVD
K. Ozeki, D. Sekiba, K.K. Hirakuri and T. Masuzawa
Nano Biomedicine   5 11-17   2013年
「アパタイト」の放射性物質吸着マテリアルとしての可能性
尾関和秀
Material Stage   (7) 3-4   2013年

書籍等出版物

 
第3章第16節”アパタイトの放射性物質吸着剤としての可能性について”、「放射性物質の吸着・除染および耐放射線技術における材料・施工・測定の新技術」
技術情報協会   2014年   
第15章人工歯根:「人工臓器は、いま」
はる書房   2013年   
Hydroxyapatite: Synthesis, Properties and Applications
Nova Science Publisher, Inc.   2012年   
現代表面科学シリーズ・第5巻「ひとの暮らしと表面科学」、1.5医療
共立出版   2011年   
Corrosion protection: Process, Management and Technology
Publisher, Inc.   2009年   

講演・口頭発表等

 
生体適合性DLCの光学特性との相関性
第29回ダイヤモンドシンポジウム   2015年   
フジツボの船底付着防止を目的としたフッ素添加DLC膜の応用の検討
第29回ダイヤモンドシンポジウム   2015年   
数値シミュレーションを用いた装置規模の異なるDLC成膜の挙動の検討
第29回ダイヤモンドシンポジウム   2015年   
スパッタリング法による水熱結晶化マグネシウム含有HA薄膜の溶解性の検討
日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム   2015年   
放射性物質吸着除去を目的としたゼオライト/アパタイト複合体作製の基礎的検討
日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム   2015年   

Works

 
UV-LEDを利用した光触媒の脱臭効果、寿命の研究
2010年9月 - 2011年3月

競争的資金等の研究課題

 
生体・環境材料を目的としたDLC薄膜の作製
生体材料として使用されているPTFE、チタン、ニッケルチタン、ステンレス等へのDLCコーティングや、光触媒を組み合わせた環境材料の創出。
環境・生体材料を目的としたスパッタリング法によるハイドロキシアパタイト薄膜の作製
スパッタリング法により作製したハイドロキシアパタイト薄膜の生体材料・環境材料応用について検討する
リン酸カルシウムの水熱合成
新たな水熱法によるリン酸カルシウム合成を模索する。

特許

 
アパタイト含有放射性物質除去装置
特開2013-257220
DLC膜及び光触媒膜からなる複合薄膜を有するプラスチック容器
特開2010-260551
アモルファス緻密リン酸カルシウム薄膜付き光触媒
特許第5035824号