小野寺 純

J-GLOBALへ         更新日: 11/03/28 00:00
 
アバター
研究者氏名
小野寺 純
 
オノデラ ジュン
所属
旧所属 自然科学研究機構 基礎生物学研究所 細胞生物学領域
職名
博士研究員
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学(総研大)), 修士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
2006年
 自然科学研究機構基礎生物学研究所 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
2004年
総合研究大学院大学(総研大) 生命科学研究科 分子生物機構論専攻
 
 
 - 
2001年
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 分子生物学専攻
 

委員歴

 
 
   
 
日本分子生物学会  会員
 

Misc

 
Sho W Suzuki, Jun Onodera, and Yoshinori Ohsumi
PLoS One   6(2) e17412   2011年
Physiological role of autophagy for starvation-adaptation in yeast.
Jun Onodera and Yoshinori Ohsumi
Tanpakushitsu Kakusan Koso   51(10) 1499-1452   2006年
Jun Onodera, Yasutomo Sugimura, and Fuminori Yoshizaki
Protein and Peptide Letters   13(1) 15-19   2006年
Jun Onodera and Yoshinori Ohsumi
The Journal of Biological Chemistry   280(36) 31582-31586   2005年
Jun Onodera and Yoshinori Ohsumi
The Journal of Biological Chemistry   279(16) 16071-16076   2004年

講演・口頭発表等

 
Preferential autophagic degradation of Ald6p in the yeast, Saccharomyces cerevisiae.
The 49th NIBB Conference, Dynamic Vacuoles in Plants, Okazaki, Japan   2003年   
Some proteins are degraded preferentially by autophagy under nitrogen starvation.
XXIth International Conference on Yeast Genetics and Molecular Biology, Göteborg, Sweden   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
オートファジーによるタンパク質分解の生理的な役割
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2006年