程 正

J-GLOBALへ         更新日: 12/02/24 16:18
 
アバター
研究者氏名
程 正
 
テイ セイ
所属
駒澤大学
部署
仏教学部
職名
准教授
学位
修士(仏教学)(駒澤大学), 博士(仏教学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2001年
駒澤大学 人文科学研究科 
 
 
 - 
2006年
駒澤大学 人文科学研究科 
 
 
 - 
1999年
駒澤大学 佛教学部 禅学科
 

委員歴

 
 
   
 
駒沢宗教学研究会  理事
 

Misc

 
『大乗開心顕性頓悟真宗論』の依根拠文献について―特に『大乗起世論』との関連を中心に
程 正
駒澤大学仏教学部紀要   (第六九号) 121-141   2011年3月
「敦煌蔵経洞発見百周年記念 国際学術研討会」に参加して
仏教学研究会年報(駒澤大学大学院)   (34) 141   2001年
淨覚‐その人と思想
駒澤大学禅研究所年報   (13. 14合併号)    2002年
二十九祖説考(一)
仏教学研究会年報   第三六号 
二〇〇三年
『日本学術界対於初期中国禅宗史的研究歴程』(中国語論文)
『華林』中華書局   第3期    2003年
<共同研究>『大乗二十二問』の本文研究(三) (共著)
駒澤大学佛教学部論集   第三十三号    2002年
初期禅宗における「七祖」の問題-北宗を中心にして
駒沢大学佛教学部論集   (34)    2003年
初期禅宗における「七祖」の問題-南宗を中心にして
駒沢大学禅研究所年報   (15)    2003年
『七祖法宝記』に関する一考察―特にその成立について―
仏教学研究会年報   第三七号 
二〇〇四年
法照撰『浄土法身讃』の依拠文献について
印度学仏教学研究   第五三巻 
二〇〇四年
校注『般若心経慧忠注』
駒澤大学禅研究所年報   第一六号 
二〇〇四年
俄蔵敦煌文献中に発見された禅籍について
禅学研究   第八三号 
二〇〇五年
『般若心経智融注』の著者について
宗学研究   第四七号 
二〇〇五年
文沼注『般若波羅蜜多心経』について―特に新出のロシア本二種による再検討―
仏教学研究会年報   第三八号 
二〇〇五年
『般若心経慧忠注』の諸本―新出の黒水城本を中心にして―
東アジア仏教研究   第三号 
二〇〇五年
二十九祖説考(二)
禅学研究   (第八四号) 
二〇〇六年
智詵撰『般若波羅蜜多心経疏』の訳注研究(一)
仏教学研究会年報   (第三九号) 
二〇〇六年
唐代社会における『般若心経』の位置づけ
宗教学論集   (第二五輯) 
二〇〇六年
浄覚撰『注般若波羅蜜多心経』の訳注研究
駒澤大学禅研究所年報   (第一六号) 
二〇〇六年
『般若心経』と初期禅宗――禅僧による注疏を中心にして――
駒澤大学仏教学部論集   (第三七号) 
二〇〇六年
智詵撰『般若波羅蜜多心経疏』の訳注研究(二)
駒澤大学仏教学部紀要   (第六五号) 
二〇〇七年
伝達摩撰『般若波羅蜜多心経頌』の訳注研究
駒澤大学仏教学部論集   (第三八号) 
二〇〇七年
智詵撰『般若波羅蜜多心経疏』の訳注研究(三)
駒澤大学仏教学部紀要   (第六六号) 
二〇〇八年
俄蔵敦煌文献中に発見された禅籍について(二)
駒澤大学仏教学部論集   (第三九号) 
二〇〇八年
敦煌文献「某僧与法師問答」(S191)の内容について
印度学仏教学研究   第五七巻(第一号) 
二〇〇八年

競争的資金等の研究課題

 
中国禅宗史
その他の研究制度