矢島 毅昌

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/04 20:14
 
アバター
研究者氏名
矢島 毅昌
 
ヤジマ タカアキ
所属
島根県立大学短期大学部
部署
保育学科
職名
准教授
学位
修士(教育学)(立教大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
島根県立大学短期大学部 保育学科 准教授
 
2012年4月
 - 
2016年3月
島根県立大学短期大学部 保育学科 講師
 
2010年
 - 
2012年
:立教大学 ジェンダーフォーラム 事務局職員
 
2010年
 - 
2012年
:日本大学 文理学部教育学科 非常勤講師
 
2010年
 - 
2012年
:白鴎大学 教育学部発達科学科児童教育専攻 非常勤講師
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2006年3月
立教大学 文学研究科 教育学専攻 博士課程後期課程
 
1999年4月
 - 
2001年3月
立教大学 文学研究科 教育学専攻 博士課程前期課程
 
1995年4月
 - 
1999年3月
立教大学 文学部 教育学科
 

論文

 
保育者の援助がつなぐ男/女の遊び集団間の人間関係 : 保育者の構成する人・物・環境の関係に着目して
矢島 毅昌
人間と文化   (1) 159-166   2017年   [査読有り]
児童文化財の活用による保育内容/小学校生活科の教育理念の具体化:絵本を中心とした人・物・環境の関係に着目して
矢島 毅昌
島根県立大学短期大学部松江キャンパス研究紀要   (56) 31-40   2017年   [査読有り]
島根の地域資源と小学校生活科:街の暮らしと自然を生かした保育との連続性に着目して
矢島 毅昌
しまね地域共生センター紀要   (3) 15-25   2016年   [査読有り]
観光情報としての「地域の自然の知識」の再構成による保育内容/小学校生活科の素材づくりの視点:保幼小連携を視野に入れた保育者養成教育に向けて
矢島 毅昌
島根県立大学短期大学部松江キャンパス研究紀要   (54) 117-126   2016年   [査読有り]
保育者養成教育における地域の身近な自然の「あるもの探し」の意義と可能性
矢島 毅昌
島根県立大学短期大学部松江キャンパス研究紀要   (53) 1-10   2015年

Misc

 
保幼小接続における「白紙化実践」としての「学校的社会化」:「はじめての給食」の指導に見る保幼/小での教育理念と方法の転換
矢島 毅昌
平成22年度~平成24年度科学研究費補助金基盤研究(C) 課題番号22530930研究成果報告書(研究代表者北澤毅)『学校的社会化の現状と歴史に関する研究:〈児童の成立〉の解明に向けて』   15-22   2013年
一人ひとりを大切にする「芸術とデザインによる幼児教育」の実践――「人・物・環境の関係としてのデザイン/芸術の発生する保育」を通じて育まれること
矢島 毅昌, 西塔志乃
平成16年度〜平成20年度私立大学学術研究高度化推進事業「オープン・リサーチ・センター整備事業」研究成果報告書『文化の多様性にやわらかく開かれた感性の育成をめざす、幼児教育の探究と実践』   139-158   2009年
子どもの活動における人・物・環境の関係の観察と記述を通じた「子どもの芸術的創造活動を記録する」ための方法論の考察
矢島 毅昌
平成16年度〜平成20年度私立大学学術研究高度化推進事業「オープン・リサーチ・センター整備事業」研究成果報告書『文化の多様性にやわらかく開かれた感性の育成をめざす、幼児教育の探究と実践』      2009年
「幼児との交流による大学生の意識変容を探る共同研究」のためのアンケート調査
矢島 毅昌
平成16年度〜平成20年度私立大学学術研究高度化推進事業「オープン・リサーチ・センター整備事業」研究成果報告書『文化の多様性にやわらかく開かれた感性の育成をめざす、幼児教育の探究と実践』      2009年
表象としての涙とジェンダー ―絵本の表現技法の分析を通して―
矢島 毅昌
平成16年度~平成18年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2) 課題番号16530553研究成果報告書(研究代表者北澤毅)『「感情」の社会化に関する総合的研究:「文化としての涙」の形成過程に着目して』   89-99   2007年

講演・口頭発表等

 
保育内容と小学校生活科をつなぐ地域資源を構成する視点:島根の地域資源を事例として
矢島 毅昌
日本教育社会学会第68回大会   2016年9月   
保育者養成教育のための「地域の自然の知識」の再構成:観光情報としての「地域の自然の知識」に着目して
矢島 毅昌
日本教育社会学会第67回大会   2015年9月   
保育者養成教育における自然の知識に関する考察
矢島 毅昌
日本教育社会学会第66回大会   2014年9月   
学校的社会化の諸相(3) ―<白紙化実践>と<文の共働制作>への着目―
間山 広朗・矢島 毅昌・山田鋭生
日本教育社会学会第63回大会   2011年9月   
保育者の構成する人・物・環境の関係がつなぐ男/女の遊び集団
矢島 毅昌
日本保育学会第64回大会   2011年5月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
地域の自然と児童文化財を活用した保育者養成プログラムの原理と方法に関する研究
科学研究費助成事業(若手研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 矢島毅昌
文化の多様性にやわらかく開かれた感性の育成をめざす、幼児教育の探究と実践
私立大学学術研究高度化推進事業「オープン・リサーチ・センター整備事業」
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 片桐隆嗣
表象としての絵本におけるリズム・造形表現の意味形成に関する理論と実践の研究
立教大学学術推進特別重点資金 大学院生研究
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 矢島毅昌

社会貢献活動

 
子どもの心を育てる造形の会 春期研修会
【講師】  2016年5月
第9回 松江市保育研究大会
【助言・指導】  2015年11月
社会福祉法人やすぎ福祉会 園内研修会
【講師】  2012年12月
株式会社ポピンズコーポレーション 新任保育士研修
【講師】  2011年5月