小原 京子

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
小原 京子
 
オハラ キョウコ
eメール
oharahc.st.keio.ac.jp
URL
http://jfn.st.hc.keio.ac.jp/ja/index.html
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部外国語・総合教育教室
職名
教授
学位
Ph.D.(カリフォルニア大学バークレー校), 修士号(カリフォルニア大学バークレー校)
科研費研究者番号
00286650

研究分野

 
 

経歴

 
1985年4月
 - 
1995年1月
日本アイ・ビー・エム株式会社
 
1986年6月
 - 
1988年6月
日本アイ・ビー・エム株式会社東京基礎研究所自然言語処理
 
1989年6月
 - 
1995年1月
日本アイ・ビー・エム株式会社第25回海外留学生
 
1996年4月
 - 
2003年3月
慶應義塾大学理工学部専任講師
 
2000年4月
 - 
2005年3月
慶應義塾大学理工学部先端専門研究運営委員
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1985年3月
東京大学 教養学部 教養学科/文化人類学
 
 
 - 
1996年3月
カリフォルニア大学バークレー校 言語学 
 
1983年4月
 - 
1985年3月
東京大学 新聞研究所 
 
1989年8月
 - 
1991年5月
カリフォルニア大学バークレー校 言語学 
 

委員歴

 
2015年8月
 - 
2016年7月
独立行政法人日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員
 
2015年7月
 - 
2016年10月
第9回国際構文理論学会 (ICCG 9)  科学委員会委員
 
2012年4月
 - 
2016年3月
言語処理学会  理事(渉外担当)
 
2012年4月
 - 
2015年3月
言語処理学会  20周年記念事業委員
 
2012年4月
 - 
2012年8月
第7回国際構文理論学会  プログラム委員
 

受賞

 
1997年10月
日本アイ・ビー・エム株式会社 日本アイ・ビー・エム株式会社システムズ・エンジニア技術論文シンポジウム ;入選 「日英機械翻訳システム:中間表現を用いたアスペクトの翻訳」
受賞者: 小原 京子
 
1988年10月
日本アイ・ビー・エム株式会社システムズ・エンジニア技術論文シンポジウム ;優秀論文賞 「日英機械翻訳システムの言語学的枠組」
受賞者: 小原 京子
 

論文

 
小原 京子
日本認知言語学会論文集   15 471-479   2015年5月   [招待有り]
小原 京子
Proceedings of the Ninth International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC '14)   2474-2477   2014年5月   [査読有り]
Toward Constructicon Building for Japanese in Japanese FrameNet
小原 京子
Veredas On-Line - Frame Semantics and its technological applications   11-27   2013年   [査読有り]
小原 京子
Proceedings of the Eighth International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC'12)      2012年5月   [査読有り]
BCCWJへの日本語フレームネットの意味アノテーション
小原 京子
『現代日本語書き言葉コーパス』完成記念講演会予稿集   371-376   2011年8月

Misc

 
小原 京子
JCLA Conference Handbook 2014   255-258   2014年9月   [依頼有り]
日本語フレームネットの構文アノテーション
小原 京子
言語処理学会第20回年次大会 予稿集   161-164   2014年3月
日本語フレームネット:文意理解のためのコーパスアノテーション
小原 京子
言語処理学会第19回年次大会 発表論文集   166-169   2013年3月
日本語フレームネットにおけるコーパスデータの多義性分析
小原 京子
『言語処理学会第18回年次大会予稿集』   787-788   2012年3月
日本語フレームネットの全文テキストアノテーション:BCCWJへの意味フレーム付与の試み
小原 京子
『言語処理学会第17回年次大会発表論文集』   703-704   2011年3月
BCCWJの書籍ジャンルのテキストに対して行った全文テキストアノテーション作業について報告し、考察した。

書籍等出版物

 
『人工知能学事典』
小原 京子
共立出版   2017年   
『認知言語学大事典』
小原 京子
朝倉書店   2017年   
The Cambridge Handbook of Japanese Linguistics
小原 京子
Cambridge University Press   2017年   
小原 京子
朝倉書店   2014年12月   ISBN:978-4-254-51606-7
講座日本語コーパス『6. コーパスと日本語学』監修者:前川喜久雄、編集者:田野村忠温.
On expressing measurement and comparison in English and Japanese
Hasegawa, Yoko, Russell Lee-Goldman, Kyoko Hirose Ohara, Seiko Fujii and Charles J. Fillmore
John Benjamins Publishing   2010年11月   
日英両言語の、数量や度合の比較に関する構文を比較対照し、フレーム意味論・構文文法の枠組みで分析した。フレームネットの新たな方向性の一つであるConstructiconという概念を用いて分析を行った。

講演・口頭発表等

 
A Frame-based constructicon: A case study in Japanese
小原 京子
The 14th International Cognitive Linguistics Conference (ICLC-14)   2017年7月12日   
Some Fundamental Questions about Frame Relations across Languages [招待有り]
小原 京子
Multilingual FrameNet Meeting   2017年3月26日   FrameNet Project
JFNWAT Web Report: A New Japanese FrameNet Web Application Tool
ピエール・リディア小原 京子
言語処理学会第23回年次大会   2017年3月15日   
“Universality of Frames: A View from Japanese FrameNet” [招待有り]
小原 京子
Pre-conference Tutorial “Multilingual FrmeNet: Linguistic Insights, Computational Challenges, and Applications” 10th Language Resources and Evaluation Conference (LREC 2016)   2016年5月24日   
“Japanese FrameNet” [招待有り]
小原 京子
Pre-conference Tutorial “Multilingual FrmeNet: Linguistic Insights, Computational Challenges, and Applications” 10th Language Resources and Evaluation Conference (LREC 2016)   2016年5月24日   

Works

 
ワークショップ開催
小原 京子   その他   2004年3月 - 2004年3月
インターネット環境を利用した英作文授業
小原 京子   その他   2004年1月
ハンズオントレーニング(実地体験指導)として授業への還元/フレーム意味論・構文的アプローチに基づくオンライン日本語語彙情報資源の構築
小原 京子   その他   2002年 - 2004年
インターネットを利用した英作文授業
小原 京子   その他   2002年10月
公開講演会開催/Michael Barlow「ParaConc:A concordance for parallel texts」
小原 京子   その他   2002年7月

競争的資金等の研究課題

 
日本語フレームネットからのマルチリンガルフレームネット構想への提案
慶應義塾大学: 小泉信三記念基金
研究期間: 2016年5月 - 2016年5月    代表者: 小原 京子
フレーム意味論と構文文法に基づく日本語構文データベースの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 小原 京子
BCCWJコアデータ白書サンプルへの意味フレームアノテーション
国立国語研究所 受託研究
研究期間: 2013年11月 - 2014年2月    代表者: 小原 京子
日本語フレームネットデータベース
研究成果公開促進費(科学研究費補助金)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月
BCCWJコアデータ白書サンプルへの意味フレームアノテーション
国立国語研究所 受託研究
研究期間: 2012年9月 - 2013年2月