内田 隆史

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:21
 
アバター
研究者氏名
内田 隆史
 
ウチダ タカフミ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ae38cb326f0b96ee1ad91693b96e7dc2.html
所属
東北大学
部署
大学院農学研究科 応用生命科学専攻 分子細胞科学講座 分子酵素学分野
職名
教授,東北大学脳科学センター
学位
農学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
   
 
- 東北大学大学院 農学研究科 分子細胞生物学講座 分子酵素学研究室
 
2006年
 - 
2008年
東北大学先進医工学研究機構 教授
 
2003年
 - 
2005年
東北大学 学際科学国際高等研究センター 助教授
 
2000年
 - 
2005年
東北大学加齢医学研究所 助教授
 
1999年
   
 
早稲田大学理工学総合研究センター 専任客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東京大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1977年
東京大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
2006年
   
 
Nature Review Molecular Cell BIology reviewer
 
2010年
   
 
Nature Chemical Biology reviewer
 
2012年
   
 
Nature Structural and Molecular Biology reviewer
 
2012年
   
 
j cell science reviewer
 
2011年
   
 
- PlosOne reviewer
 

受賞

 
2007年
農芸化学会研究企画賞
 
1987年
ジェームスハドソンブラウンーアレクサンダーコクシイ奨学金(エール大医学部)
 
2000年
アメリカ癌学会トレーニング賞
 
2007年
三島海雲記念財団学術奨励金
 

Misc

 
Fujimori, F., Takahashi, K., Uchida, C. and Uchida, T.*
Biochem Biophys Res Commun,   265 658-663   1999年
Zacchi, P., Gostissa, M., Uchida, T., Salvagno, C., Avolio F., Volinia, S., Ronai, Z., Blandino, G., Schneider, C. and Del Sal G.
Nature   419 853-857   2002年
Zheng, H., You, H., Zhou, X-Z., Murray, S.A., Uchida,T., Wulf, G., Gu, L., Tang, X., Lu, KP and Xiao, J. Z-X
Nature   419 849-853   2002年
Yeh, E, Cunnigham, M., Arnold, H., Chasse, D., Monteith, T., Ivaldi, G., Hahn, WC., Stukenberg, T., Shenolikar, S., Uchida, T., Counter, CM., Nevins, JR., Means, AR. and Sears, R.
Nature Cell Biology   6(4) 308-318   2004年
Liou,YC, Sun,A., Ryo,A., Zhou,X.Z., Yu, ZX., Huang,HK., Uchida, T., Bronson,R., Bing,G., Li,X., Hunter,T. and Lu,KP.
Nature   424 556-561   2003年

書籍等出版物

 
“Luminescence Biotechnology: Instruments and Applications”
CRC Press LLC (New York)   2002年   
Polymers in Medicine
Plenum Publishing Co. (New York)   1986年   
Macrophage Biology
Alan R. Liss, Inc. (New York)   1985年   
免疫実験操作法, XIII
1984年   
New Frontiers in Lifestyle-Related Diseases
Springer Japan   2008年   

講演・口頭発表等

 
Significance of Pin1-Knock Out Mouse Creation
International symposium on cyclophilins and other foldases   2013年   
Establishment of mesenchymal stem cell line from p53-deleted mouse and its application to drug discovery
Bioprocessing summit   2016年   
ポリフェノールによるプロリン異性化酵素(Pin1、Cyp)の活性制御
日本農芸化学会2014年度大会   2014年   
FRET法を用いたPin1構造変化の可視化
日本農芸化学会2014年度大会   2014年   
Growth arrest specific protein b(Gas7b)によるリン酸化Tau量の調節機構
日本農芸化学会2014年度大会   2014年   

Works

 
加齢疾患関連酵素に作用する新規ポリフェノール探索と食品開発の基盤研究
2013年 - 2016年
新規転写因子活性化測定デバイスおよび解析システムの開発
2003年 - 2004年
アルツハイマー病の治療・予防用「脂肪由来幹細胞薬」の実用化研究
2011年 - 2012年
膜透過性ペプチド結合型の「タンパク質創薬」に関する実用化研究
2011年 - 2012年
認知症予防用プロリン異性化酵素薬剤の開発
2007年 - 2009年

競争的資金等の研究課題

 
プロリン異性化酵素Pin1類似分子の健康への応用
研究期間: 1999年   
幹細胞の分化制御酵素の健康への応用
科学研究費補助金
研究期間: 2004年   
癌に関係する酵素
研究期間: 1999年   

特許

 
New ligands of nuclear receptor
US Patent No. 06605639
Method of inspecting specimen for bacteria and probe therefor.
W008800618A1
Method of assaying biologically active substances
US4792527
Method of assaying the metabolic activity of cells
US4788142
Phenytoin derivatives
US5306617