塚本 裕一

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:21
 
アバター
研究者氏名
塚本 裕一
 
ツカモト ヒロカズ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/3a9812b647edfe8e0c2fb3708f20f399.html
所属
東北大学
部署
大学院薬学研究科 分子薬科学専攻 分子制御化学講座 反応制御化学分野
職名
助教

研究分野

 
 

受賞

 
2007年
日本薬学会東北支部奨励賞
 
2006年
万有製薬 研究企画賞
 
2003年
コンビナトリアル・ケミストリー研究会 研究企画賞
 

Misc

 
Palladium(0)-Catalyzed Alkylative Cyclization of Alkynals and Alkynones: Remarkable trans-Addition of Organoboronic Reagents
Hirokazu Tsukamoto, Tatsuhiko Ueno, Yoshinori Kondo
J. Am. Chem. Soc.   128 1406-1407   2006年
Microwave-Assisted Palladium(0)-Catalyzed Alkylative Cyclization of Allenyl Aldehydes Leading to 3-Substituted 3-Cycloalken-1-ols
Hirokazu Tsukamoto, Tomotaka Matsumoto, Yoshinori Kondo
J. Am. Chem. Soc.   130 388-389   2007年
Palladium(II)-Catalyzed Annulation of Alkynes with ortho-Ester-Containing Phenylboronic Acids
Hirokazu Tsukamoto, Yoshinori Kondo
Org. Lett.   9 4227-4230   2007年
Palladium(0)-Catalyzed Direct Cross-Coupling Reaction of Allyl Alcohols with Aryl and Vinyl-Boronic Acids
Hirokazu Tsukamoto, Masanori Sato, Yoshinori Kondo
Chemical Communications   (8) 1200-1201   2004年
Remarkable solvent effect on Pd(0)-catalyzed deprotection of allyl ethers using barbituric acid derivatives: application to selective and successive removal of allyl, methallyl, and prenyl ethers
Hirokazu Tsukamoto, Takamichi Suzuki, Yoshinori Kondo
Synlett   3131-3136   2007年

講演・口頭発表等

 
アンチWacker型環化反応による置換ピペリジン合成法の開発
日本薬学会 第128年会   2008年   
パラジウム触媒反応の酸化的付加の制御と新反応開拓
日本薬学会東北支部講演会 第29回東北薬学セミナー   2007年   
2価パラジウム触媒を用いた内部アルキンとエステル基含有フェニルボロン酸のカップリング反応
第33回 反応と合成の進歩シンポジウム   2007年   
Microwave-Assisted ‘Anti-Wacker’-Type Alkylative Cyclization of Allenyl Aldehydes under Palladium Catalysis
第54回有機金属化学討論会   2007年   
パラジウム触媒を用いた2,3ー二置換インデン誘導体の合成法
第25回 Combinatorial Chemistry研究会   2007年   

Works

 
0価パラジウム触媒へのアンチWacker型酸化的付加を利用した新規環状化合物合成法の開発
2007年 - 2008年
新規イリジウム・パラジウム触媒反応を鍵反応としたカンプトテシンライブラリーの固相合成研究
2004年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
イリジウム触媒を用いた芳香族C-H結合活性化によるキノリン環合成法の開発
科学研究費補助金
研究期間: 2004年   
有機ボロン酸試薬を用いた新規パラジウム触媒反応の開発
その他の研究制度
研究期間: 2003年   
アリル型保護基の新規脱保護法の開発
その他の研究制度
研究期間: 2002年 - 2004年
抗腫瘍活性天然物カンプトテシンの誘導体ライブラリーの固相合成研究
抗腫瘍活性天然物カンプトテシンの活性の増強、毒性の低減、難溶性の改善を目的としたカンプトテシン誘導体ライブラリーの固相合成研究を行っている。トポイソメラーゼIに対する阻害活性、および抗腫瘍活性の評価を行っていただける共同研究者を募集している。