渡邉研太郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/17 15:02
 
アバター
研究者氏名
渡邉研太郎
 
ワタナベ ケンタロウ
所属
国立極地研究所
部署
研究教育系生物圏研究グループ
職名
教授、国際企画室長
学位
農学学士(東京大学), 農学修士(東京大学), 農学博士、1988年(東京大学)

プロフィール

1952年 会津若松市生まれ
1971年 都立青山高等学校 卒業
1977年 東京大学農学部水産学科 卒業
1979年 東京大学農学系研究科 修士課程 修了
1979年7月 東京大学農学系研究科 博士課程 退学
1979年8月 国立極地研究所助手
1995年 国立極地研究所助教授
2007年 国立極地研究所教授
【南極観測歴】昭和55-56年 第22次南極地域観測隊(夏隊)、昭和57-59年 第24次南極地域観測隊(越冬隊)、昭和63-平成元年 CHINARE-5 長城基地で外国共同観測、平成4年 ANARE Aurora Australis プリッツ湾等観測航海、平成5-7年 第35次南極地域観測隊(越冬隊)、平成10-11年 第40次南極地域観測隊(夏隊)、平成11-13年 第41次南極地域観測隊(副隊長兼越冬隊長)、平成16-18年 第46次南極地域観測隊(副隊長兼越冬隊長)、平成24-26年 第54次南極地域観測隊(隊長兼夏隊長)
【北極観測歴】平成2年 アラスカ プルドー湾、バロー岬沖で氷上観測

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
2014年
第54次南極観測隊 夏隊 観測隊長 夏隊長
 
2007年
 - 
現在
国立極地研究所 教授
 
2010年1月
 - 
2010年2月
南極条約に基づく日本政府査察団 査察員
 
2004年
 - 
2006年
第46次南極観測隊 越冬隊 観測副隊長 越冬隊長
 
1998年
 - 
2001年
第41次南極観測隊 越冬隊 観測副隊長 越冬隊長
 
1998年
 - 
1999年
第40次南極観測隊 夏隊 生物医学系担当 観測隊員
 
1995年
 - 
2007年
国立極地研究所 助教授
 
1993年
 - 
1995年
第35次南極観測隊 越冬隊 生物医学系担当 観測隊員
 
1982年
 - 
1984年
第24次南極観測隊 越冬隊 環境科学担当 観測隊員
 
1980年
 - 
1981年
第22次南極観測隊 夏隊 生物担当 観測隊員
 
1979年
 - 
1995年
国立極地研究所 助手
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1979年7月
東京大学大学院博士課程 農学系研究科 水産学専攻
 
1977年4月
 - 
1979年3月
東京大学大学院修士課程 農学系研究科 水産学専攻
 
 
 - 
1977年3月
東京大学 農学部 水産学
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会IOC分科会  調査委員
 
2010年
 - 
現在
日本学術会議地球惑星科学委員会国際対応分科会 SCAR小委員会  委員
 
2006年
 - 
2010年
日本学術会議地球惑星科学委員会国際対応分科会 SCAR小委員会  幹事
 
2006年
 - 
2010年
日本学術会議地球惑星科学委員会国際対応分科会 IASC小委員会  幹事
 
2006年10月
 - 
現在
南極海洋生物資源保存条約年次会合日本代表団  団員
 

論文

 
A new species and the shallowest record of Flabegraviera Salazar-Vallejo, 2012 (Annelida: Flabelligeridae) from Antarctica
NAOTO JIMI, MEGUMU TSUJIMOTO, KENTARO WATANABE, KEIICHI KAKUI & HIROSHI KAJIHARA
ZOOTAXA   4221(4) 477-485   2017年1月   [査読有り]
A new species of polychaete, Flabegraviera fujiae sp. nov., is described and the first report of F. mundata (Gravier, 1906)
from the shallow water around Syowa Station, Antarctica, is presented. Flabegraviera fujiae sp. nov. resembles F. profunda
...
Atsushi Ikeda, Koji Kawai, Masakazu Tsutsumi, Koji Yoshimura, Giichiro Ohno, Tatsuhisa Hasegawa, Hirofumi Ooe, Kentaro Watanabe, Jun Miyazaki, Hiroyuki Nishiyama
Lower urinary tract symptoms.      2016年6月   [査読有り]
This is the first survey of the urinary status of people living in a polar environment. The findings obtained by questionnaires and voiding dairies indicated that urination and sleep status did not worsen during the stay in Antarctica.
Recent advance in Asian polar science – Commemorating ten-year activities of the Asian Forum for Polar Sciences (AFoPS)
Kentaro Watanabe, Koichiro Doi, Hong Tat Ewe, Kottekkatu Padinchati Krishnan, Jae Il Lee, Ruiyuan Liu
Polar Science   9(4) 335-337   2015年12月   [査読有り]
アジア極地科学フォーラム(AFoPS)は、アジア諸国の極地科学の進歩のための協力を奨励・促進することを目的として2004年に設立された。2014年10月7日には設立10周年を記念して、マラヤ大学にある国立南極研究センター(NARC)のホストにより、マレーシアのポート・ディクソンでAFoPSシンポジウムが開催された。このAFoPS特別号第2巻には、シンポジウムで発表された論文およびAFoPSメンバー国からの、幅広い分野の極域科学に関する論文が掲載されており、AFoPSのすばらしい成果の一つである。
Potential changes in feeding behavior of Antarctic fish, Pseudotrematomus bernacchii (Boulenger, 1902) on the East Ongul Island, Antarctica
Suchana Chavanich, Voranop Viyakarn, Daiki Nomura, Kentaro Watanabe
Polar Science   9(4) 389-392   2015年12月   [査読有り]
2004/2005年及び2009/2010年の夏季に南極昭和基地付近の沿岸定着氷下において南極産魚類、ショウワギス(Pseudotrematomus bernacchii (Boulenger, 1902)))の食性を調査した。その結果、胃内容物の調査より、端脚類及びオキアミが主要な餌であることがわかった。しかし、各調査期の間において、イカ、タコ、その他甲殻類などの大型無脊椎動物の占める割合に有意な差が生じた。そして、すべての大きさの個体において、胃内容物に占める端脚類及びオキアミの割合は...
Takashi Sugita, Takashi Yamazaki, Shin Yamada, Hajime Takeoka, Otomi Cho, Takafumi Tanaka, Giichiro Ohno6, Kentaro Watanabe, Koichi Makimura, Hiroshi Ohshima, Noriaki Ishioka and Chiaki Mukai
Medical mycology      2015年6月   [査読有り]
The International Space Station (ISS) is located approximately 400 km above the Earth. Astronauts staying at the ISS are under microgravity and are thus unable to bathe or shower; instead, they wash their bodies using wet tissues. For astronauts, ...
川部哲也、鳴岩伸生、重田智、佐々木玲仁、加藤奈奈子、佐々木麻子、桑原知子、大野義一朗、渡邉研太郎
人間科学: 大阪府立大学紀要   10 123-141   2015年3月
Occurrence of trans monounsaturated and polyunsaturated fatty acids in Colwellia psychrerythraea strain 34H
Mikako Hashimoto, Yoshitake Orikasa, Hidenori Hayashi, Kentaro Watanabe, Kiyohito Yoshida, Hidetoshi Okuyama
Journal of Basic Microbiology   DOI: 10.1002/jobm.201400815   2015年2月   [査読有り]
Colwellia psychrerythraea strain 34H is an obligately psychrophilic bacterium that has been used as a model cold-adapted microorganism because of its psychrophilic growth profile, significant production of cold-active enzymes, and cryoprotectant e...
C Muangchinda, S Chavanich, V Viyakarn, K Watanabe, S Imura, A S Vangnai, O Pinyakong
Environmental Science and Pollution Research      2014年10月   [査読有り]
Hydrocarbon catabolic genes were investigated in soils and sediments in nine different locations around Syowa Station, Antarctica, using conventional PCR, real-time PCR, cloning, and sequencing analysis. Polycyclic aromatic hydrocarbon ring-hydrox...
Lipids in cold-adapted microorganisms
Ahmad Iskandar Bin Haji Mohd Taha, Rifat Zubair Ahmed, Taro Motoigi, Kentaro Watanabe, Norio Kurosawa, Hidetoshi Okuyama
Cold Adapted Microorganisms   189-214   2013年9月   [査読有り]
Ornithine ingestion improved sleep disturbances but was not associated with correction of blood tryptophan ratio in Japanese Antarctica expedition members during summer.
Masahisa Horiuchi, Hirohiko Kanesada, Takahiro Miyata, Kentaro Watanabe, Akihito Nishimura, Takashi Kokubo, Takayoshi Kirisako
Nutrition research   33(7) 557-564   2013年7月   [査読有り]

Misc

 
アジア諸国の南極観測
渡邉研太郎
極地   51(1) 3-16   2015年4月   [査読有り][依頼有り]
南極条約体制における保護区制度
渡邉研太郎
季刊 環境研究   (174) 65-72   2014年6月   [依頼有り]
The Japanese Antarctic Research Expedition in progress and its organization. (review)
Kentaro Watanabe
J. Black Sea/Mediterranean Environment   20(1) 78-91   2014年   [依頼有り]
第54南極観測隊夏期活動報告
渡邉研太郎
極地   49(2) 2-9   2013年8月   [査読有り][依頼有り]
第54次南極地域観測隊行動実施計画
渡邉研太郎
極地   49(1) 27-41   2013年3月   [査読有り][依頼有り]
Report on the Japanese Workshop on Antarctic Medical Research and Medicine 2012-- Creating Collaborations and Extending the Local Asian Network in Antarctic Medicine
Ohno, G. and Watanabe, K.
南極資料      2013年   [査読有り]
第46次日本南極地域観測隊越冬報告2005-2006
渡邉研太郎
南極資料   56 148-202   2012年   [査読有り]
第34回南極条約協議国会議(XXXIV ATCM)報告
渡邉研太郎
極地   48(1) 61-66   2012年   [査読有り]
最近の南極条約協議国会議(ATCM)をめぐる話題
渡邉研太郎
極地   47(1) 49-57   2011年   [査読有り]
第41次南極地域観測隊越冬報告 2000-2001
渡邉研太郎
南極資料   53(1) 9-54   2009年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
南極観測隊のしごとー観測隊員の選考から暮らしまで
渡邉研太郎 (担当:共著, 範囲:世界と協調する観測隊)
成山堂   2014年3月   ISBN:978-4-425-57071-3
現在の日本の南極観測事業がどのように実施されているのか、立案から実行までの過程や現実の姿を、事業を運営する立場から、現場の実情や問題点、そして将来展望を俯瞰的に叙述する。
南極海—氷の海の生態系
渡邉研太郎, 古谷研 (担当:分担執筆, 範囲:海氷域の生物を支える基礎生産)
東海大学出版会   2013年1月   ISBN:978-4-486-01889-6
極域動物標本画像データベース 第2版
渡邉研太郎
国立極地研究所, 東京(CD-ROM)   2006年   
南極大図鑑
渡邉研太郎 (担当:分担執筆, 範囲:植物プランクトン)
小学館   2006年10月   ISBN:4-09-526151-X
南極・北極の百科事典
国立極地研究所(共著)
丸善, 東京   2004年   
北極と南極の100不思議
渡邉研太郎 (担当:共著, 範囲:極地に暮らす生き物たち)
東京書籍   2003年11月   ISBN:4-487-79940-6
生態学事典
渡邉研太郎 (担当:分担執筆, 範囲:アイスアルジー)
共立出版   2003年6月   ISBN:4-320-05602-7
Phytoplankton database for JARE39 Cruise (1997/98)
Odate, T., Watanabe, K., Ishikawa, A., Washiyama, N. and Fukuchi, M.
Center for Antarctic Environment Monitoring, NIPR, Tokyo (CD-ROM)   2002年   
Database of animal specimens from polar regions at NIPR. Ver.1
Kanda, H. and Watanabe, K.
National Institute of Polar Research, Tokyo. (CD-ROM)   2002年   
ふしぎ大陸南極展図録
国立科学博物館, 国立極地研究所, 朝日新聞(共著)
国立科学博物館, 東京, pp 111   1997年   

講演・口頭発表等

 
南極越冬で見えてきたこと・考えたこと
渡邉研太郎
東京都小平市立小学校教科等研究会   2015年3月11日   
南極からみた地球環境 [招待有り]
渡邉研太郎
第18回東久留米市環境フェスティバル   2014年6月15日   
南極に行って何をしているの? [招待有り]
渡邉研太郎
平成25年度立川市立小学校科学教育センター閉校式   2014年2月22日   立川市立小学校科学教育センター
南極の海洋生態系 [招待有り]
渡邉研太郎
イスタンブール大学水産学部講演会   2013年11月21日   
日本の南極観測の現状と実施体制 [招待有り]
渡邉研太郎
トルコ南極科学ロードマップワークショップ   2013年11月18日   

Works

 
南大洋インド洋区における基礎生産力の時空間的変動と海氷分布との関連性
2001年
南極昭和基地周辺での総合観測調整(第41次南極地域観測隊 越冬隊長)
1999年 - 2001年
南極海における海洋環境の中長期的変動に関する研究
1999年
極域生態系の環境応答に関する基礎研究
1999年
南大洋における低次生産モニタリング(第40次南極地域観測隊 夏隊)
1998年 - 1999年

競争的資金等の研究課題

 
極海の低次生産過程の研究
研究期間: 1979年   
海中ロボット(AUV)による海氷下観測システムの開発
官民連帯共同研究
研究期間: 2001年   

社会貢献活動

 
他大学での教育活動
【講師】
非常勤講師:愛媛大学農学部(平成26年度前期)
南極教室
【出演, 講師】  国立極地研究所  (南極 昭和基地)  2005年2月 - 2005年12月
第46次南極地域観測隊越冬隊で昭和基地から各地の小中高校等と「南極教室」対応40回余
他大学等での教育活動
【その他】
非常勤講師:東京大学大学院新領域創成科学研究科(平成13年後期)
他大学等での教育活動
【その他】
非常勤講師:東京大学大学院農学生命科学研究科(平成8~10年各前期)