伊藤 たかね

J-GLOBALへ         更新日: 14/12/21 10:40
 
アバター
研究者氏名
伊藤 たかね
 
イトウ タカネ
所属
東京大学
部署
大学院総合文化研究科 言語情報科学専攻
職名
教授
学位
文学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1982年
共立女子大学非常勤講師
 
1984年
 - 
1986年
武蔵大学専任講師
 
1986年
 - 
1989年
武蔵大学 助教授
 
1989年
 - 
1999年
東京大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京大学 人文科学研究科 英語英文学
 
 
 - 
1978年
東京大学 文学部 英語英米文学
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本英語学会  理事
 
2011年
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2011年11月
 - 
2013年10月
日本英語学会  編集委員長
 
2009年
 - 
2013年
日本英語学会  編集委員
 
2009年
 - 
2011年
日本英語学会  理事
 
2009年
 - 
現在
日本言語学会  評議員
 
2001年
 - 
2004年
日本認知科学会  運営委員
 
1998年
 - 
現在
日本英語学会  評議員
 
1989年
 - 
1993年
日本英文学会  編集委員
 

受賞

 
2002年
日本認知科学会論文賞
 

論文

 
Yuki Kobayashi, Yoko Sugioka and Takane Ito
NeuroReport   25(16) 1296-1301   2014年   [査読有り]
"On the bi-clausality of the productive causative construction in Japanese: Evidence from ERP experiments"
Takane Ito
言語・情報・テクスト      2012年12月
Yuki Kobayashi, Yoko Sugioka, and Takane Ito
N. Miyake, D. Peebles, & R. P. Copper (eds.) Proceedings of the 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society   611-616   2012年
"Antecedent selection of a reflexive pronoun in bi-clausal structure: An ERP study in Japanese"
Reiko Okabe, Yuki Kobayashi, and Takane Ito
The Proceedings of the Twelfth Tokyo Conference on Psycho Linguistics (TCP 2011)   209-228   2011年
“Neurological evidence differentiates two types of Japanese causatives”
Takane Ito, Yoko Sugioka,and Hiroko Hagiwara
Hiroto Hoshi (ed.) The dynamics of the language faculty: Perspectives from linguistics and cognitive neuroscience.   273-291   2009年   [査読有り][招待有り]
「日本語格違反の処理に関わる事象関連電位研究」
小林由紀・金丸一郎・杉岡洋子・伊藤たかね
電子情報通信学会技術研究報告2007-17   45-50   2007年
「形態論の認知脳科学」
伊藤たかね・萩原裕子・杉岡洋子
月刊『言語』   (2007.8) 80-87   2007年   [招待有り]
「語彙概念構造辞書構築のための設問セットの設計とその評価」
加藤恒昭・畠山真一・坂本浩・伊藤たかね
レキシコンフォーラム   2 57-84   2006年   [査読有り]
「日本語動詞のLCS推定に関して--他動詞を中心に--」
畠山真一,坂本浩,加藤恒昭,伊藤たかね
情報処理学会研究報告, 2005-NL-165   1-8   2005年
「語彙概念構造とは」
伊藤 たかね
「心とことば--進化認知科学的展開」主催シンポジウム「語彙概念構造辞書の構築と応用」予稿集   1-8   2005年   [招待有り]

Misc

 
伊藤 たかね
教養学部報(東京大学)   (550)    2012年10月
伊藤 たかね
教養学部報(東京大学)   (547)    2012年6月   [依頼有り]
伊藤 たかね
言語学出版社フォーラム      2009年7月
伊藤 たかね
UP      2009年4月   [依頼有り]
「「明日」を見通すための回顧」
伊藤 たかね
『英語教育』   54(6) 92-93   2005年   [依頼有り]
「First International Conference on the Mental Lexicon 参加報告」
伊藤 たかね
認知科学   6(1) 133-134   1999年   [依頼有り]
「複数形を取り込んだ複合語」
『英語青年』   145(6) 1999年9月,19   1999年   [依頼有り]
「書評:Taro Kageyama (ed.)Verb Semantics and Syntactic Structure.」
伊藤 たかね
『英文学研究』   75(2) 299-303   1998年   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
『言語科学の世界へ』
伊藤 たかね (担当:分担執筆, 範囲:「意味構造の骨組みと肉付け:二つのタイプの他動詞」(pp.16-32)「一人二役か,役割のミスマッチか:コントロールと繰り上げ」(pp.92-105))
東京大学出版会   2011年   
『言語処理学辞典』
伊藤 たかね (担当:分担執筆, 範囲:「形態論・レキシコン」)
共立出版   2009年   
『こころと言葉--進化と認知科学のアプローチ』
長谷川寿一・ラマール クリスティーン・伊藤たかね (担当:共編者)
東京大学出版会   2008年   
『言語の辞典』
伊藤 たかね (担当:分担執筆, 範囲:「形態論」)
朝倉書店   2005年   
『シリーズ言語科学1 文法理論:レキシコンと統語』
伊藤たかね (担当:編者)
東京大学出版   2002年   
『語の仕組みと語形成』
伊藤たかね・杉岡洋子 (担当:共著)
研究社   2002年   
『英語学文献解題 文法II』
原口庄輔・今西典子編 (担当:分担執筆, 範囲:「形態論・レキシコン研究の展望」他)
研究社   2001年   
『英語構文事典』
伊藤 たかね (担当:分担執筆, 範囲:「知覚動詞」「使役動詞」)
大修館   2001年   

講演・口頭発表等

 
「規則適用としての連濁:事象関連電位計測実験の結果から」
小林由紀、杉岡洋子、伊藤たかね
日本言語学会第147会大会   2013年11月23日   
「モノ名詞に付加して動作解釈を引き出す「ひと」について」
伊藤たかね、杉岡洋子、由本陽子
Morphology and Lexicon Forum 2013   2013年9月8日   
ERP responses to violations in Japanese verb conjugation patterns [招待有り]
Takane Ito, Yuki Kobayashi, and Yoko Sugioka
The 13th Korea-Japan Workshop on Linguistics and Language Processing   2012年12月1日   
ERP effects of syntactic embedding: Studies on Japanese causative constructions and Zibun-binding [招待有り]
Takane Ito
韓国英語学会   2011年6月   
生成文法と脳科学--形態論の事例から [招待有り]
伊藤 たかね
日本英語学会第28回大会   2010年11月   
「語の処理における記憶と演算:失語症研究の知見」 [招待有り]
伊藤たかね・杉岡洋子・星宏人
釧路ニューロサイエンスワークショップ   2008年7月   
Neurological evidence differentiates two types of Japanese causatives. [招待有り]
Takane Ito, Yoko Sugioka,and Hiroko Hagiwara
International symposium on language, mind and brain: Perspectives from dynamic syntax and other linguistic theories   2006年10月   
「言語処理の心内・脳内メカニズムを探る--日本語使役構文の事例から--」 [招待有り]
伊藤たかね・萩原裕子・杉岡洋子
電子情報通信学会 思考と言語研究会   2004年12月   
「語彙意味論の研究動向--語形成との関わりを中心に--」 [招待有り]
伊藤 たかね
電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション(NLC)研究会   2003年8月   
「派生形態論の心的メカニズム--失語症研究の視点から」 [招待有り]
伊藤 たかね
ドイツ文法理論研究会   2003年6月