火原 彰秀

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/14 11:27
 
アバター
研究者氏名
火原 彰秀
 
ヒバラ アキヒデ
URL
http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/hibara/
所属
東北大学
部署
多元物質科学研究所
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)
ORCID ID
0000-0003-0258-3361

研究分野

 
 

講演・口頭発表等

 
O. Wakao, K. Sumiyoshi, C. Mizoguchi, M. Maeki, A. Ishida, H. Tani, K. Shigemura, A. Hibara, M. Tokeshi
MicroTAS2017   2017年10月25日   
T. Endo, K. Ishikawa, M. Fukuyama, A. Hibara
MicroTAS2017   2017年10月24日   
T. Shimada, T. Yasui, A. Hibara, H. Yasaki, T. Yanagida, M. Hara, N. Kaji, M. Kanai, K. Nagashima, T. Kawai, Y. Baba
MicroTAS2017   2017年10月23日   
若尾摂 住吉研 溝口親明 真栄城正寿 石田晃彦 谷博文 重村幸治 火原彰秀 渡慶次学
化学とマイクロナノシステム学会第36回研究会   2017年10月5日   
秋山葵 福山真央 火原彰秀
化学とマイクロナノシステム学会第36回研究会   2017年10月5日   
周林 福山真央 火原彰秀
化学とマイクロナノシステム学会第36回研究会   2017年10月5日   
火原彰秀 福山真央
化学系学協会東北大会   2017年9月18日   
火原彰秀 福山真央
日本分析化学会第66年会   2017年9月10日   
遠藤拓也 火原彰秀 福山真央
日本分析化学会第66年会   2017年9月10日   
福山 真央・ 火原 彰秀 ・ 吉田 裕美 ・ 前田 耕治
日本分析化学会第77回分析化学討論会   2017年5月28日   

経歴

 
2016年5月
 - 
現在
東北大学 多元物質科学研究所 教授
 
2016年4月
 - 
2016年4月
東京工業大学 理学院 准教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京工業大学 大学院理工学研究科 准教授
 
2007年10月
 - 
2013年3月
東京大学  生産技術研究所 准教授
 
2003年12月
 - 
2007年9月
東京大学  大学院工学系研究科 講師
 
1999年1月
 - 
2003年12月
東京大学 大学院工学系研究科 助手
 
 
   
 
(兼任)
 
2016年5月
 - 
現在
東京工業大学 理学院 特任教授
 
2011年4月
 - 
2016年3月
日本女子大学 理学部 非常勤講師
 
2004年10月
 - 
2008年3月
JSTさきがけ 研究員
 
1999年1月
 - 
2009年3月
(財)神奈川科学技術アカデミー 非常勤研究員
 

学歴

 
 
 - 
2003年1月
東京大学  博士(工学)
 
 
 - 
1998年12月
東京大学 大学院工学系研究科  応用化学専攻 博士課程中退
 
 
 - 
1997年3月
東京大学 工学系研究科 応用化学専攻 修士課程修了
 
 
 - 
1995年3月
東京大学 工学部 化学生命工学科 卒業
 

論文

 
Fukuyama M, Hibara A, Yoshida Y, Maeda K
Analytical chemistry      2017年8月   [査読有り]
Myungwha Chung, Christian Pigot, Sebastian Volz, Akihide Hibara
Analytical Chemistry      2017年8月   [査読有り]
Yuto Kazama, Edwin T. Carlen, Albert van den Berg, Akihide Hibara
Sensors and Actuators B: Chemical   248 753   2017年9月   [査読有り]
S. Yamaoka, Y. Kataoka, Y. Kazama, Y. Fujii, A. Hibara
Sensors & Actuators: B. Chemical   228 581-586   2016年6月   [査読有り]
A flow-focusing microfluidic device was fabricated for thermal lens nanoparticle detection. In this device, sample flow was first sandwiched by lateral z-axis sheath flows, and then by horizontal xy-plane sheath flows. The three-dimensional flow f...
Y. Kazama, A. Hibara
Analytical Sciences   32(1) 99-102   2016年1月   [査読有り]
A method of embedding micro-optics into a microfluidic device was proposed and demonstrated. First, the usefulness of embedded right-angle prisms was demonstrated in microscope observation. Lateral-view microscopic observation of an aqueous dye fl...
O. Wakao, Y. Fujii, M. Maeki, A. Ishida, H. Tani, A. Hibara, M. Tokeshi
Analytical Chemistry   87(19) 9647-9652   2015年9月   [査読有り]
The detection system which enables simultaneous fluorescence polarization (FP) measurement of multiple samples was proposed and proven by a proof-of-concept experiment on the viscosity dependence of FP of fluorescein sample in water-ethylene glyco...
M. Fukuyama, A. Akiyama, M. Harada, T. Okada, A. Hibara
Analytical Methods   7(17) 7128-7131   2015年9月   [査読有り]
Microdroplet-based protein crystallisation using spontaneous emulsification is proposed and demonstrated. Dependence of water transport on the concentration of Span 80 was
investigated. Crystallisation of the lysozyme was then demonstrated. Based ...
M. Fukuyama, A. Hibara
Analytical Chemistry   87(7) 3562-3565   2015年3月   [査読有り]
The selective concentration of the contents in a microdroplet using spontaneous emulsification was proposed and demonstrated in a microfluidic channel. Aqueous microdroplets having a 40-μm diameter, in octane containing 100 mM of Span 80, shrank t...
T. Miyata, M. Fukuyama, A. Hibara, E. Okunishi, M. Mukai, T. Mizoguchi
Microscopy (Oxford, England)   63(5) 377-382   2014年10月   [査読有り]
Y. Matsui, K. Seki, A. Hibara, T. Mizoguchi
Scientific Reports   3 3503   2013年12月   [査読有り]
We report an effective approach for estimating the dynamic behaviour of molecules in liquid from their core-loss spectra by combining molecular dynamics simulations and first-principles band-structure calculations. The carbon K-edge of the technol...

Misc

 
福山真央, 火原彰秀
分析化学   65(2) 57-64   2016年2月   [査読有り]
10-100 μmサイズの有機相中水滴(マイクロ水滴)をマイクロ流体デバイス中で操作し、化学・生化学分析に応用する研究が近年盛んに報告されている。マイクロ水滴は、pLレベルの空間に試料や試薬などを閉じ込めることができるため、単一細胞や単一生体分子などの微少量試料の分析を行うための微小反応場として期待されている。しかし、水滴内包物の定量分析を行う場合、光路長が短く、また内包物量が微量であるため、検出法が限られていた。これに対し著者らは、自然乳化を利用したマイクロ水滴内包物の選択的濃縮法(Sp...
液晶ディスプレイを利用した蛍光偏光イメージング
若尾 摂, 真栄城 正寿, 火原 彰秀, 渡慶次 学
ケミカルエンジニアリング   61(1) 12-17   2016年1月   [依頼有り]
液晶ディスプレイの液晶素子とイメージセンサーを利用した新しい測定原理に基づく蛍光偏光イメージングシステムについて解説する。
A. Hibara, M. Fukuyama, M. Chung, C. Priest, M.A. Proskurnin
Analytical Sciences   32(1) 11-21   2016年1月   [査読有り]
Fundamental aspects of rapidly advancing micro/nanofluidic devices are reviewed from the perspective of liquid interface chemistry and physics, including the influence of capillary pressure in microfluidic two-phase flows and phase transitions rel...
福山 真央, 火原 彰秀
ぶんせき   2015(1) 8-12   2015年1月   [査読有り][依頼有り]
マイクロ・ナノ構造を用いた分析手法のなかで,液滴を利用した方法は分子(細胞)閉じ込めという観点から注目を集めている。例えば,マイクロ流路構造を用いて生成した液滴は,1つ1つが孤立した反応・分析場であり,状況を上手く設定していくと分子カウントに基づく新しい分析法へと発展していくことがわかる。本稿では,発展著しいマイクロ液滴の生成法,操作法,解析法,応用例を紹介する。
火原 彰秀
海洋化学研究   27(2) 124-127   2014年11月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
食品素材のナノ加工を支える技術
火原 彰秀 (担当:分担執筆, 範囲:第4章1 マイクロ・ナノ空間の物性 pp.142-150; 第4章5 熱レンズ顕微鏡によるナノ粒子分析法 pp.174-182.)
シーエムシー出版   2013年10月   ISBN:978-4-7813-0826-5
ベーシックマスター 分析化学
火原彰秀 (担当:分担執筆, 範囲:第13章 分光化学分析法, pp. 179-203)
オーム社   2013年8月   ISBN:978-4274214257
分光測定入門シリーズ10 顕微分光法
渡慶次学、火原彰秀 (担当:分担執筆, 範囲:熱レンズ顕微分光法, pp. 77-91.)
講談社サイエンティフィック   2009年   ISBN:978-4061571082
レーザー分光分析化学
火原彰秀 (担当:分担執筆, 範囲:熱レンズイメージング法, pp. 58-62.)
丸善   2009年   ISBN:978-4621081365
MEMS/NEMS工学全集
火原彰秀 (担当:分担執筆, 範囲:分析化学)
テクノシステム   2009年   ISBN:978-4924728592
フードナノテクノロジー
火原彰秀 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 マイクロ・ナノ化学システムによるナノ粒子分析法, pp. 73-78.)
シーエムシー出版   2009年   ISBN:978-4781301266
マイクロ・ナノ化学チップと医療・環境・バイオ分析
火原彰秀 (担当:分担執筆, 範囲:第2編 マイクロ化学チップの動作と原理 第4章 流体制御, pp.33-43.)
技術教育出版   2009年   ISBN:978-4907837174
ナノバイオ大事典
火原彰秀、北森武彦 (担当:分担執筆, 範囲:マイクロ流体学(ミクロ流体学))
テクノシステム   2007年   ISBN:978-4924728004
ナノテクノロジー入門シリーズII ナノテクのための化学・材料入門
火原彰秀 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 4 トップダウン構築, pp. 91-105)
共立出版,   2007年   ISBN:978-4320071711
医療ナノテクノロジー −最先端医学とナノテクの融合−
火原彰秀 (担当:分担執筆, 範囲:第I部 第4章マイクロ・ナノ化学チップ I 加工, pp. 51-59.)
杏林出版   2007年   ISBN:978-4903453057

委員歴

 
 
   
 
【国際学会】
 
2014年
 - 
現在
MicroTAS  Executive Technical Program Committee
 
2013年
 - 
2010年
MicroTAS  Technical Program Committee, Member (2010 Program Committee)
 
2012年
   
 
MicroTAS2012  Organizing Committee, Support Staff of the General Chair, Executive Technical Program Committee Member
 
2012年
 - 
現在
Royal Society of Chemistry (RSC)/ Japan Analytical Instruments Manufacturers' Association  RSC-Tokyo International Conference, Organizing Committee & Secretariat
 
2011年
   
 
Japan Analytical Instruments Manuracturers' Association (JAIMA)  JAIMA Discussion on Analytical Science and Technology 2011, Organizing Committee
 
2002年
   
 
International Symposium on Microchemistry and Microsystems (ISMM 2002)  Local Committee Member.
 
 
   
 
【国内学会】
 
2017年
 - 
現在
化学とマイクロ・ナノシステム学会 第35回研究会  実行委員
 
2017年
   
 
日本化学会 第97春季年会   講演企画小委員会
 
2016年
   
 
化学とマイクロ・ナノシステム学会 第34回研究会  実行委員長
 
2016年
   
 
化学とマイクロ・ナノシステム学会 第33回研究会  実行委員
 
2014年
   
 
日本化学会 第95春季年会  講演企画小委員会
 
2011年
   
 
日本分析化学会第60年会  実行委員
 
2010年
   
 
日本分析化学会/日本分析機器工業会  東京コンファレンス2010実行委員
 
2009年
   
 
日本分析化学会/日本分析機器工業会  東京コンファレンス2009実行委員
 
2011年
 - 
2013年
日本化学会  CSJ化学フェスタ実行委員 (第1回~3回)
 
 
   
 
☆化学とマイクロ/ナノシステム学会
 
2014年5月
 - 
現在
化学とマイクロ・ナノシステム学会  理事
 
2010年
 - 
2011年
化学とマイクロ/ナノシステム研究会  編集委員会委員
 
 
   
 
☆日本化学会
 
2011年
 - 
2013年
日本化学会  産学交流委員会委員
 
2011年
 - 
2013年
日本化学会  産学交流委員会R&D分科会委員(主査)
 
2008年
 - 
2010年
日本化学会  産学交流委員会R&D分科会委員(副主査)
 
2006年
 - 
2008年
日本化学会  化学教育協議会化学グランプリ・オリンピック委員会 委員(オリンピックWG)
 
2006年
 - 
2007年
日本化学会  関東支部幹事 および 事業企画委員会委員
 
 
   
 
☆日本分析化学会
 
2015年
 - 
2016年
日本分析化学会  関東支部常任幹事
 
2012年
   
 
日本分析化学会  学会活性化戦略委員会委員
 
2006年
 - 
2008年
日本分析化学会  関東支部若手の会 代表幹事
 
2009年
 - 
2016年
日本分析化学会  関東支部若手の会 幹事
 
2006年
 - 
2009年
日本分析化学会  「分析化学」誌 編集委員,編集幹事
 
2007年
 - 
2008年
日本分析化学会  理事(編集担当)
 
2007年
 - 
2008年
日本分析化学会  関東支部常任幹事
 
2007年
 - 
2007年
日本分析化学会  広報委員会委員
 
 
   
 
【調査委員会等】
 
2006年
   
 
日本分析機器工業会  「スクリーニング検査・分析に利用できるセンサー等の動向調査委員会」委員
 
2005年
   
 
日本分析機器工業会  「次世代計測・分析システムに必要となるシステム化技術に関する調査研究」委員
 
2002年
   
 
日本分析機器工業会  「微小サンプル量試料のための高感度計測・分析システムの開発に関するフィージビリティスタディ」委員
 
2005年
 - 
2007年
電気学会  「バイオ極限計測マイクロシステム技術調査専門委員会」委員
 

受賞

 
2014年5月
化学とマイクロ・ナノシステム学会 奨励賞
 
2008年
日本分析化学会 奨励賞
 

競争的資金等の研究課題

 
JST: 先端計測分析技術・機器開発プログラム
研究期間: 2016年10月 - 2020年3月    代表者: 渡慶次学 分担者:火原彰秀
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 火原 彰秀
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 火原 彰秀
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 火原 彰秀
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 火原 彰秀
 CCDを検出器として用いた光熱変換分光法について検討した。波長532 nmの励起光と波長633 nmのプローブ光を、それぞれ音響光学素子で変調し、同軸にした後、顕微鏡ステージ上のガラス製マイクロ流体チップ中の液体試料に照射した。励起光を除去した後、プローブ光をCCD(12bit、プログラム可能)に導入した。励起光の変調周波数を1743 Hz、プローブ光の変調周波数を1748 Hzと5 Hzの差をつけ、CCDを20 Hzで動作させた。励起光による光熱変換現象と、プローブ光照射に5 Hzのう...