小檜山 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 02:54
 
アバター
研究者氏名
小檜山 雅之
 
コヒヤマ マサユキ
URL
http://www.kohiyama.sd.keio.ac.jp
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部システムデザイン工学科
職名
教授
学位
博士(情報学)(京都大学)
科研費研究者番号
10333577

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
 - 
1996年3月
鹿島建設株式会社 設計/エンジニアリング総事業本部 原子力設計部 職員
 
1996年4月
 - 
1999年3月
鹿島建設株式会社 技術研究所 研究員
 
1999年4月
 - 
2001年3月
理化学研究所 地震防災フロンティア研究センター 研究員
 
2001年4月
 - 
2005年3月
東京大学 生産技術研究所 助手
 
2004年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会 海外特別研究員,スタンフォード大学 客員准教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年3月
京都大学 工学研究科 建築学専攻
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2021年3月
日本建築学会  荷重運営委員会信頼性工学応用小委員会幹事
 
2017年4月
 - 
2021年3月
日本建築学会  荷重運営委員会幹事
 
2017年4月
 - 
2021年3月
日本建築学会  振動運営委員会構造物の振動制御小委員会委員
 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本建築学会  特別調査委員会建物のレジリエンスとBCPレベル指標検討委員会幹事
 
2016年3月
 - 
2017年1月
日本地震工学会  第17回世界地震工学会議誘致委員会委員
 

論文

 
地震と雪の荷重組合せを考慮した動的解析に基づく鋼構造大スパン建物の被害確率評価
山﨑 賢二,小檜山 雅之
構造工学論文集   63B 83-89   2017年3月   [査読有り]
Recently, disasters due to concomitant hazards of earthquake and snow have been increasing in Japan. When engineers verify the structural safety of buildings in a heavy-snow region by means of structural calculation, a coefficient value of 0.35 is...
Seismic Risk Assessment of Wooden Structures near Faults Considering the Locational Uncertainty of Source Area Using the Non-Uniform Slip Model
Seikai, M., Nakahara, S., and Kohiyama, M.
Proc. 16th World Conference on Earthquake Engineering      2017年1月   [査読有り]
Although the magnitudes of inland earthquakes are smaller than those of earthquakes in subduction zones, they have caused catastrophic disasters in the past. Seismic damage to structures strongly depends on the geometric relationship between a fau...
Relation Between CSR Activities and the Resilience of Local Communities in Iwaki City after the 2011 Tohoku Earthquake
Dan, M., Kohiyama, M., and Kiremidjian, A. S.
Proc. 16th World Conference on Earthquake Engineering      2017年1月   [査読有り]
The concept of resilience is widely used in the disaster management field. In the earthquake-engineering field, many studies have investigated the structural performance of buildings and seismic resilience in terms of performance-based earthquake ...
Dan, M., Omura, M., Nakamichi, F., Kohiyama, M., and Lang, Z.-Q.
Proc. 6th European Conference on Structural Control      2016年7月
This study focuses on verifying the effectiveness of the nonlinear power-law damping system on reduction of the vibration of base-isolated buildings with semi-actively implemented dampers over the ranges of resonance frequencies without causing de...
Omura, M., Kohiyama, M., Kakinuma, Y., and Anzai, H.
Proc. 6th European Conference on Structural Control      2016年7月
Control methods for a semi-active damper using Electro-Adhesive Gel (EAG) are analysed. Modelling of an EAG damper is conducted based on approximation of the force-voltage relation obtained from experimental data. The performance of an EAG damper ...

Misc

 
東日本大震災・熊本地震災害の教訓を生かした建築・まちづくり~建物の「社会性」向上に向けて~
小檜山 雅之
月刊不動産流通   (419) 8-9   2017年4月   [依頼有り]
阪神・淡路大震災20 年シンポジウム「地震被害の軽減に向けた研究者たちのメッセージ―阪神・淡路大震災20 年:地震関連科学の到達点と新たな決意―」開催報告
小檜山 雅之
JAEE Newsletter   4(1) 9-12   2015年4月
Report on the 14th Japan Earthquake Engineering Symposium: Successful Knowledge Sharing with Trans-disciplinary and Cross-border Participants
Masayuki KOHIYAMA
JAEE Newsletter   3(4) 7   2014年12月
望まれる性能設計の一層の普及
小檜山 雅之
建築雑誌   129(1663) 14   2014年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
建築物荷重指針を活かす設計資料1
日本建築学会 (担当:共著, 範囲:1.1節 目標性能水準設定の基本的な考え方と設計者の役割)
日本建築学会   2016年2月   ISBN:978-4-8189-0632-7
日本建築学会の2015年版「建築物荷重指針・同解説」を活用し性能設計を行うため、設計の流れや設計例、詳細な解説を記載。1章「性能設計の実現に向けて」の1.1節「目標性能水準設定の基本的な考え方と設計者の役割」の執筆を担当。
High-Performance Computing for Structural Mechanics and Earthquake/Tsunami Engineering
Makoto Ohsaki, Tomoshi Miyamura, Masayuki Kohiyama, Takuzo Yamashita, and Hiroshi Akiba (担当:共著, 範囲:Seismic Response Simulation of Building Structures (pp. 105-139))
Springer International Publishing   2015年11月   ISBN:978-3-319-21047-6
In this chapter, we present an overview of the E-Simulator for application to seismic response analysis of building structures. Accuracy and computational performance of simulation using the E-Simulator are discussed through examples of seismic re...
建築物荷重指針・同解説(2015)
日本建築学会 (担当:共著, 範囲:1章 総則 1.2 基本概念,1.3 用語,2章 荷重の種類と組合せ 2.1 荷重の種類,2.2 荷重の基本値,2.3 荷重の組合せと要求性能)
日本建築学会   2015年2月   ISBN:978-4-8189-0626-6
日本建築学会による,建築物の構造設計の際に用いる荷重について,基本理念や考え方を示した指針。1章総則の1.2節基本概念と1.3節用語,2章荷重の種類と組合せの2.1節荷重の種類,2.2節荷重の基本値,2.3節荷重の組合せと要求性能の執筆を担当。
Excelで学ぶ地震リスク評価
小檜山 雅之 (担当:共著, 範囲:4章 フラジリティと損傷度の評価, pp. 39-61)
技報堂出版   2011年8月   ISBN:978-4-7655-2552-7
日本建築学会荷重運営委員会信頼性工学利用小委員会が,建築工学における確率・統計の利用の普及活動の一環として出版。地震リスク評価について,いくつかの例題をExcel を使って解くことで,ひととおり学べる内容となっている。4章フラジリティと損傷度の評価の執筆を担当。
地震リスク評価とリスクコミュニケーション
小檜山 雅之 (担当:共著, 範囲:1.2節 耐震安全性にかかわる指標と資料をどのように提示するか, pp. 15-22)
日本建築学会   2011年6月   ISBN:978-4818942059
日本建築学会建築にかかわる社会規範・法規範特別調査委員会建築物の安全性ガイドライン特別調査小委員会の活動成果を取りまとめ出版。多くの地震リスク評価手法を比較し解説するとともに地震リスクコミュニケーションの理論と方法を紹介。1.2節耐震安全性にかかわる指標と資料をどのように提示するかの執筆と1章全体の編集を担当。

講演・口頭発表等

 
制振構造の目標性能の説明―天井と家具・什器の観点から
小檜山 雅之
シンポジウム制振構造の性能評価と大振幅地震動に対する挙動   2017年3月8日   日本建築学会 構造委員会 振動運営委員会 建物の振動制御性能評価小委員会
岩手県と宮城県の東日本大震災被災者へのアンケート調査データに基づく生活復興感の構造分析
花田 友美,段 牧,小檜山 雅之
第87回日本建築学会関東支部研究発表会   2017年2月28日   日本建築学会関東支部
東日本大震災の教訓を踏まえた建築・まちづくり
小檜山 雅之
東日本大震災合同調査報告・総集編刊行記念シンポジウム   2016年12月19日   東日本大震災合同調査報告書編集委員会(地盤工学会、土木学会、日本機械学会、日本建築学会、日本原子力学会、日本地震学会、日本地震工学会、日本都市計画学会)
コンクリート圧縮破壊を考慮した拡張DP材料構成則における破壊パラメータに関する検討
田川浩之,大崎 純,山下拓三,宮村倫司,小檜山 雅之
日本建築学会大会学術講演梗概集(九州)   2016年8月25日   日本建築学会
高減衰ゴム免震支承の構造・熱伝導連成解析に関する検討
宮村 倫司,大崎 純,山下 拓三,山本 雅史,小檜山 雅之
日本建築学会大会学術講演梗概集(九州)   2016年8月24日   日本建築学会

特許

 
特許公開平10-266624 : フランジ付中間鋼板を使用した積層ゴム支承
積層ゴムによる免震装置は,大地震の際に大きな変形を生じる可能性がある。この大変形時の鉛直支持能力は中間鋼板の曲げ剛性に強く依存する。本特許では,積層ゴムの中間鋼板にフランジを付加することで剛性を増大し,大変形時の性能の向上を図っている。鋼板厚を増して剛性を増大させるよりも低コストで製作が可能であり,コストダウンの効果も期待できる。
5828699 : 振動制御システム
小檜山雅之,髙橋正樹,三浦奈々子,吉田美奈子,渡邉啓介
3394525 : 建物データポリゴン化システム、その方法および建物データポリゴン化プログラム
林春男
地図データに関して,建物種別の属性を持ったライン(折れ線)データから,属性付き重心点ならびに属性なしポリゴンを中間的に作成し,これらをもとに属性付き建物ポリゴンを生成するシステムならびにプログラムを発明した。