坪内 泰志

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/06 15:03
 
アバター
研究者氏名
坪内 泰志
 
ツボウチ タイシ
URL
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/bacteriology/
所属
大阪市立大学大学院医学研究科
部署
細菌学教室
職名
特任講師
学位
農学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年7月
 - 
現在
大阪市立大学大学院医学研究科 細菌学教室 特任講師
 
2013年4月
 - 
2017年6月
国立研究開発法人海洋研究開発機構 海洋生命理工学研究開発センター 技術副主任
 
2008年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人海洋研究開発機構 メタゲノム解析研究チーム 研究員
 
2005年3月
 - 
2007年6月
独立行政法人理化学研究所 ゲノム総合科学研究センター Research associate
 

学歴

 
 
 - 
2001年
東京大学 農学生命科学研究科 応用生命工学
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
マリンバイオテクノロジー学会  若手の会
 

論文

 
Halarchaeum grantii sp. nov., a moderately acidophilic haloarchaeon isolated from a commercial salt sample made in Okinawa, Japan.
Shimane Y, Minegishi H, Echigo A, Kamekura M, Itoh T, Ohkuma M, Tsubouchi T, Usui K, Maruyama T, Usami R, Hatada Y.
Int J Syst Evol Microbiol.   65 3830-3835   2015年11月   [査読有り]
Involvement of flocculin in negative potential-applied ITO electrode adhesion of yeast cells
Koyama S, Tsubouchi T, Usui K, Uematsu K, Tame A, Nogi Y, Ohta Y, Hatada Y, Kato C, Miwa T, Toyofuku T, Nagahama T, Konishi M, Nagano Y, Abe F.
FEMS Yeast Res.   15(6) fov064   2015年   [査読有り]
Electrical Retrieval of Living Microorganisms from Cryopreserved Marine Sponges Using a Potential-Controlled Electrode
Koyama S, Nishi S, Tokuda M, Uemura M, Ishikawa Y, Seya T, Chow S, Ise Y, Hatada Y, Fujiwara Y, Tsubouchi T.
Mar Biotechnol (NY)   17(5) 678-692   2015年   [査読有り]
Draft Genome Sequence of Aneurinibacillus tyrosinisolvens LL-002T, Which Possesses Some Pseudouridine Synthases
Tsubouchi T, Nishi S, Maruyama T, Hatada Y
Genome Announcement   3 e00529-15   2015年   [査読有り]
Aneurinibacillus tyrosinisolvens sp. nov., a novel tyrosine-dissolving bacterium isolated from organics- and methane-rich seafloor sediment.
Tsubouchi T, Mori K, Miyamoto N, Fujiwara Y, Kawato M, Shimane Y, Usui K, Tokuda M, Uemura M, Tame A, Uematsu K, Maruyama T, Hatada Y.
International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology      2015年   [査読有り]
Draft Genome Sequence of Novosphingobium sp. Strain MBES04, Isolated from Sunken Wood from Suruga Bay, Japan.
Ohta Y, Nishi S, Kobayashi K, Tsubouchi T, Iida K1, Tanizaki A1, Kurosawa K1, Adachi A, Nishihara M, Sato R, Hasegawa R, Hatada Y.
Genome Announcement   3(1)    2015年   [査読有り]
Tsubouchi T, Koyama S, Mori K, Shimane Y, Usui K, Tokuda M, Tame A, Uematsu K, Maruyama T, Hatada Y
International journal of systematic and evolutionary microbiology   64 3709-3716   2014年11月   [査読有り]
Tsubouchi T, Ohta Y, Haga T, Usui K, Shimane Y, Mori K, Tanizaki A, Adachi A, Kobayashi K, Yukawa K, Takagi E, Tame A, Uematsu K, Maruyama T, Hatada Y
International journal of systematic and evolutionary microbiology   64 107-115   2014年1月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
続・抗菌物質ハンティング~蔓延する多剤耐性菌を駆逐する新規抗菌物質の開発~
日本学術振興会: 科学研究費助成金
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 坪内 泰志
薬剤耐性菌対策に資する診断法・治療法等の開発研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 柳原 克紀
海洋微生物酵素群によるリグニン分解高度化と人工漆材料への展開
日本科学技術振興機構: 先端的低炭素化技術開発(特別重点技術領域)
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 大田 ゆかり
抗菌物質ハンティング~多剤耐性菌を打ち破る新奇抗菌物質の獲得~
日本学術振興会: 科学研究費助成金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 坪内 泰志
リグニン有効利用の鍵となるβ-0-4結合切断酵素の機能解析と応用研究
日本学術振興会: 科学研究費助成金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 秦田 勇二
methanogenesis 関連酵素の産業利用微生物への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成金
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 開 俊樹
深海環境微生物群集の機能遺伝子解析
深海調査研究開発
研究期間: 2008年   
高度好熱性細菌の転写制御機構の解明
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 2003年