酒井 千絵

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/26 03:07
 
アバター
研究者氏名
酒井 千絵
 
サカイ チエ
所属
関西大学
部署
社会学部社会学科社会学専攻
職名
准教授
学位
修士(学術), 専門社会調査士, 博士(学術)

経歴

 
2001年10月
 - 
2002年3月
東京外国語大学外国語学部非常勤講師 (社会学基礎)
 
2002年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2002年4月
 - 
2002年9月
埼玉大学教養学部非常勤講師 (社会学特殊講義)
 
2002年4月
 - 
2003年9月
聖心女子大学文学部非常勤講師 (現代文化論)
 
2002年10月
 - 
2009年3月
東京外国語大学外国語学部非常勤講師 (社会調査法)
 

学歴

 
 
 - 
1991年
神奈川県立厚木高等学校  
 
 
 - 
1995年
東京大学 文学部 社会学専攻
 
1997年
   
 
東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻課程
 
2002年
   
 
東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻課程
 

委員歴

 
1997年4月
   
 
会員
 
2002年4月
   
 
会員
 

論文

 
ジェンダーの規定からの解放:香港における日本人女性の現地採用就労
酒井 千絵;
ソシオロゴス   第22号137-152頁    1998年
イメージと現実の交錯
酒井 千絵;
相関社会科学 『相関社会科学』編集委員会   第9号106-113頁    1999年
境界からのネイション:香港で働く日本人による境界性の意味付けとナショナリズムの多元性
酒井 千絵;
Sociology Today ・ お茶の水社会学研究会   第9号1-16頁    1999年
ナショナル・バウンダリーにおける交渉:香港で働く日本人の語りから
酒井 千絵;
社会学評論 ・ 日本社会学会   vol.51 No.3 第203号314-330頁    2001年
ネイションの問い直しと『移民』の空間
酒井 千絵;山脇 直司;内田 隆三;森 政稔;米谷 匤史(編);
ネイションの軌跡 20世紀を考える ・ 新世社   203-225頁    2001年

Misc

 
Danjo Kyodo Sankaku Shakai wo Tsukuru (Making the gender-equal society), by Mari Osawa
Chie Sakai;
Social Science Japan Journal ・ Oxford University Press   pp. 320-322    2005年8月

講演・口頭発表等

 
香港で働く日本人女性のアイデンティティ -国際移民の文脈からー
酒井 千絵;
1997年11月   
『境界』からのネイション:香港で働く日本人女性という事例から見るナショナリティのあり方
酒井 千絵;
1998年11月   
現代における人の移動と『国』の境界の再考 ―香港・中国での日本人長期滞在の事例を中心にー
酒井 千絵;
1999年10月   
Construction of Images of Hong Kong and Japan: Between the Global Workplace and the Local Culture
Chie Sakai;
1999年12月   
現代日本におけるジェンダー関係の変容――ジェンダー、階層、年齢の変数から
酒井 千絵;
2000年11月   

社会貢献活動

 
IOM・東京大学「人間の安全保障」プログラム「外国人支援ソーシャル・ワーカーの養成に関するパイロット事業」調査員
【】  2008年1月 - 2009年3月