船瀬 新王

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/21 02:52
 
アバター
研究者氏名
船瀬 新王
 
フナセ アラオ
URL
http://www-tkm.ics.nitech.ac.jp/~arao
所属
名古屋工業大学
部署
大学院 しくみ領域
職名
准教授

研究分野

 
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
現在
ニューロ・エンジニアリング技術調査専門委員
 

受賞

 
2005年4月
- 電気関連学会東海支部連合大会奨励賞
受賞者: -
 

論文

 
衝動性眼球運動における眼球運動前の脳波解析
船瀬新王,八木透,久野悦章,大熊繁
電気学会論文誌C 電気学会   123(1) 93-99   2003年1月   [査読有り]
衝動性眼球運動(サッケード)関連脳波に対する独立成分解析
船瀬新王 A. K. Barros A. Cichocki 大熊繁 八木透
生体医工学 生体工学学会   41(4) 342-351   2003年12月   [査読有り]
Analysis on EEG signals in visual and auditorily guided saccade task by FICAR
A. Funase T. Yagi, M. Mouri A. K. Barros A. Cichocki I. Takumi
Lecture notes in computer science Springer   438-445   2006年3月   [査読有り]
Global Noise Elimination from ELF Band Electromagnetic Signals by Independent Component Analysis
M. Mouri A. Funase A. Cichocki I. Takumi H. Yasukawa M. Hata
Lecture notes in computer science Springer   3889 384-389   2006年3月   [査読有り]
M. Mouri A. Funase A. Cichocki I. Takumi H. Yasukawa M. Hata
IEICE Trans. FUNDAMENTALS IEICE   E91-A(8) 1875-1882   2008年1月   [査読有り]

Misc

 
BCIシステムの構築を目指した単一試行脳波の解析技術
板井陽俊,船瀬新王
日本神経回路学会誌   19(3) 118-125   2012年10月

書籍等出版物

 
林光緒,小栗宏次,船瀬新王 他 (担当:共著)
技術情報協会   2016年4月   ISBN:978-4861046179

講演・口頭発表等

 
眼球運動に関連する脳波成分に関する研究
-
ニューロコンピューティング研究会   2009年4月1日   
Suitable ICA algorithm for extracting saccade-related EEG signals
-
2nd International conference on cognitive neurodynamics   2009年4月1日   
眼球運動関連電位抽出のための最適な電極数と位置について
-
ニューロコンピューティング研究会   2009年4月1日   
眼球運動に関連する脳波抽出に最適な独立成分解析について
-
第23回生体・生理工学シンポジウム論文集   2009年4月1日   
Suitable ICA algorithm for extracting saccade-related EEG signals
-
16th International Conference on Neural Information Processing of the Asia-Pacific Neural Network Assembly   2009年4月1日   

競争的資金等の研究課題

 
眼球運動と脳機能の関連性について
研究期間: 1998年4月 - 現在
眼球運動に関連する脳波,脳機能部位を明らかにすることを目的とする.その知見は脳波インタフェースへの応用につなげていく.
独立成分解析を使用した生体信号処理について
研究期間: 2000年4月 - 現在
脳波インタフェース構築のために,脳波の単一試行処理方法を構築することを目的としている
地震に関連する電磁波放射に関連する研究
研究期間: 2004年4月 - 現在
地震に関連すると思われる電磁波放射の観測信号中のノイズを信号処理によって低減する
運動の意志決定に関連する脳波解析
研究期間: 2014年4月 - 現在
点滅視覚刺激を用いた健常者用脳波インタフェースの検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 現在    代表者: 船瀬新王