林 修平

J-GLOBALへ         更新日: 14/05/17 12:58
 
アバター
研究者氏名
林 修平
 
ハヤシ シュウヘイ
所属
崇城大学
部署
生物生命学部 応用生命科学科
職名
助教
学位
博士(工学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
30389522

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
現在
崇城大学 生物生命学部応用生命科学科 助教
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
名古屋大学 工学研究科 生物機能工学専攻博士後期課程
 
1999年4月
 - 
2001年3月
名古屋大学 工学研究科 生物機能工学専攻博士前期課程
 
1995年4月
 - 
1999年3月
名古屋大学 工学部 生物機能工学科
 

論文

 
Enhanced paclitaxel production by addition of water-soluble 5-aminolevulinic acid and in Situ extraction with lauryl alcohol in a suspension callus culture
K. Taura, S. Yamamoto, S. Hayashi, and S. Shioya
Solv. Ext. Res. Develop. Jpn.   20 65-70   2013年   [査読有り]
Effect of sequential refreshment of an organic solvent on paclitaxel production by Taxus cuspidata callus in a two-phase culture systems
S. Yamamoto, K. Taura, S. Hayashi, S. Shioya, and S. Furusaki
Solv. Ext. Res. Develop. Jpn.   16 93-101   2009年   [査読有り]
Effect of increased volume fraction of organic solvents on callus growth and Taxol production in simultaneous suspension callus culture of Taxus baccata and in situ extraction
S. Yamamoto, K. Ogawa, S. Hayashi, and S. Furusaki
Solv. Ext. Res. Develop. Jpn.   14 71-77   2007年   [査読有り]
Enhancement of paclitaxel production by combination of in situ extraction with an organic solvent and an elicitation in a suspension callus culture
S. Yamamoto, Y. Goto, T. Kawano, S. Hayashi, and S. Furusaki
Solv. Ext. Res. Develop. Jpn.   13 131-138   2006年   [査読有り]

Misc

 
水溶性イオン液体添加による酵素の流動ストレス耐性の向上とその解析
林 修平
化学工学会バイオ部会ニュースレター   27    2011年
遺伝子1つで変わること
林 修平
生物工学会誌   87(3) 136   2009年
DNAマイクロアレイを用いた大腸菌の有機溶媒耐性関連遺伝子の探索
清水一憲・栗本昌樹・林修平・花井泰三・大河内美奈・小林猛・本多裕之
酵素工学ニュース   27-31   2005年4月

講演・口頭発表等

 
イオン液体存在下での酵素によるL-ラクチドからのポリ乳酸合成
木下章裕・林修平・新垣一・今村英史・山本進二郎・塩谷捨明
化学工学会第78年会   2013年3月   
2遺伝子導入による形質転換大腸菌の網羅的表現型解析法の開発
林修平・前田夏海・山本進二郎・塩谷捨明
第19回生物工学会九州支部大分大会   2012年12月   
自然凝集に伴う軟骨細胞の初期細胞密度低下を改善する培養条件の検討
安徳有紀・山本進二郎・林修平・塩谷捨明
第19回生物工学会九州支部大分大会   2012年12月   
細胞増殖とイソフラボノイド生産に及ぼすクズカルスの大きさの影響
中島直紀・梅野仁美・柳瀬香・田浦耕平・山本進二郎・林修平・塩谷捨明
第19回生物工学会九州支部大分大会   2012年12月   
イオン液体存在下での酵素による乳酸からのポリ乳酸合成
木下章裕・林修平・新垣一・今村英史・山本進二郎・塩谷捨明
第3回イオン液体討論会   2012年12月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
イオン性液体を応用した有機溶媒存在下での生体触媒反応
化学素材研究開発振興財団記念基金: 研究奨励金
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 林 修平