松園 伸

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/14 03:30
 
アバター
研究者氏名
松園 伸
 
マツゾノ シン
eメール
813matsuwaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
文学学術院 文学部
職名
教授
学位
(BLANK)(英国リーズ大学), 政治学修士(早稲田大学)
科研費研究者番号
60239019

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
1994年
国士舘大学政経学部専任講師
 
1994年
 - 
1997年
国士舘大学政経学部助教授
 
1997年
 - 
2000年
早稲田大学文学部助教授
 
2000年
   
 
早稲田大学文学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
早稲田大学 政治経済学部 政治学科
 
 
 - 
1990年
リーズ大学大学院 歴史学 イギリス近代史
 

論文

 
2003年の歴史学界−回顧と展望ヨーロッパ−近代−一般
史学雑誌   113編、第5号    2004年5月
「貴族法案」(peerage bill, 1719)と1722年スコットランド代表貴族選挙研究序説
早稲田大学文学研究科紀要   49:4    2004年2月
The Long Eighteenth Centyry: A Response to the Paper delivered by Joanna Innes (Oxford University)
Anglo-Japanese Conference of Historians 2003, State and Empire in British History      2003年9月
The Long Eighteenth Century: A response to the paper delivered by Joanna Innes (Oxford University)
Proceedings of the Fourth Anglo-Japanese Conference of Historians edited by Kazuhiko Kondo      2003年
近藤和彦編「長い18世紀のイギリス−その政治社会」
史学雑誌   112:4    2003年4月

書籍等出版物

 
近世ヨーロッパの東と西−共和政の理念と現実 分担執筆 イングランドのレスプブリカ理念と議会
小倉欣一編
山川出版社   2004年11月   

競争的資金等の研究課題

 
18世紀スコットランド政治社会―1707年合同のインパクト
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
イギリス史における議会制統治モデルの限界
科学研究費助成事業(立教大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
ヨーロッパ史における政治と宗教のダイナミズムと国家的秩序の形成
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(B))