菊池 彰

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/20 03:01
 
アバター
研究者氏名
菊池 彰
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
教授
学位
理学修士(筑波大学), 博士(理学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
 - 
1996年
農林水産省 農業研究センター 非常勤職員
 
1996年
 - 
1999年
新技術事業団 科学技術特別研究員
 
2000年
 - 
2001年
生物系特定産業技術研究推進機構 派遣研究員
 
2001年
 - 
2005年
筑波大学 生物科学系 リサーチアソシエイト
 
2005年
 - 
2011年
筑波大学 生命環境科学研究科 講師
 

学歴

 
 
 - 
1989年
筑波大学 第二学群 生物学類
 
 
 - 
1995年
筑波大学 生物科学研究科 生物学
 

受賞

 
2011年3月
ナス科・ウリ科ゲノム合同国際シンポジウム ナス科・ウリ科ゲノム合同国際シンポジウム 優秀ポスター賞
 
2009年7月
文部科学省 筑波大学学長表彰
 
2009年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞
 
遺伝子組換え植物のリスク管理と研究開発の理解の普及啓発
2001年10月
植物化学調節学会第36回大会 実行委員長 植物化学調節学会第36回大会 ポスター賞
 
キュウリ・トマト切断胚軸における皮層の組織癒合に対する子葉およびジベレリンの関与

論文

 
Difference between non-transgenic and salt tolerant transgenic Eucalyptus camaldulensis for diversity and allelopathic effects of essential oils
Gilani, Syed Abdullah;KIKUCHI, Akira;Yu, Xiang;Ahmad, Muhammad Zaheer;Sugano, Mami;Fujii, Yoshiharu;Watanabe, Kazuo N.
Pak. J. Bot.   39(1) 345-351   2017年2月   [査読有り]
Eucalyptus camaldulensis is one of the most widely planted eucalypts in the world that has importance in agricultural, ecological, cultural and recreational areas. Allelopathic effects of essential oils extracted from non-transgenic and transgenic...
Shimazaki, Takayoshi; Endo, Tsukasa; Kasuga, Mie; Yamaguchi-Shinozaki, Kazuko; Watanabe, Kazuo N.; Kikuchi, Akira
Breeding Science   66(5) 703-710   2016年
<p>Cultivated potato is a drought-, salinity-, and frost-sensitive species. The transgenic approach is one of the methods used to mitigate abiotic stress. The utility of transgenic potatoes that have abiotic stress tolerance should be judged from ...
Xiang,Yu;Akira,Kikuchi;Etsuko,Matsunaga;Teruhisa,Shimada;Watanabe,Kazuo
Plant Biotehcnology   30(1) 73-76   2013年1月   [査読有り]
Transgenic woody plants have been rapidly developed in recent years, and the commercial use of these transgenic plants has been recognized as an important approach to solving environmental and food problems. Concomitantly, the potential impact of ...
Watanabe,Kazuo;Xiang,Yu;Akira,Kikuchi;Takayoshi,Shimazaki;Akiyo,Yamada;Yoshihiro,Ozeki;Etsuko,Matsunaga;Hiroyasu,Ebinuma
JOURNAL OF PLANT RESEARCH   126(1) 141-150   2013年1月   [査読有り]
Increasing soil salinization of arable land has a major impact on the global ecosystem. One approach to increase the usable global forest area is to develop transgenic trees with higher tolerance to conditions of salt stress. An allene oxide cycla...
Xue-Ying,Mei;Yutaka,Kitamura;Kenzi,Takizawa;KIKUCHI,Akira;Kazuo,Watanabe
Biomass Conversion and Biorefinery      2014年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Global political, economic, social and technological issues on transgenic crops.
Kazuo, N. Watanabe;Yoshiko, Sassa;Eiko, Suda;Chia, Hsin Chen;Masakazu, Inaba;Akira, Kikuchi. (担当:監修)
Plant Biotechnology.   2005年12月   
Phytochemical, pharmacological, and ethnobotanical studies of Rhazya stricta Decne.
Syed, Abdullah Gilani;Akira, Kikuchi;Zabta, Khan Shinwari;Zafar, Iqbal Khattak;Kazuo, N. Watanabe. (担当:監修)
Phytotherapy Research.   2007年   
Genetic diversity, cytology and systematic and phylogenic studies in Zingiberaceae.
Shakeel, Ahmad Jatoi;Akira, Kikuchi;Kazuo, N Watanabe. (担当:監修)
Genes, Genomes and Genomics.   2007年   
Phytochemical, Pharmacological and Ethnototanical studies in Mango Ginger (Curcuma amada Roxb.; Zingiberaceae).
Shakeel, Ahmad Jatoi;Akira, Kikuchi;Syed, Abdullah Gilani Kazuo N Watanabe. (担当:監修)
Phytotherapy Research.   2007年   
Recent progress on environmental biosafety assessment of genetically modified trees and floricultural plants in Japan.
Akira, Kikuchi;Kazuo, Watanabe;Yoshikazu, Tanaka Hiroshi Kamada. (担当:監修)
Plant Biotechnology.   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
植物バイオテクノロジーでの研究能力構築に関わる国際協力の基盤調査と教育プログラムの試行
学内共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月
遺伝子組換え体 E. camaldulensis(マングリンによる耐塩性)等の特定網室での栽培
国内共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月
植物の物質生産プロセス制御基盤技術開発:遺伝子組換えユーカリの形質及び環境影響評価
国内共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2011年3月
新エネルギー・産業技術総合開発機構:遺伝子組換えによるバイオマスエネルギー高生産樹木の創生に関する研究開発
国内共同研究
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 渡邉 和男
形質転換植物デザイン研究拠点共同研究:シロイヌナズナ光周性花芽形成時期制御遺伝子によるジャガイモの塊茎形成制御
国内共同研究
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月