大石 和欣

J-GLOBALへ         更新日: 15/05/16 17:20
 
アバター
研究者氏名
大石 和欣
 
オオイシ カズヨシ
所属
東京大学
部署
大学院総合文化研究科 言語情報科学専攻
職名
准教授
学位
博士(オックスフォード大学), 修士(オックスフォード大学), 修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
東京大学 准教授
 
2009年4月
 - 
2012年3月
- 名古屋大学文学研究科・准教授
 
2009年
 - 
2014年3月
- 放送大学・客員准教授
 
2002年
 - 
2009年
 放送大学・准教授
 
2000年
 - 
2002年
 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2002年
オックスフォード大学キーブル・コレッジ 英文科 
 

委員歴

 
2013年12月
 - 
現在
日本18世紀学会  幹事
 
2012年6月
 - 
現在
日本英文学会  大会準備委員
 
2011年3月
 - 
現在
日本イギリス哲学学会  理事
 
2010年7月
 - 
2013年7月
名古屋大学英文学会  IVY編集委員
 
2008年
 - 
2009年
日本英文学会  事務局書記
 
2008年1月
 - 
2011年12月
日本ロマン派学会  運営委員
 
2010年12月
 - 
2013年12月
イギリス女性史研究会  事務局
 

論文

 
建築物の詩学 ― 奇矯なるジョン・ベッチャマンの戦い
大石 和欣
『言語・情報・テクスト』    19 69-99   2012年12月
ラスキンと『アメニティ』 ― 震災と福島原発事故に際して想うこと
大石 和欣
ラスキン文庫だより   (61) 8-12   2011年10月
多声の混沌 ― 19世紀の文学とジャーナリズム(イギリス)
大石 和欣
研究成果報告論集「ジャーナリズムと文学の相補性と背反性 ― 英仏独文学の比較研究を通したテクスト生成の考察」、平成22年度名古屋大学大学院文学研究科プロジェクト(研究代表者 大石和欣)   45-51   2011年4月
Cursing and Blessing: Coleridge’s Contributions to the Morning Post and Language of Sympathy
大石 和欣
研究成果報告論集「ジャーナリズムと文学の相補性と背反性 ― 英仏独文学の比較研究を通したテクスト生成の考察」、平成22年度名古屋大学大学院文学研究科プロジェクト(研究代表者 大石和欣)   9-15   2011年4月
『精神の所有物』の継承~ナショナル・トラストと環境思想
大石 和欣
名古屋大学文学部研究論集(哲学)   (57) 1-18   2011年3月
ある道路工事人と唯美主義者の肖像-ワイルドの社会主義とアメリカ講演
大石 和欣
オスカー・ワイルド研究   (11) 67-76   2010年11月   [査読有り]
FranceからPeruへ―Helen Maria Williamsの歴史記述の周縁性
大石 和欣
日本ジョンソン協会年報   (34) 1-5   2010年5月   [査読有り]
女性たちの奴隷貿易廃止運動-詩的言説にみられるイデオロギーの確執
大石 和欣
研究成果報告論集「アジアにおける通商・貿易から見たイギリス帝国史研究と国際歴史学会『British Expansion in Perspective』の開催」、平成21年度学長裁量経費I(研究代表者・放送大学教授 草光俊雄)   61-76   2010年3月
公 / 私 ― 錯綜する境界線と迷える女性たち
大石 和欣
18世紀イギリスにおける女性の言説と公共圏 ― 文学研究と歴史研究の断層と結節点 平成19年度~ 平成21年度科学研究費補助金 基盤研究(B)(研究代表者 青山学院大学教授 富山太佳夫)   1-12   2010年3月
An Unaccountable Diagonal’: Coleridge as a Faltering Unitarian Philanthropist
大石 和欣
IVY   42 23-41   2010年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ロンドン―アートとテクノロジー
大石 和欣 (担当:共著, 範囲:「混濁の「帝都」―ヴィクトリア朝時代の建築物のダイナミズム」31-61頁)
2014年12月   
Wordsworth and Bashō: Walking Poets, ed. Mike Collier
大石 和欣 (担当:共著, 範囲:“Two Recollective Journeys to the North: Bashō and Wordsworth” (pp.164-66))
Art Editions North/ The Wordsworth Trust   2014年6月   
『18세기의맛 ―취향의 탄생과 혀끝의 인문학』
大石 和欣
문학동네   2014年2月   
Coleridge, Romanticism, and the Orient: Cultural Negotiations
大石 和欣 (担当:共編者, 範囲:Oriental Aesthetes and Modernity: The Reception of Coleridge in Early Twentieth-Century Japan.” pp.85-99)
Bloomsbury   2013年6月   
境界線上の文学―名古屋大学英文学会第50回大会記念論集
大石 和欣 (担当:共編者, 範囲:「序 ― 迷界の閃光」 (5-9頁)、「説明責任の耐えられない重さ ― フランシス・バーニーの『セシーリア』における公 / 私の境界」(101-20頁))
彩流社   2013年3月   
テクストの解釈学
大石 和欣 (担当:共著, 範囲:「パロディとテクスト布置解釈学―イギリス・ロマン主義時代の一例」 pp.237-62.)
水声社   2012年3月   
揺るぎなき信念― イギリス・ロマン主義論集
大石 和欣 (担当:共著, 範囲:「『共感の疼き』―女性詩人たちとそれぞれの奴隷貿易廃止運動」 pp.29-45.)
彩流社   2012年3月   
ヨーロッパ文化の光と陰
大石 和欣 (担当:共著, 範囲:「富と貧困、消費と奴隷 ― 18世紀イギリス社会の光と闇」 pp.29-52.)
勁草書房   2012年3月   
POETICA 75 (Special Issue) “Cross-Cultural Negotiations: Romanticism, Mobility and the Orient
大石 和欣 (担当:共編者)
雄松堂   2011年12月   
近代イギリスを読む ― 文学の語りと歴史の語り
大石 和欣 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 境界線上のルポルタージュ ― フランスからのイギリス人女性の手紙)
法政大学出版局   2011年5月   

講演・口頭発表等

 
Sentiment, Consumerism, and the Culture of Giving in Eighteenth-Century Britain
大石 和欣
History of Consumer Culture   2012年3月   
富と貧困、ショッピングと奴隷 — 18世紀イギリス社会の光と闇
大石 和欣
中京大学文化科学研究所主催文化講演会   2011年11月   
亡霊たちの語り — ハムレット、マキューアン、ゼーバルト
大石 和欣
日本英文学会中部支部第63回大会 シンポジウム   2011年10月   
ラスキンと『アメニティ』 — 震災と福島原発事故に際して想うこと」
大石 和欣
ラスキン研究講座「『アメニティ』を考える — ラスキンの「想像力」と現代社会」   2011年4月   
ヴィクトリア朝建築の詩学 — 桂冠詩人が守った街並み
大石 和欣
ヴィクトリア朝文化研究学会全国大会   2010年11月   
忘れられた『ピクチャレスク』な風景—郊外小説に描かれた家を読む
大石 和欣
日本英文学会中部支部第62回大会   2010年10月   
パロディーのまじめな力学 − J. H. ReynoldsのPeter Bell. A Lyrical Ballad
大石 和欣
日本イギリス・ロマン派学会第36回全国大会シンポジウム   2010年10月   
ドア越しの風景—オースティンと公共圏
大石 和欣
ジェイン・オースティン協会シンポジウム    2010年7月   
The “Sublime” Revisited: A Search for an Origin of Romanticism in Travel Writings
大石 和欣
日本英文学会第82回全国大会   2010年5月   
『精神の所有物』の継承〜ナショナル・トラストとイングリッシュネスの再構築
大石 和欣
日本イギリス哲学会全国大会シンポジウム   2010年3月   

競争的資金等の研究課題

 
公共圏と女性たちの経済意識―イギリス近代女性文学における社会史的研究モデルの構築
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 大石 和欣
イギリス18世紀から19世紀にかけてのチャリティーに関する歴史的状況と文学的言説
研究期間: 2002年 - 2011年
異文化交渉の動態と位相―ロマン主義テクストの受容と再構築の過程を考究する
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2015年4月 - 2010年3月    代表者: 大石 和欣
18世紀イギリスにおける女性の言説と公共圏―文学研究と歴史研究の断層と結節点
研究期間: 2007年 - 2009年
他文化=多文化への眼差し-コウルリッジとロマン主義文学における異文化間交渉の位相
補助金
研究期間: 2009年 - 2012年