栗栖 薫子

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/13 02:52
 
アバター
研究者氏名
栗栖 薫子
 
クルス カオル
所属
神戸大学
部署
大学院法学研究科 政治学専攻
職名
教授
学位
修士(学術)(東京大学), 博士(国際公共政策)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
1999年
 九州大学大学院比較社会文化研究科助手
 
1999年
 - 
2001年
 神戸大学国際文化学部講師
 
2001年
 - 
2002年
 神戸大学国際文化学部助教授
 
2002年
   
 
- 大阪大学大学院国際公共政策研究科助教授
 
2002年
 - 
2003年
 ケンブリッジ大学国際問題研究所 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1991年
上智大学 外国語学部 ドイツ語
 
 
 - 
1993年
東京大学 総合文化研究科 国際関係論専攻
 
 
 - 
1997年
東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻
 
 
 - 
2006年
大阪大学 国際公共政策研究科 
 

委員歴

 
 
   
 
国際政治学会  理事2009-2010
 
 
   
 
国際政治学会  2009年度研究大会実行委員長
 
 
   
 
国際政治学会  研究企画委員2009-2010
 

受賞

 
2004年
共通教育賞(平成15年度第二学期)
 

論文

 
In Search of More Proactive International Role: the Political Dynamism behind Human Security in Japan
栗栖 薫子
Wiliam Tow et.al., eds., New Approaches to Human Security in the Asia-Pacific: China, Japan and Australia   212-135   2013年8月   [査読有り]
国際関係論からみたアフリカ―シンポジウム報告概要に基づくノート
栗栖 薫子
世界の中のアフリカ―国家建設の歩みと国際社会(吉川元・矢澤達宏編)   161-181   2013年4月
国際関係論から見たアフリカ―シンポジウム報告概要に基づくノート
栗栖 薫子
世界の中のアフリカ(吉川元編)   161-181   2013年4月   [招待有り]
安全保障―多国間フォーラムにおける概念の普及過程
栗栖 薫子
コンストラクティヴィズムの国際関係理論(大矢根聡編)   29-52   2013年3月
「新しい戦争」と「人間の安全保障」―アフガニスタン復興支援(クロス京子との共著)
栗栖 薫子
「戦争」で読む日米関係100年―日露戦争から対テロ戦争まで(簑原俊洋編)   268-290   2012年6月

Misc

 
国連グローバルコンパクトとは?-チョコレートの中の国際問題
栗栖 薫子
社会科navi   22-23   2014年2月   [依頼有り]
人間の安全保障に関するEUと日本の協力
   2006年
人間の安全保障をめぐる規範と複合的ガヴァナンスの生成と展開に関する研究
博士論文      2006年
人間の安全保障をめぐる規範形成と展開について
   2006年
人間の安全保障─ガヴァナンス形成と日本の課題
平成17年度汎太平洋フォーラム助成研究報告書      2006年

書籍等出版物

 
国際関係・安全保障用語辞典
栗栖 薫子, 小笠原高雪, 広瀬佳一, 宮坂直史, 森川幸一 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2013年4月   
コンストラクティヴィズムの国際関係理論
栗栖 薫子, 大矢 根聡 (担当:共著)
有斐閣   2013年3月   
「戦争」で読む日米関係100年―日露戦争から対テロ戦争まで
栗栖 薫子, 簑原 俊洋 (担当:共著)
朝日新聞選書   2012年6月   
New Approaches to Human Security in the Asia-Pacific: China, Japan and Australia
栗栖 薫子, Wiliam Tow et al., eds (担当:共著)
Ashgate   2012年   
『国際政治学をつかむ』(村田晃嗣, 君塚直隆, 石川卓, 秋山信将と共編著)
栗栖 薫子 (担当:共編者)
有斐閣   2009年11月   

講演・口頭発表等

 
討論者 「安全保障の非軍事的手段――その効果と課題」セッション [招待有り]
栗栖薫子
国際安全保障学会2016年度研究大会   2016年12月   国際安全保障学会
Preliminary Findings: A Case of Japan [招待有り]
栗栖 薫子
JICA-RI Project Human Security in Practice: East Asian Experiences   2013年11月   JICA Research Institute/ASEAN-ISIS
panelist [招待有り]
栗栖 薫子
JAHSS’s Special Panel on Human Security and Business   2013年9月   Japan Association of Human Security Stueis
Why Do Companies Join the United Nations Global Compact? The Case of Japanese Signatories (co-authored by MIURA Satoshi) [招待有り]
栗栖 薫子
Conference on Corporate Responsibility in a Globalizing World 2   2012年7月   University of Michigan, Japan Foundation
Origins and Evolution of Japan's Human Security Policy
栗栖 薫子
New Approaches to Human Security in the Asia-Pacific (Japan Foundation-IARU-CEPS workshop) Osaka University   2009年10月   Japan Foundation, IREU-CEPS

担当経験のある科目

 

Works

 
戦後日本外交の形成-1950年代
2001年
21世紀におけるアジア太平洋の安全保障と日米安保体制の総合的研究
2000年

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 栗栖 薫子
特別研究員奨励費
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 栗栖 薫子
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 栗栖 薫子
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 栗栖 薫子
グローバル・ガバナンス論
その他の研究制度