吉山 裕規

J-GLOBALへ         更新日: 14/02/25 20:30
 
アバター
研究者氏名
吉山 裕規
 
ヨシヤマ ヒロノリ
所属
島根大学
部署
医学部 微生物学
職名
教授
学位
医学博士(山口大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年7月
   
 
遺伝子病制御研究所感染癌研究センター 准教授
 
2000年5月
 - 
2008年6月
遺伝子病制御研究所ウイルスベクター開発センター 助教授
 
1995年7月
 - 
2000年4月
山口大学医学部微生物学講座 講師
 
1993年4月
 - 
1995年6月
山口大学医学部寄生体学講座 助手
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
山口大学大学院 医学研究科 博士課程
 
1978年4月
 - 
1983年3月
山口大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2013年1月
 - 
現在
日本ウイルス学会  評議員
 

受賞

 
1998年5月
霜仁会学術振興賞 本賞 T細胞持続感染系におけるEBウイルス初期遺伝子発現
 
1996年4月
日本消化器Helicobacter pylori学会 基礎賞
 

論文

 
Enhanced susceptibility of B lymphoma cells to measles virus by EBV type III latency that up-regulates CD150/SLAM.
Takeda S, Kanbayashi D, Kurata T, Yoshiyama H, Komano J.
Cancer Science   105(2) 211-218   2014年2月   [査読有り]
Colonization of an acid resistant Kingella denitrificans in the stomach may contribute to gastric dysbiosis by Helicobacter pylori.
Okamoto T, Hayashi Y, Mizuno H, Yanai H, Nishikawa J, Nakazawa T, Iizasa H, Jinushi M, Sakaida I, Yoshiyama H
Jornal of Infection and Chemotherapy   19    2014年   [査読有り]
TIM-4 Glycoprotein-mediated degradation of dying tumor cells by autophagy leads to reduced antigen presentation and increased immune tolerance.
Baghdadi M, Yoneda A, Yamashina T, Nagao H, Komohara Y, Nagai S, Akiba H, Foretz M, Yoshiyama H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Takeya M, Viollet B, Yagita H, Jinushi M.
Immunity   39(6) 1070-1081   2013年12月   [査読有り]
Putting the brake on anticancer therapies: negative regulation of innate immune pathways by tumor-associated myeloid cells.
Jinushi M, Yagita H, Yoshiyama H, Tahara H
Trends in Molecular Medicine   19(9) 536-545   2013年9月   [査読有り]
Exosomes derived from Epstein-Barr virus-infected cells are internalized via caveolae-dependent endocytosis and promote phenotypic modulation in the target cells.
Nanbo A, Kawanishi E, Yoshida R, Yoshiyama H
Journal of Virology   87(18) 3420-3439   2013年6月   [査読有り]
EBV-associated gastric carcinoma.
Iizasa H, Nanbo A, Nishikawa J, Jinushi M, Yoshiyama H
Viruses   4(12) 3420-3439   2012年12月   [査読有り]
Baghdadi M, Nagao H, Yoshiyama H, Akiba H, Yagita H, Dosaka-Akita H, Jinushi M
Cancer Immunology and Immunotherapy   62(4) 629-637   2013年4月   [査読有り]
Chiba S, Baghdadi M, Akiba H, Yoshiyama H, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Fujioka Y, Ohba Y, Gorman JV, Colgan JD, Hirashima M, Uede T, Takaoka A, Yagita H, Jinushi M
Nature Immunology   13(9) 832-842   2012年9月   [査読有り]
ATM-mediated DNA damage signals suppress antitumor immunity by integrin-αⅤβ3-dependent mechanisms
Jinushi M, Chiba S, Baghdadi M, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Yoshiyama H, Yagita H, Uede T, Takaoka A.
Cancer Research   72(1) 56-65   2012年1月   [査読有り]
Regulation of cancer stem cell activities by tumor-associated macrophages.
Jinushi M, Baghdadi M, Chiba S, Yoshiyama H
American Journal of Cancer Research   2 529-539   2012年   [査読有り]
Baghdadi M, Chiba S, Yamashina T, Yoshiyama H, Jinushi M
PLoS ONE   7 e39607   2012年   [査読有り]
Unexpected Instability of Family of Repeats (FR), the Critical cis-Acting Sequence Required for EBV Latent Infection, in EBV-BAC Systems.
Kanda T, Shibata S, Saitou S, Murata T, Isomura H, Yoshiyama H, Takada K, Tsurumi T.
PLoS ONE   6(11) e27758   2011年11月   [査読有り]
Miyauchi K, Urano E, Yoshiyama H, Komano J
Cancer Science   102(6) 1236-1241   2011年   [査読有り]
Jinushi M, Chiba S, Yoshiyama H, Masutomi K, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Yagita H, Takaoka A, Tahara H
Proc Natl Acad Sci USA   108(30) 12425-12430   2011年   [査読有り]
NODA Chieko, MURATA Takayuki, KANDA Teru, YOSHIYAMA Hironori, SUGIMOTO Atsuko, KAWASHIMA Daisuke, SAITO Shinichi, ISOMURA Hiroki, TSURUMI Tatsuya, TSURUMI Tatsuya
Journal of Biological Chemistry   286(49) 42524-42533   2011年
Kariya Y, Hamatake M, Urano E, Yoshiyama H, Shimizu N, Komano J.
Cancer Science   101(4) 876-881   2010年   [査読有り]
ヘルペスウイルスの感染と増殖機構
吉山裕規
日本臨床   64(増刊号3) 43-48   2006年   [査読有り]
A change in PBP1 is involved in amoxicillin resistance of clinical isolates of Helicobacter pylori.
Okamoto T, Yoshiyama H, Nakazawa T, Park ID, Chang MW, Yanai H, Okita K, Shirai M
J. Antimicrob. Chemother.   50 849-856   2002年
Ammonia as an accelerator of tumor necrosis factor alpha-induced apoptosis of gastric epithelial cells in Helicobacter pylori infection.
Igarashi M, Kitada Y, Yoshiyama H, Takagi A, Miwa T, Koga Y
Infection and Immunity   69 816-821   2001年
Yoshiyama H, Nakazawa T
Microbes and Infection   2(1) 55-60   2000年   [査読有り]

書籍等出版物

 
EBウイルス<高田賢藏監修、柳井秀雄、清水則夫編>
診断と治療社   2008年   
癌モノグラフ No. 45
吉山 裕規 (担当:共著)
日本癌学会   1998年   
消化性潰瘍 -21世紀への道標-<寺野彰編>
中澤 晶子、吉山 裕規 (担当:分担執筆, 範囲:ヘリコバクターピロリの本態)
国際医書出版   1996年   

講演・口頭発表等

 
Epithelial cell transformation by Epstein-Barr virus and its stemness.
Yoshiyama H, Jinushi M, Hayashi Y, Takada K, Hatakeyama M, Tanaka S, Fukayama M
第72回日本癌学会   2013年10月3日   
Helicobacter pylori augments Epstein-Barr virus infection of gastric epithelial cells.
Hayashi Y, Nishikawa J, Jinushi M, Iizasa H, Takada K, Yoshiyama H
第72回日本癌学会総会   2013年10月3日   
Novel Epstein-Barr virus genes, BNLF2a and BNLF2b, are latently expressed and play oncogenic roles.
Yoshiyama H, Nanbo A, Jinushi M, Takada K
70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association   2011年10月3日   
EBウイルスによる上皮細胞腫瘍化の分子メカニズム
吉山裕規
第57回日本ウイルス学会、ワークショップ2、ウイルス発癌   2009年10月26日   

競争的資金等の研究課題

 
平成24年度遺伝子病制御研究所研究集会「感染、免疫、炎症、発癌」
テルモ科学技術振興財団: 国際交流助成金 (第12-D04号)
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 吉山 裕規
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 吉山 裕規
抗腫瘍免疫応答活性化を指向したヒト化抗体開発とその前臨床応用
ノーステック財団: 研究開発助成事業スタートアップ研究補助金
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 地主 将久
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 高田 賢蔵
1.上皮細胞のEBウイルスレセプターの研究EBウイルス(EBV)のBリンパ球への吸着はCD21をレセプターとし、EBVのgp350をリガンドとする。しかし、上皮細胞はCD21の発現が全く無いか、発現していても極めて低く、上皮細胞へのEBVの感染機構は殆どわかっていない。我々は、CD21陰性の上皮細胞がEBV感染に感受性であることを明らかにした。さらに、上皮細胞をあらかじめCD21抗体や過剰量のCD21で前処理してもEBV感染が成立することも明らかにした。これらのことから、CD21以外のレセ...
医薬素材としての完全ヒト抗体の作製と大量産生システムの確立
経済産業省: 地域新生コンソーシアム研究開発事業補助金
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 高田 賢藏
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 吉山 裕規
EBウイルス(EBV)は唾液を介してBリンパ球に感染し、潜伏感染する。潜伏感染したEBVは、宿主の免疫応答によるBリンパ球の活性化に伴い、再活性化する。Bリンパ球から放出されたEBVは上皮細胞に感染し、上皮細胞での増殖を経て、唾液中に放出される。Bリンパ球へのEBV感染はBリンパ球特異的に発現するCD21をレセプターとしてEBVのgp350をリガンドとして成立する。上皮細胞へのEBVの感染機構については、殆ど何もわかっていなかった。しかし、申請者らは薬剤マーカーを組み込んだEBVを用いて、...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2001年 - 2001年    代表者: 吉山 裕規
20種類の細胞で、EBV感受性と高感度RT-PCRによるCD21発現を調査した。その結果、ヒト胃上皮由来のAGS細胞がもっとも高いEBV感染効率を示し、CD21を発現していなかった。そこで、AGS細胞のmRNAからcDNAを作製し、マウスレトロウイルス由来のpLIBベクターにクローニングして、発現cDNAライブラリーを作製した。cDNAクローンを導入発現させる標的細胞として、元来はEBV感染に抵抗性であるが、CD21を発現させることで、EBV感染に高度に感受性となる細胞を探索した。CD21...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 吉山 裕規
EBウイルス(EBV)はBurkittリンパ腫や上咽頭癌などの原因ウイルスであるが、発がんに至るにはウイルス単独ではなく、コファクターが必要であると考えられている。近年、原発性胃がんの10%近い症例で腫瘍細胞中にEBVの潜伏感染が確認され、一部の胃がんの発生にEBVが関与していると考えられている。我々はEBV関連胃がんの発がんのコファクターとして、ヘリコバクター・ピロリ菌が関与しているのではないかと考えた。そこで、前年度はEBV関連胃がんと非関連胃がんで癌周囲の胃粘膜のピロリ菌感染性変化を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 中澤 晶子
Helicobacter pyloriのウレアーゼは定着と胃粘膜障害を惹起する病原因子である。1.ウレアーゼ遺伝子の転写産物の解析により、活性化オペロンの1つであるureIEFの転写産物のうちUreIEが酸により誘導される可能性が示された。ureAB、ureIEFの転写開始点を決定し、UreIEFには転写開始点が2ヶ存在することを明らかにした。2.本菌は、尿素、ウレアーゼ阻害剤、炭酸イオン、ナトリウムイオンに対して正の走化性を示すことを見出した。3%ポリビニルピロリドン存在下での走化性を非...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 吉山 裕規
われわれは世界で初めてEBV増殖に許容性の細胞を分離し、EBVベクターによる遺伝子導入法を確立した。本研究の目的は、この新たに確立したEBVベクター系を用いてHIV特異的CTLを誘導し、エイズに対する特異的免疫療法を開発することである。今年度は以下の研究を行った。1.HIVのevn遺伝子を組み込んだEBVの作製:HIVのNL4-3株のevn遺伝子とネオマイシン抵抗性遺伝子をEBV DNAのBamHI-I_1/W_1領域へ組み込んだプラスミドを作製した。次いで本プラスミドをEBV陰性B細胞株...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 吉山 裕規
申請者はHIV-1の変異を受けにくいエピトープを認識する中和抗体を開発する目的でgp120分子上のV2領域を認識する抗体と三次構造で形成される不連続なエピトープを認識する抗体の中和エスケープの研究を行い、三次構造で形成されるエピトープに対する抗体に対する中和エスケープの出現頻度が低いとの予備的知見を得た。三次構造で形成されるエピトープに対する抗体はHIV-1感染者にのみ認められるもので、ウイルスの感染による自然な立体構造を持つ抗原に暴露されることが必要である。そこで、エイズに対する特異的な...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 吉山 裕規
HIV-1のワクチン開発の目的で中和単クローン抗体の中和活性に関わるエピトープの決定を行った。gp120分子上のV2領域を認識する抗体からのエスケープウイルスはV2領域内の単一アミノ酸が置換した2種類の変異が認められた(Y177HとL179P)。親株への同変異の導入実験によりエスケープウイルスを作製することができた。次に作製した3次構造で形成されるCD4結合領域を含む不連続なエピトープを認識するヒト型抗体21hの中和エスケープウイルスはC1領域(T55A)、V2領域(N167D)そしてV3...

特許

 
特願2002-349467 : EBウイルスベクターのためのパッケージング細胞システム
高田賢蔵、吉山裕規

その他

 
2013年1月
Editor : American Journal of Infectious Diseases and Microbiology