佐渡 敬

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
佐渡 敬
 
サド タカシ
所属
近畿大学
部署
農学部 バイオサイエンス学科
職名
教授
学位
博士(理学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
近畿大学 農学部 教授
 
2009年5月
   
 
九州大学 生体防御医学研究所 准教授
 
1999年
   
 
- 国立遺伝学研究所助手
 
2000年
   
 
- 総合研究大学院大学助手(併任)
 

学歴

 
 
 - 
1995年
北海道大学大学院理学研究科 理学研究科 動物学
 
 
 - 
1989年
北海道大学 理学部 生物学科(動物学専攻)
 

論文

 
A new Xist allele driven by a constitutively active promoter is dominated by Xist locus environment and exhibits the parent-of-origin effects.
†Amakawa, Y., †Sakata, Y., Hoki, Y., Arata, S., Shioda, S., Fukagawa, T., Sasaki, H., and *Sado, T.
Development   142 4299-4308   2015年12月   [査読有り]
An Xist Activating Antisense RNA Required for X-chromosome Inactivation.
Sarkar, M., Gayen, S., Kumar, S., Maclary, E., Buttigieg, E., Hinten, M., Kumari, A., Harris, C., Sado, T., and *Kalantry, S.
Nature comm.   6 8564-ST008028   2015年10月   [査読有り]
X chromosome reactivation dynamics reveal stages of reprogramming to pluripotency
Pasque, V., Tchieu, J., Karnik, R., Uyeda, M., Sadhu Dimashkie, A., Case, D., Papp, B., Bonora, G., Patel, S., Ho, R., Schmidt, R., McKee, R., Sado, T., Tada, T., Meissner, A., and *Plath, K.
Cell   159 1681-1697   2014年12月   [査読有り]
Shinagawa T, Takagi T, Tsukamoto D, Tomaru C, Huynh LM, Sivaraman P, Kumarevel T, Inoue K, Nakato R, Katou Y, Sado T, Takahashi S, Ogura A, Shirahige K, Ishii S
Cell stem cell   14 217-227   2014年2月   [査読有り]
Kagawa N, Hori T, Hoki Y, Hosoya O, Tsutsui K, Saga Y, Sado T, Fukagawa T
Chromosome research : an international journal on the molecular, supramolecular and evolutionary aspects of chromosome biology      2014年1月   [査読有り]
Sado T, Sakaguchi T
Reproduction (Cambridge, England)   146 R131-9   2013年10月   [査読有り]
Nozawa RS, Nagao K, Igami KT, Shibata S, Shirai N, Nozaki N, Sado T, Kimura H, Obuse C
Nature structural & molecular biology   20 566-573   2013年5月   [査読有り]
Yamamoto Y, Watanabe T, Hoki Y, Shirane K, Li Y, Ichiiyanagi K, Kuramochi-Miyagawa S, Toyoda A, Fujiyama A, Oginuma M, Suzuki H, Sado T, Nakano T, Sasaki H
Genome research   23 292-299   2013年2月   [査読有り]
Sado T, Brockdorff N
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences   368 20110325   2013年1月   [査読有り]
Hoki Y, Ikeda R, Mise N, Sakata Y, Ohhata T, Sasaki H, Abe K, Sado T
Development (Cambridge, England)   138 2649-2659   2011年7月   [査読有り]
Watanabe T, Tomizawa S, Mitsuya K, Totoki Y, Yamamoto Y, Kuramochi-Miyagawa S, Iida N, Hoki Y, Murphy PJ, Toyoda A, Gotoh K, Hiura H, Arima T, Fujiyama A, Sado T, Shibata T, Nakano T, Lin H, Ichiyanagi K, Soloway PD, Sasaki H
Science (New York, N.Y.)   332 848-852   2011年5月   [査読有り]
Watanabe T, Chuma S, Yamamoto Y, Kuramochi-Miyagawa S, Totoki Y, Toyoda A, Hoki Y, Fujiyama A, Shibata T, Sado T, Noce T, Nakano T, Nakatsuji N, Lin H, Sasaki H
Developmental cell   20 364-375   2011年3月   [査読有り]
Inoue K, Kohda T, Sugimoto M, Sado T, Ogonuki N, Matoba S, Shiura H, Ikeda R, Mochida K, Fujii T, Sawai K, Otte AP, Tian XC, Yang X, Ishino F, Abe K, Ogura A
Science (New York, N.Y.)   330 496-499   2010年10月   [査読有り]
Sex-reversed somatic cell cloning in the mouse.
Inoue K, Ogonuki N, Mekada K, Yoshiki A, Sado T, Ogura A
The Journal of reproduction and development   55 566-569   2009年10月   [査読有り]
Chiba H, Hirasawa R, Kaneda M, Amakawa Y, Li E, Sado T, Sasaki H
Genesis (New York, N.Y. : 2000)   46 spc one   2008年12月   [査読有り]
Nesterova TB, Popova BC, Cobb BS, Norton S, Senner CE, Tang YA, Spruce T, Rodriguez TA, Sado T, Merkenschlager M, Brockdorff N
Epigenetics & chromatin   1 2   2008年10月   [査読有り]
Ohhata T, Hoki Y, Sasaki H, Sado T
Development (Cambridge, England)   135 227-235   2008年1月   [査読有り]
Sado T, Hoki Y, Sasaki H
Development (Cambridge, England)   133 4925-4931   2006年12月   [査読有り]
Ohhata T, Hoki Y, Sasaki H, Sado T
Cytogenetic and genome research   113 345-349   2006年   [査読有り]
Sado T, Hoki Y, Sasaki H
Developmental cell   9 159-165   2005年7月   [査読有り]
Sado T, Ferguson-Smith AC
Human molecular genetics   14 Spec No 1 R59-64   2005年4月   [査読有り]
Large-scale identification and mapping of nuclear matrix-attachment regions in the distal imprinted domain of mouse chromosome 7.
Purbowasito W, Suda C, Yokomine T, Zubair M, Sado T, Tsutsui K, Sasaki H
DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes   11 391-407   2004年12月   [査読有り]
Ohhata T, Tachibana M, Tada M, Tada T, Sasaki H, Shinkai Y, Sado T
Genesis (New York, N.Y. : 2000)   40 151-156   2004年11月   [査読有り]
Kaneda M, Okano M, Hata K, Sado T, Tsujimoto N, Li E, Sasaki H
Nature   429 900-903   2004年6月   [査読有り]
Sado T, Okano M, Li E, Sasaki H
Development (Cambridge, England)   131 975-982   2004年3月   [査読有り]
Kaneda M, Sado T, Hata K, Okano M, Tsujimoto N, Li E, Sasaki H
Cold Spring Harbor symposia on quantitative biology   69 125-129   2004年   [査読有り]
Shirohzu H, Kubota T, Kumazawa A, Sado T, Chijiwa T, Inagaki K, Suetake I, Tajima S, Wakui K, Miki Y, Hayashi M, Fukushima Y, Sasaki H
American journal of medical genetics   112 31-37   2002年9月   [査読有り]
Sado T, Li E, Sasaki H
Cytogenetic and genome research   99 115-118   2002年   [査読有り]
Takebayashi S, Nakao M, Fujita N, Sado T, Tanaka M, Taguchi H, Okumura K
Biochemical and biophysical research communications   288 921-926   2001年11月   [査読有り]
Regulation of imprinted X-chromosome inactivation in mice by Tsix.
Sado T, Wang Z, Sasaki H, Li E
Development (Cambridge, England)   128 1275-1286   2001年4月   [査読有り]
Relationship between DNA methylation, histone H4 acetylation and gene expression in the mouse imprinted Igf2-H19 domain.
Grandjean V, O'Neill L, Sado T, Turner B, Ferguson-Smith A
FEBS letters   488 165-169   2001年1月   [査読有り]
Sado T, Fenner MH, Tan SS, Tam P, Shioda T, Li E
Developmental biology   225 294-303   2000年9月   [査読有り]
Effect of CpG methylation on expression of the mouse imprinted gene Mest.
Nishita Y, Sado T, Yoshida I, Takagi N
Gene   226 199-209   1999年1月   [査読有り]
Schuster-Gossler K, Bilinski P, Sado T, Ferguson-Smith A, Gossler A
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   212 214-228   1998年6月   [査読有り]
Epigenotype switching of imprintable loci in embryonic germ cells.
Tada T, Tada M, Hilton K, Barton SC, Sado T, Takagi N, Surani MA
Development genes and evolution   207 551-561   1998年2月   [査読有り]
Nishita Y, Yoshida I, Sado T, Takagi N
Genomics   36 539-542   1996年9月   [査読有り]
Sado T, Tada T, Takagi N
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   205 421-434   1996年4月   [査読有り]
Mise N, Sado T, Tada M, Takada S, Takagi N
Experimental cell research   223 193-202   1996年3月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 佐渡 敬
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 佐渡 敬
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 佐渡 敬
胚発生過程で,いったんは不活性化されるX染色体が発生の進行とともに再活性化されてしまうSmchd1-/-のメス胚では,DNAメチル化を始めとするエピジェネティック制御の維持機構が損なわれていると予想される.本研究課題では,クロマチン機能の質的変化の維持にSmchd1とその共役因子がどのような役割を果たしているか明らかにすることを目指している.SmcHD1欠損を持つメスはオスより早い段階で致死となることから,X染色体不活性化の異常が指摘されていたが,致死となる直接的な原因についてはこれまで十...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 佐渡 敬
本研究では哺乳類のX染色体不活性化に中心的な役割を果たすXist RNAの作用マシナリーを理解するために,不活性X染色体に局在するタンパク質とその相互作用因子に着目し,それらがXist RNAの機能発現にどのような役割を果たすかについて解析を行った.その結果,染色体の複製プログラムの制御についてさらに検討することの重要性が見いだされた.また,作製したXist RNAの局在制御に関わるタンパク質の欠損マウスに由来する各種培養細胞を樹立したことで,今後のXist RNAマシナリーのさらなる理解...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 佐渡 敬
哺乳類のメスに特有なX染色体不活性化は,2本のX染色体の一方において苗bt遺伝子の発現が充進し,転写産物であるノンコーディングRNAがそのX染色体をシスに覆うことによって開始される.ジーンターゲティングによってXistがX染色体不活性化の開始に必須であることが示されているが,XistRNAがどのように染色体のサイレンシングを引き起こすかについてはよくわかっていない,我々が以前ジーンターゲティングによって作製したXistの改変アリルの一つであるXist^<IVS>は,これまでに知られる改アリ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 佐渡 敬
Xistのアンチセンス遺伝子Tsixを介したXistの発現制御機構において,Xistプロモーター領域がTsixによって転写されることが不可欠であるか調べるため,ポリA付加シグナルを利用してアンチセンス転写の強制的な終結を図った.初年度の引き続きその影響を詳細に解析した結果,Tsixの転写がXistプロモーター領域に及ばないようにしたTsix^<ρA>アリルを持つマウス胚では,変異を導入したX染色体上のXist遺伝子プロモーター領域のクロマチン修飾が正しく構築されず,その結果Xistの異所的...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 佐渡 敬
Tsixの転写によって産生されるスプライシングを受けたRNAが,Tsixを介したXistの発現制御機構にどのようなインパクトを持つかについては,前年度の解析から,胚発生においてはTsixのスプライシング欠損アリル(Tsix^<ΔSA>)を持つX染色体上でもXistのエピジェネティック制御は適切に確立されることから,Tsixスプライシング産物はTsixによるXist遺伝子のアンチセンス制御を担うものではないという結論に達していた.そこで,平成18年度開始当初は,その投稿準備を進めるとともに,...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2002年 - 2002年    代表者: 佐渡 敬
(1)テトラサイクリンによるDnmt3a, Dnmt3bの発現誘導系をde novoメチル化酵素欠損ES細胞へ導入することはできた.しかし,これらの酵素の発現を誘導しても,Xistプロモーターにおけるメチル化の回復は認められなかった.また,分化誘導後Xistを異所的に発現している状況でDnmt3a, Dnmt3bを誘導しても,X染色体不活性化よると思われる細胞死は引き起こされなかった.したがって,Dnmt3a, Dnmt3bはXistの発現制御のみならず,X染色体全域に結合した後のプロセス...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 佐渡 敬
本研究課題では、ほ乳類発生に不可欠であるX染色体不活性化におけるDNAメチル化の意義を調べるために、その触媒酵素である3種類のDNAメチル化酵素Dnmt1,Dnmt3a,およびDnmt3bの欠損マウス、およびES細胞を材料に研究を行ってきた。Dnmt1ノックアウトマウス胚における染色体複製時期を観察した結果、今後さらに解析が必要であるものの、胎仔が死亡する頃には不活性X染色体のみならず全ての染色体の複製時期が異常になっている可能性が示唆された。また、当初計画していたDnmt1のコンディショ...
X染色体不活性化の分子機構
研究期間: 1999年