児島 伸彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/07 18:39
 
アバター
研究者氏名
児島 伸彦
 
コジマ ノブヒコ
所属
東洋大学
部署
生命科学部
職名
教授
学位
医科学修士(筑波大学), 医学博士(群馬大学)
科研費研究者番号
80215251

プロフィール

現在の研究テーマ:
① 樹状突起スパインの構造可塑性の分子メカニズムに関する研究
② 長期記憶を司る転写調節因子のはたらきに関する研究
③ 精神疾患モデル動物におけるシナプス機能異常に関する研究

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東洋大学 生命科学部生命科学科 教授
 
2008年8月
 - 
2013年3月
群馬大学大学院医学系研究科  神経薬理学   准教授
 
2005年6月
 - 
2008年7月
群馬大学大学院医学系研究科  高次細胞機能学講座  講師
 
2005年4月
 - 
2005年5月
沖縄科学技術大学院大学 先行的事業 研究員
 
1998年9月
 - 
2005年3月
理化学研究所 脳科学総合研究センター 神経回路メカニズム研究グループ 研究員
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
群馬大学大学院 医学研究科(博士課程) 
 
1983年4月
 - 
1985年3月
筑波大学大学院 医科学研究科(修士課程) 
 
1979年4月
 - 
1983年3月
筑波大学 第二学群 生物学類
 

論文

 
Drebrin E regulates neuroblast proliferation and chain migration in the adult brain.
Kajita Y, Kojima N, Koganezawa N, Yamazaki H, Sakimura K, Shirao T
European Journal of Neuroscience      2017年8月   [査読有り]
Drebrin A regulates hippocampal LTP and hippocampus-dependent fear learning in adult mice.
Kojima N, Yasuda H, Hanamura K, Ishizuka Y, Sekino Y, Shirao T
Neuroscience   324 218-226   2016年3月   [査読有り]
X-irradiation induces acute cognitive decline via transient synaptic dysfunction.
Puspitasari A, Koganezawa N, Ishizuka Y, Kojima N, Tanaka N, Nakano T, Shirao T
Radiation Research   185 423-430   2016年   [査読有り]
Maekawa M, Iwayama Y, Ohnishi T, Toyoshima M, Shimamoto C, Hisano Y, Toyota T, Balan S, Matsuzaki H, Iwata Y, Takagai S, Yamada K, Ota M, Fukuchi S, Okada Y, Akamatsu W, Tsujii M, Kojima N, Owada Y, Okano H, Mori N, Yoshikawa T
Scientific reports   5 16239   2015年11月   [査読有り]
Spikar, a novel drebrin-binding protein, regulates the formation and stabilization of dendritic spines.
Yamazaki H, Kojima N, Kato K, Hirose H, Iwasaki T, Mizui T, Takahashi H, Hanamura K, Roppongi RT, Koibuchi N, Sekino Y, Mori N, Shirao T
Journal of Neurochemistry   128 507-522   2014年2月   [査読有り]

Misc

 
シナプス病態としてのPTSD
児島 伸彦
Clinical Neuroscience(月刊 臨床神経科学)   28 925-927   2010年8月   [依頼有り]
PTSD発症の脆弱性の脳内基盤に関する知見をレビューした。
PTSDの分子メカニズム
児島 伸彦
Clinical Neuroscience(月刊 臨床神経科学)   27 248-249   2009年3月   [依頼有り]
PTSDの脳内メカニズムについて概説した。
注目の遺伝子 ICER
児島 伸彦
分子精神医学   9 69-71   2009年1月   [依頼有り]
転写抑制因子ICERの脳内の役割とその発現制御に関する知見を概説した。
記憶の固定化、再固定化、消去の神経薬理学的研究ーPTSDの治療に向けて
児島 伸彦
日本医事新報   441 43-46   2008年11月   [依頼有り]
記憶の固定化、再固定化、消去に関わる神経薬理学的、分子生物学的知見を概説し、恐怖体験の記憶を除去することによるPTSDへの治療応用の可能性を論じた。
Current Review 02: 過度な恐怖記憶をつくらせないしくみ
児島 伸彦
メディカルバイオ   5 12-13   2008年9月   [依頼有り]
恐怖条件づけにおける転写抑制因子ICERの役割について概説した。

書籍等出版物

 
Drebrin: From Structure and Function to Physiological and Pathological Roles
Korma N
Springer   2017年8月   
インテグレーテッドシリーズ6 神経科学
児島 伸彦、白尾 智明 (担当:共訳, 範囲:神経回路の形成、維持および可塑性)
東京化学同人   2011年12月   
Elsevier's Integrated Neuroscience (J.Nolte著)の翻訳。担当部分:神経回路の形成,維持および可塑性
インテグレーテッドシリーズ6 神経科学
児島 伸彦、白尾 智明 (担当:共訳, 範囲:聴覚系)
東京化学同人   2011年12月   
Elsevier's Integrated Neuroscience (J.Nolte著)の翻訳。担当部分: 聴覚系
遺伝子と行動
児島 伸彦、山田 一之 (担当:共著, 範囲:転写因子と記憶ーCREB遺伝子変異動物を用いた研究)
ナカニシヤ出版   2003年11月   
心理学者を対象に遺伝子改変動物を用いた研究の現況を解説した。担当部分:転写因子と記憶ーCREB 遺伝子変異動物を用いた研究
廣川ニューロサイエンス 3新しい神経伝達研究法II
児島 伸彦、小幡 邦彦 (担当:共著, 範囲:抗体によるcDNAクローニング)
廣川書店   2000年1月   
神経科学研究法を解説する本書の中で抗体を用いてcDNAライブラリーの中から目的のcDNAを単離する方法について解説した。担当部分:抗体によるcDNAクローニング

講演・口頭発表等

 
Impact of molecular interactions of metabotropic glutamate receptor and drebrin on synaptic structural plasticity in hippocampal neurons.
Kakegawa R, Shiraishi K, Kojima N
第39回 日本神経科学大会   2016年7月   
Maturation of actin cytoskeleton in dendritic spines and the age-dependent role in synaptic plasticity
Hnanamura K, Kojima N, Yasuda H, Yamazaki H, Shirao T
日本生理学会大会   2016年3月   
The role of metabotropic glutamate receptor on structural plasticity of dendritic spines in cultured hippocampal neurons.
Kakegawa R, Kamasaki S, Todoriki T, Kojima N
第58回日本神経化学大会   2015年9月   
Drebrin knockout mice show olfactory dysfunction by impairment of adult neurogenesis and cell survival.
Kajita Y, Koganezawa N, Kojima N, Sakimura K, Sakurai T, Shirao T
第58回日本神経化学大会   2015年9月   
Deletion of drebrin A impairs hippocampal synaptic plasticity and hippocampus-dependent fear learning in adulthood.
Yasuda H, Kojima N, Hanamura K, Shirao T
第58回日本神経化学大会   2015年9月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
情動記憶における核ーシナプス間情報伝達を担う分子の探索
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 児島 伸彦
スパイン内アクチン細胞骨格の多面的制御メカニズムとその脳機能における役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(S)
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 白尾 智明
情動記憶の分子機構に関わるmicroRNAの同定とその機能解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 児島 伸彦
脳の機能発達と学習メカニズムの解明:情動発達とその障害発症機構の解明
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究期間: 2005年11月 - 2010年3月    代表者: 西条 寿夫
神経回路形成時の軸索成長円錐におけるアクチン細胞骨格の役割
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 白尾 智明

特許

 
シナプス成熟障害モデル動物
特願2004-257060 / 特許第4550530号

社会貢献活動

 
こころのメカニズム
【講師】  北本市教育委員会  2016年7月24日
健脳のためのニューロサイエンス講座
【講師】  館林市・板倉町・東洋大学  第6回地域連携サイエンスカフェ  2014年12月19日
記憶と忘却のメカニズム
【講師】  朝霞市教育委員会生涯教育部  市民大学講座「悠ゆう大学」健康&リフレッシュコース  2014年10月24日
産業カウンセラー養成講座「こころのメカニズム」
【講師】  (一般社団法人)日本産業カウンセラー協会  2013年6月
記憶と忘却の脳のしくみ
【講師】  NPO特定非営利活動法人 脳の世紀推進会議  世界脳週間行事  2006年5月

その他

 
2006年
財団法人豊田研究所 研究嘱託
NMDA 受容体のシナプス膜へのtrafficking 調節の分子機構(研究代表)
2006年
独立行政法人 沖縄科学技術研究基盤整備機構との共同研究
遺伝子改変マウスにおける行動変化の解析(研究代表)