永井 孝志

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/03 12:51
 
アバター
研究者氏名
永井 孝志
 
ナガイ タカシ
URL
http://shimana7.web.fc2.com/
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
農業環境変動研究センター・生物多様性研究領域・化学物質影響評価ユニット
職名
上級研究員
学位
博士(理学)

プロフィール

 環境に存在する化学物質のリスクの大きさを適正に見積もることによって、行政による科学的な意思決定をサポートすることを目標にして研究を行っています。適正なリスク評価は適正なリスク管理のナビゲーターです。現在は主に、農薬の生態リスク評価とその手法開発の研究を行っています。

・農薬使用による生態リスクの定量化
 種の感受性分布(Species Sencitivity Distribution, SSD)を用いて、種の多様性への影響を評価しています。リスクを定量化することで「対策に取り組むべき物質の優先順位付け」「リスク低減対策の効果の評価」「リスクとベネフィットの比較」など、効率的な農薬のリスク管理を推進できます。解析のための各種データベース(農薬生態毒性、農薬の地域別・用途別の使用実態、農薬の環境動態)の作成も行っています。

・化学物質の水生生物に対する影響評価法の高度化
 河川水中の生物は多種類の化学物質に同時に曝露を受けます。そこで、多数の化学物質の毒性を迅速に試験するための効率性の高いハイスループット毒性試験法や、多数の化学物質による複合影響を評価する手法の開発を行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
   
 
国立環境研究所 NIESアシスタントフェロー
 
2005年
   
 
日本学術振興会特別研究員
 
2007年
   
 
農業環境技術研究所 農環研特別研究員
 
2007年
   
 
 同 任期付研究員
 
2012年
   
 
 同 主任研究員
 
2016年
 - 
現在
農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター 上級研究員
 

学歴

 
 
 - 
2006年
筑波大学 生命環境科学研究科 
 
 
 - 
1999年
筑波大学 第二学群 生物学類
 

論文

 
Predicting herbicide mixture effects on multiple algal species using mixture toxicity models
NAGAI Takashi
Environmental Toxicology and Chemistry   36 in press   2017年   [査読有り]
Comparative toxicity of 20 herbicides to 5 periphytic algae and the relationship with mode of action
NAGAI Takashi
Environmental Toxicology and Chemistry   35 368-375   2016年   [査読有り]
Ecological effect assessment by species sensitivity distribution for 68 pesticides used in Japanese paddy fields
NAGAI Takashi
Journal of Pesticide Science   41 6-14   2016年   [査読有り]
除草剤の作用機作と水生一次生産者の感受性種間差の関係
永井 孝志
環境毒性学会誌   19 83-91   2016年   [査読有り]
The effect of binary mixtures of zinc, copper, cadmium, and nickel on the growth of the freshwater diatom Navicula pelliculosa and comparison with mixture toxicity model predictions
Nagai Takashi, De Schamphelaere Karel AC
Environmental Toxicology and Chemistry   35 2765-2773   2016年   [査読有り]
Estimation of herbicide species sensitivity distribution using single-species toxicity data and information on the mode of action
Nagai Takashi, Taya Kiyoshi
Environmental Toxicology and Chemistry   34 677-684   2015年   [査読有り]
Algal population growth model integrated with toxicokinetics for ecological risk assessment under time-varying pesticide exposure
NAGAI Takashi
Human and Ecological Risk Assessment   20 641-657   2014年   [査読有り]
藻類に対する金属複合毒性のモデリング:Biotic Ligand Model, 濃度加算, 独立作用の比較
永井孝志、加茂将史
環境毒性学会誌   17 57-68   2014年   [査読有り]
Application of a fluorometric microplate algal toxicity assays for riverine periphytic algal species
Nagai Takashi, Taya Kiyoshi, Annoh Hirochica, Ishihara Satoru
Ecotoxicology and Environmental Safety   94 37-44   2013年   [査読有り]
Comparison of ecological risks of insecticides for nursery-box application using species sensitivity distribution
Nagai Takashi, Yokoyama Atsushi
Journal of Pesticide Science   37 233-239   2012年   [査読有り]

Misc

 
Takashi Nagai, Akio Imai, Kazuo Matsushige, Kunihiko Yokoi, Takehiko Fukushima
Limnology   5(2) 87-94   2004年
Limiting nutrients on the growth of bloom-forming cyanobacteria with special focus on iron speciation
Takashi Nagai, Akio Imai, Kazuo Matsushige, Takehiko Fukushima
Verhandlungen Internationale Vereinigung fur theoretische und angewandte Limnologie   29(2) 949-952   2005年
Effect of iron complexation with dissolved organic matter on the growth of cyanobacteria in a eutrophic lake
Takashi Nagai, Akio Imai, Kazuo Matsushige, Takehiko Fukushima
Aquatic Microbial Ecology   44(3) 231-239   2006年
Takashi Nagai, Akio Imai, Kazuo Matsushige, Kunihiko Yokoi, Takehiko Fukushima
Water Research   41(4) 775-784   2007年
Nagai Takashi, Imai Akio, Matsushige Kazuo, Fukushima Takehiko
Limnology   8(3) 261-270   2007年

書籍等出版物

 
基準値のからくり
永井 孝志 (担当:共著)
2014年6月   

競争的資金等の研究課題

 
農薬の水生生物に対する生態リスク評価
その他の研究制度