藤田 悟郎

J-GLOBALへ         更新日: 14/08/14 09:53
 
アバター
研究者氏名
藤田 悟郎
 
フジタ ゴロウ
所属
警察庁 科学警察研究所
職名
部付主任研究官/研究調整官
学位
博士(心理学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
   
 
科学警察研究所 部付主任研究官 / 研究調整官 
 
2003年
   
 
科学警察研究所 室長
 
2001年
   
 
科学警察研究所 主任研究官
 
1998年
   
 
財団法人交通事故総合分析センター 課長
 
1990年
   
 
科学警察研究所 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2000年9月
上智大学大学院 文学研究科 心理学専攻博士後期課程単位取得満期退学
 
 
 - 
1990年3月
横浜国立大学大学院 教育学研究科 学校教育心理学専修修士課程修了
 

Misc

 
Typology of driving-under-the-influence (DUI) offenders revisited: Inclusion of DUI-specific attitudes
Okamura, K., Kihira, M., Kosuge, R., & Fujita, G.
Addictive Behaviors   39 1779-1783   2014年12月
Factors contributing to driver choice after hitting a pedestrian in Japan
Fujita, G., Okamura, K., Kihira, M., & Kosuge, R.
Accident Analysis and Prevention   72 277-286   2014年11月
英国における飲酒運転対策:再犯抑止のための講習について
小菅律・岡村和子・藤田悟郎
交通心理学研究   29(1) 32-41   2013年12月
Multivariate models for behavioral offender profiling of Japanese homicide
Fujita, G., Watanabe, K., Yokota, K., Kuraishi, H., Suzuki, M., Wachi, T., & Otsuka, Y.
Criminal Justice and Behavior   40 214-227   2013年2月
Predicting motivational determinants of seatbelt non-use in the front seat: A field study
Okamura, K., Fujita, G., Kihira, M., Kosuge, R., & Mitsui, T.
Transportation Research Part F   15 502-513   2012年9月
被疑者検索システムを利用した放火累犯者の犯罪行動の一貫性に関する分析
和智妙子・横田賀英子・藤田悟郎・大塚祐輔・倉石宏樹・渡邉和美
日本法科学技術学会誌   16(2) 105-118   2011年8月
実務における量的な方法による事件リンク分析
藤田悟郎・横田賀英子・渡邉和美・鈴木護・和智妙子・大塚祐輔・倉石宏樹
日本法科学技術学会誌   16(2) 91-104   2011年8月
暴走族集団への関与: 関与を促進する要因と非行経験との関連
小菅律・藤田悟郎・岡村和子
応用心理学研究   36(2) 103-113   2011年3月
暴走族集団の特徴による類型化
小菅律・藤田悟郎・岡村和子
犯罪心理学研究   48(1) 13-27   2011年3月
Effect of a small dose of alcohol on driving-related behavior of Japanese who self-reported facial flush and nonflushing
Fujita, G. & Nishida, Y.
Perceptual & Motor Skills   109 651-653   2009年12月
日本における大量殺人の発生状況と類型について
渡邉和美・佐藤敦司・吉本かおり・横田賀英子・和智妙子・藤田悟郎
犯罪学雑誌   74(190) 204   2008年12月
動機別にみた日本人単独犯による身の代金目的誘拐事件の特徴について
星野真紀・横田賀英子・渡邉和美・和智妙子・佐藤敦司・藤田悟郎
科学警察研究所報告   59(1・2) 25-33   2008年12月
Association of objective measures of trauma exposure from motor vehicle accidents and posttraumatic stress symptoms
Fujita, G. & Nishida, Y.
Journal of Traumatic Stress   21 425-429   2008年8月
Application of the behavioral investigative support system for profiling perpetrators of serial sexual assaults
Yokota K., Fujita G., Watanabe K., Yoshimoto K. & Wachi T.
Behavioral Sciences & the Law   25 841-856   2007年10月
Differentiation of international terrorism: Attack as threat, means and violence
Yokota, K., Watanabe, K., Wachi, T., Hoshino, M., Sato, A., & Fujita G.
Journal of Investigative Psychology & Offender Profiling   4 131-145   2007年10月
連続略取誘拐事件の犯罪者プロファイリング手法の一考察
横田賀英子・藤田悟郎・渡邉和美・伊原直子・ 吉本かおり
犯罪心理学研究   45(1) 33-45   2007年7月
Offender and crime characteristics of female serial arsonists in Japan
Wachi, T., Watanabe, K., Yokota, K. Suzuki, M., Hoshino, M. Sato, A. & Fujita, G.
Journal of Investigative Psychology & Offender Profiling   4 29-52   2007年7月
青少年による覚せい剤の初回使用状況: 初回の入手相手による類型化
宮寺貴之・大江由香・渡邉和美・藤田悟郎・森田展彰・中谷陽二
科学警察研究所報告   58(1) 1-18   2007年3月
友人の薬物使用が少年の内的変化と薬物使用に与える影響
大江由香・宮寺貴之・渡邉和美・藤田悟郎・森田展彰・中谷陽二
犯罪学雑誌   72(5) 147-153   2006年3月
自動車事故予防を目指す実験室研究における困難
藤田悟郎
認知科学   13(1) 47-61   2006年3月
少年による薬物の初回入手及び使用実態
大江由香・森田展彰・中谷陽二・宮寺貴之・渡邉和美藤田悟郎
科学警察研究所報告犯罪行動科学編   43(1) 42-53   2006年3月
自己報告によるドライバーの運転行動及び態度と交通事故・違反との関連
岡村和子・藤田悟郎
科学警察研究所報告交通編   44(1) 14-26   2005年11月
Shimamura, M., Yamazaki, M. & Fujita, G.
Accident Analysis and Prevention   37(1) 5-17   2005年1月
アルコール代謝の個人差と低濃度アルコールが運転に及ぼす影響
藤田悟郎
自動車技術会論文集   35(4) 215-220   2004年10月
High risk factors of hostage barricade incidents in a Japanese sample.
Yokota, K., Iwami, H., Watanabe, K., Fujita, G., & Watanabe, S.
Journal of Investigative Psychology & Offender Profiling   1 139-151   2004年5月
交通事故の精神的後遺症
藤田悟郎
トラウマティック・ストレス   1 39-45   2003年2月
厚底靴がブレーキペダルの操作に及ぼす影響
藤田悟郎・伊藤聡子・大崎栄一・上條謙二
科学警察研究所報告交通編   42(1) 38-43   2002年7月
前面衝突時の前席乗員傷害に対する後席乗員ベルト着用の効果評価
嶋村宗正・山崎 稔・藤田悟郎
自動車技術会論文集   33(2) 107-112   2002年4月

書籍等出版物

 
状況と活動の心理学
茂呂雄二・有元典文・青山征彦・伊藤崇・香川秀太・岡部大介(編)藤田悟郎ほか(著) (担当:分担執筆)
新曜社   2012年4月   
犯罪と市民の心理学
小俣謙二・島田貴仁(編著)、藤田悟郎ほか(著) (担当:分担執筆)
北大路書房   2011年5月   
法と心理学辞典
越智啓太・藤田政博・渡邉和美(編集)、朝比奈牧子・岡田幸之・越智啓太・桐生正幸・相良陽一郎・サトウタツヤ・藤田悟郎・藤田正博・水田恵三・渡邉和美(章編集及び著) (担当:分担執筆)
朝倉書店   2011年5月   
心理・教育統計法特論
福田周・卯月研次(編著)、藤田悟郎・堀井俊章(著) (担当:分担執筆)
放送大学教育振興会   2009年3月   
安全・安心の手引き 地域防犯の理論と実践
地域安全対策研究会(編)、山本俊哉(編集代表)、藤田悟郎ほか(著) (担当:分担執筆)
ぎょうせい   2007年   
犯罪と犯罪者の精神医学
松下正明(総編集)、山内俊雄・山上晧・中谷陽二(編集)、藤田悟郎ほか(著) (担当:分担執筆)
中山書店   2006年11月   
交通事故防止の人間科学(第二版)
松永勝也(編著)、牧下寛・志堂寺和則・藤田悟郎・合志和晃・松木裕二(著) (担当:分担執筆)
ナカニシヤ出版   2006年7月   
犯罪者プロファイリング入門
渡邉和美・高村茂・桐生正幸(編著)、藤田悟郎ほか(著)
朝倉書店   2006年4月   
犯罪心理学
越智啓太(編著)、水田恵三・羽生和紀・横田賀英子・渡邉和美・平伸二・田中奈緒子・藤田悟郎(著) (担当:分担執筆)
朝倉書店   2005年10月   
法と心理学のフロンティアⅠ巻 理論・制度編
菅原郁夫・サトウタツヤ・黒沢香(編著)、松村良之・林理・今在慶一朗・外山みどり・村松励・渡邉和美・藤田悟郎・木下麻奈子(著)
北大路書房   2005年4月