金沢 和樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/08 15:07
 
アバター
研究者氏名
金沢 和樹
 
カナザワ カズキ
所属
吉備国際大学
部署
地域創成農学部
職名
教授
学位
農学博士(京都大学)
その他の所属
神戸大学

プロフィール

専門分野:食品化学、栄養化学、生化学。
研究対象:活性酸素、機能性食品、抗酸化、がん、脂質、食品添加物
[略 歴]
1973年;京都大学大学院食品工学専攻修了、神戸大学助手就任。
1985-1986年;米国ブランダイス大学生化学部研究員。
1989年;神戸大学農学部助教授
現在;神戸大学農学部教授(農学博士)。
1989年;日本栄養・食糧学会奨励賞受賞。
1990-1996年;WHO「人類の健康」会議事務局長。
1997年;アメリカ化学会" Award on Functional Food Research "受賞。
2003年;第三回バイオビジネスコンペJAPAN優秀賞受賞
1987年;日本生活協同組合連合会「食の安全」委員
1995年ー2010年;フードファクターズ学会幹事(2001年会長)
2000年ー現在;日本過酸化脂質フリーラジカル学会理事
2000年ー2005年;文部科学省科学技術総合研究推進委員
2003年ー2009年;神戸大学共同研究開発センター副センター長
2009年ー2010;大学院農学研究科生命機能科学専攻長
2008年;兵庫県科学賞受賞
2013年;神戸大学名誉教授、40年永年勤続賞受賞
2013年4月;吉備国際大学地域創成農学部教授
学術論文:「活性酸素」「脂質栄養」「がん予防」「ダイオキシン」「フラボノイド」「食物繊維」などの論文を国際学術誌に165編。
著書:「栄養機能化学(朝倉書店)」「何を食べるべきか(コープ出版)」「21世紀の健康対策(WHO)」「文部省検定合格高等学校教科書・家庭一般21(実教出版)」「天然添加物安全性評価資料集、(日本生活協同組合連合)」「食品大百科事典(朝倉書店)」「健康食品・サプリメントを科学する(コープ出版)」「まちがいいだらけのサプリ選び(双葉社)」など46編。
特許:20件。
NHKテレビ出演・新聞記事など:約50編。
食品成分による体の機能の調節の研究、食品の機能性(健康食品)を世界で最初に発見、生活習慣病予防、抗がん機構、老化制御機構、脂質の機能、酸素の役割などを研究しています。

研究分野

 
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業  研究課題評価分科会委員
 
2014年4月
 - 
現在
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業  農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業専門PO
 
2014年1月
 - 
現在
Journal of Nutritional Science and Vitaminology  編集委員長
 
2013年4月
 - 
現在
日本学術会議  博士課程教育リーディングプログラム委員会専門委員
 
2009年4月
 - 
現在
兵庫県  黒豆振興協会会長
 
2008年
 - 
現在
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition  実行編集委員
 
2013年
 - 
2013年
日本学術会議  第5回アジア学術会議日本代表コーデュネーター
 

受賞

 
2008年11月
兵庫県 兵庫県科学賞
 
2005年
神戸大学 神戸大学永年勤務表彰
 
2003年5月
バイオビジネスコンペJAPA 第三回バイオビジネスコンペJAPAN優秀賞受賞
 
1997年
アメリカ化学会 食品機能研究賞
 
1989年6月
日本栄養・食糧学 日本栄養・食糧学会奨励賞受賞
 

論文

 
生体内で有効な機能性を発揮する植物ポリフェノール(総説)
金沢 和樹
ソフト・ドリンク技術資料   (2) 29-52   2016年8月   [招待有り]
Lipid peroxides as endogenous oxidants forming 8-oxo-guanosine and lipid-soluble antioxidants as suppressing agents
金沢 和樹
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   59(1) 1-9   2016年6月   [査読有り]
(-)-Epigallocatechin-3-gallate induces secretion of anorexigenic gut hormones
Won-Young Song, Yoshiko Aihara, Takashi Hashimoto, Kazuki Kanazawa, and Masashi Mizuno
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   57(2) 1-6   2015年9月   [査読有り]
Protein function-modulating activity of food factors and the selective removal at the absorption process in gut epithelium
金沢 和樹
Proceedings ASIAHORCS 2013, Eds. by Prijono, S.N., Agusta, A., Purwanto, T., Fizzanty, T., Yopi, F., Kanazawa, K. Jiang, Z. LIPI Press   3-18   2014年11月   [査読有り]
Intestinal anti-inflammatory activity of lentinan: influence on IL-8 and TNFR1 expression in intestinal epithelial cells
金沢 和樹
PONE-D-13-03715R1      2014年   [査読有り]
消化系は体内吸収するサプリメント成分を選ぶ
金沢 和樹
ニューフードインダストリー   55(12) 9-21   2013年12月   [査読有り][招待有り]
Modulation of platelet aggregation-related eicosacoid production by dietary F-fucoidan from brown alga Laminaria japonica in humans
KANAZAWA Kazuki
British Jornal of Nutrition   110 880-890   2013年6月   [査読有り]
褐藻の食物繊維フコイダン
金沢 和樹
Functional Food   (23) 7-12   2013年6月   [査読有り][招待有り]
食物繊維の機能性
金沢 和樹
Functional Food   (23) 4-9   2013年6月   [査読有り]
A lipid peroxidation product 9-oxononanoic acid induces phospholipase A2 activity and thromboxane A2 production in human blood
金沢 和樹
J.Clin.Biochem.Nutr.   52(3) 223-228   2013年5月   [査読有り]
Health beneficial effects of food factors can be applicable to humans?
金沢 和樹
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   52 185-185   2013年5月   [査読有り]
Pharmacokinetics of fucoxanthinol in human plasma after the oral administration of kombu extract
金沢 和樹
British Journal of Nutrition   107 1566-1569   2012年   [査読有り]
Short photo-irradiation induces flavonoid synthesis and increases its production in postharvest vegetables
金沢 和樹
Journal of Agricultural and Food ChemistryJournal of Agricultural and Food Chemistry   60 4359-4368   2012年   [査読有り]
生体内で有効な機能を発揮する褐藻カロテノイドのフコキサンチン
金沢 和樹
食品科学工学会   59(2) 49-55   2012年   [査読有り]
機能性食素材の発掘戦略
金沢 和樹
食品新素材研究会誌   15(1) 1-10   2012年   [査読有り]
A Pilot, Randomized, Placebo-Controlled, Double-Blind Phase 0/Biomarker Study on Effect of Artepillin C–Rich Extract of Brazilian Propolis in Frequent Colorectal Adenoma Polyp Patients
金沢 和樹
Journal of the Ameriman College of Nutrition   31(5) 327-337   2012年   [査読有り]
Oral Treatment with extract of Agaricus blazei Murill enhanced Th1 response through intestinal epithelial cells and suppressed OVA-sensitized allergy in mice
金沢 和樹
Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine   2011    2011年   [査読有り]
Bioavailability of non-nutrients for preventing lifestyle-related diseases.
金沢 和樹
Trends in Food Science & Technology   22 655-659   2011年   [査読有り]
Fucoxanthin induces apoptosis in osteoclast-like cells differentiated from RAW264.7 cells
金沢 和樹
Journal of Agricultural and Food Chemistry   58 6090-6095   2010年   [査読有り]
Membrane fusion process and assembly of cell wall during cytokinesis in the brown alga, Silvetia babingtonii (Fucales, Phaeophyceae)
金沢 和樹
Planta   232 287-298   2010年   [査読有り]
Quantification and localization of fucoidan in Laminaria japonica using a novel antibody
金沢 和樹
Bioscience Biotechnology Biochemistry   73(2) 335-338   2009年   [査読有り]
The distribution and accumulation of fucoxanthin and its metabolites after oral administration in mice
金沢 和樹
British Journal of Nutrition   102 242-248   2009年   [査読有り]
Different suppressive effects of fucoidan and lentinan on IL-8 mRNA expression in vitro gut inflammation
金沢 和樹
Bioscience Biotechnology Biochemistry   73(10) 2324-2325   2009年   [査読有り]
Growth inhibition of human hepatic carcinoma HepG2 cells by fucoxanthin is associated with down-regulation of cyclin D
金沢 和樹
Biochim. Biophys. Acta   1780 743-749   2008年   [査読有り]
Metabolic conversion of dietary quercetin from its conjugate to active aglycone following the induction of hepatocarcinogenesis in Fisher 344 rats
金沢 和樹
J. Agric. Food Chem   56 577-583   2008年   [査読有り]
技術用語解説、フコキサンチン
金沢 和樹
食品科学工学会誌   55(4) 194-194   2008年   [査読有り]
Accumulation of Fucoxanthin and Its Metabolites in Mice After ad libitum Administration of Kombu Extract-containing Diet for One Month
金沢 和樹
Journal Clinical Biochemistry and Nutrition   43 269-272   2008年   [査読有り]
Fucoxanthin induced apoptosis in human hepatocarcinoma HepG2 cells.
金沢 和樹
Journal Clinical Biochemistry and Nutrition   43 273-276   2008年   [査読有り]
Consumption of Horseradish Leaf Extract Regulates Drug-metabolizing Enzymes in Mice
金沢 和樹
Journal Clinical Biochemistry and Nutrition   43 124-127   2008年   [査読有り]
Formation of oxidation product of DNA 8-hydroxy-2’-deoxyguanosine is mediated by hydroperoxyl thymidine
金沢 和樹
Free Radicals Biology & Medicine   45 1318-1325   2008年   [査読有り]
In vitro model to estimate gut inflammation using co-cultures Cac-2 and RAW264.7 cells
金沢 和樹
Biochemical Biophysical Research Communications   374 565-569   2008年   [査読有り]
トウガラシ幼植物の茎葉を食用とする新しい野菜に含まれる一酸化窒素ラジカル(NO)産生抑制物質
金沢 和樹
園学研   7 491-497   2008年   [査読有り]
Commercial-scale preparation of biofunctional fucoxanthin from waste parts of brown sea algae Laminalia japonica
金沢 和樹
Food Science and Technology Research   14 573-582   2008年   [査読有り]
Inhibitory effects of caffeine and its metabolites on intracellular lipid accumulation in murine 3T3-L1 adipocytes
金沢 和樹
BioFactors   34 293-302   2008年   [査読有り]
Yellow teas is more potent than other types of tea on suppressing liver toxicity induced by carbontetrachloride in rats
金沢 和樹
Phytotherapy Research   21(7) 668-670   2007年   [査読有り]
Absorption of Dietary Licorice Isoflavan Glabridin to Blood Circulation in Rats
金沢 和樹
J. Nutr. Sci. Vitaminol   53(4) 358-365   2007年   [査読有り]
Halocynthiaxanthin and peridinin sensitize colon cancer cell lines to tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand
金沢 和樹
Molecular Cancer Research   5(6) 615-625   2007年   [査読有り]
Effects of combined administration of quercetin, rutin and extract of white radish sprout rich in kaempferol glycosides on the metabolism in rats
金沢 和樹
Bioscience Biotechnology Biochemistry   70(1) 279-281   2006年   [査読有り]
A frequent drinking of green tea lowers endogenous oxidative stress levels in the small intestines, erythrocytes and kidneys in rats
金沢 和樹
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrotion   39 32-39   2006年   [査読有り]
Japanese Kelp (Kombu) Extract Suppressed the Formation of Abrrant Crypt Foci in Azoxymethane Challengeded Mouse Colon
金沢 和樹
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrotion   38(2) 119-125   2006年   [査読有り]
Development of a method to remove cyanogen glycosides from flaxseed meal
金沢 和樹
International Journal of Food Science and Technology   41 1-6   2006年   [査読有り]
Bioavailable flavonoids to suppress the formation of 8-OHdG in HepG2 cells
金沢 和樹
Archives of Biochemistry and Biophysics   455 197-203   2006年   [査読有り]
Black tea thaflavins suppress dioxin-induced transformation of the aryl hydrocarbon receptor
金沢 和樹
Bioscience Biotechnology Biochemistry   69(5) 883-890   2005年   [査読有り]
Effects of Japanese kelp (Kombu) on life span of benzo[a]pyrene-fed mice
金沢 和樹
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   51(5) 369-373   2005年   [査読有り]
Artepillin C in Brazilian propolis induces G0/G1 arrest via stimulation of Cip1/p21 expression in human colon cancer cells
金沢 和樹
Molecular Carcinogenesis   44(4) 293-299   2005年   [査読有り]
Dietary artepillin C suppresses the formation of aberrant crypt foci induced by azoxymethane in mouse colon
金沢 和樹
Cancer Letters   240(1) 135-142   2005年   [査読有り]
Fucoxanthin induces cell cycle arrest at G0/G1 phase in human colon carcinoma cells through up-regulation of p21WAF/Cip1
金沢 和樹
Biochimica Biophysica Acta   1726 328-335   2005年   [査読有り]
Antioxidative Bioavailability of artepillin C in Brazilian propolis
金沢 和樹
Archives of Biochemistry and Biophysics   424(2) 181-188   2004年   [査読有り]
Pigments in green tea leaves (Camellia sinensis) suppress transformation of the aryl hydrocarbon receptor induced by dioxin
金沢 和樹
Journal of Agricultural and Food Chemistry   52(9) 2499-2506   2004年   [査読有り]
Equol, a metabolite of daizein, ihibits bone loss in ovariectomized mice
金沢 和樹
Journal of Nutrition   134 2623-2627   2004年   [査読有り]
Tea catechin suppress adiipocyte differentiation accompanied by down-regulation of PPAR2 and C/EBP in 3T3-L1 cells
金沢 和樹
Bioscience Biotechnology Biochemistry   68(11) 2325-2359   2004年   [査読有り]
Anthocyan does not suppress transformation of aryl hydrocarbon receptor induced by dioxin
金沢 和樹
BioFactors   21 371-373   2004年   [査読有り]
Lentinan from Shiitake mushroom (Lentinus edodes) suppresses expression of cytoshrome P450 1A subfamilyin the mouse liver
金沢 和樹
BioFactors   21 407-409   2004年   [査読有り]
Black tea extract suppresses transformation of aryl hydrocarbon receptor induced by dioxin
金沢 和樹
BioFactors   21 367-369   2004年   [査読有り]
Anti-obesity actions of green tea: Possible involvements in modulation of the glucose uptake system and suppression of the adipogenesis-related transcription factors
金沢 和樹
BioFactors   22 135-140   2004年   [査読有り]
Simultaneous determination of all polyphenols in vegetables, fruits and teas
金沢 和樹
J. Agric. Food Chem   51(3) 571-581   2003年   [査読有り]
Hesperidin, a citrus flavonoid, inhibits bone loss and decreases serum and hepatic lipids in ovariectomized mice
金沢 和樹
J. Nutr   133 1892-1897   2003年   [査読有り]
A novel method using 8-hydroperoxy-2'-deoxyguanosine formation for evaluating antioxidative potency
金沢 和樹
Free Radic. Res   36(2) 307-316   2002年   [査読有り]
3-Amino-1,4-dimethyl-5H-pyrido[4,3-b]indole (Trp-P-1) incorporates into rat splenocytes, thymocytes and hepatocytes through monoamine transporters and induces apoptosis
金沢 和樹
Biosci. Biotechnol. Biochem   66(6) 1205-1212   2002年   [査読有り]
Suppressive effect of polysaccharides from the edible and medicinal mushrooms, Lentinus edodes and Agaricus blazei, on the expression of the cytochrome P450s in mice
金沢 和樹
Biosci. Biotechnol. Biochem   66(7) 1610-1614   2002年   [査読有り]
Apoptosis in the thymus after intraperitoneal injection of rats with Trp-P-1
金沢 和樹
Environmental and Molecular Mutagenesis   40 175-183   2002年   [査読有り]
3-Amino-1,4-dimethyl-5H-pyrido[4,3,-b] indole (Trp-P-1) induces apoptosis in rat splenocytes and thymocytes by different mechanisms
金沢 和樹
Mutation Research   457 57-67   2000年   [査読有り]
Dietary antioxidants fail in protection against oxidatively genetic damage
金沢 和樹
Biosci. Biotechnol. Biochem   64(11) 2395-2401   2000年   [査読有り]
Flavones and flavonols at dietary levels inhibit a transformation of aryl hydrocarbon receptor induced by dioxin
金沢 和樹
FEBS Lett   476 213-217   2000年   [査読有り]
Antimutagenicity of flavones and flavonols to heterocyclic amines by specific and strong inhibition of the cytochrome P450 1A family
金沢 和樹
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   62(5) 970-977   1998年   [査読有り]
Antimutagenic mechanism of flavonoids against a food-derived carcinogen, Trp-P-2, elucidated with the structure-activity relationships
金沢 和樹
ACS symposium series   702 67-82   1998年   [査読有り]
Bay laurel contains antimutagenic kaempferyl coumarate acting against dietary carcinogen 3-amino-1-methyl-5H-pyrido[4,3-b]indole (Trp-P-2)
金沢 和樹
Journal of Agricultural Food Chemistry   46(12) 4864-4868   1998年   [査読有り]
Dietary hydroperoxides of linoleic acid decompose to aldehydes in stomach before being absorbed into the body
金沢 和樹
Biochimica et Biophysica Acta   1393(2-3) 349-361   1998年   [査読有り]
Catabolic fate of dietary trilinoleoylglycerol hydroperoxides in rat gastrointestines
金沢 和樹
Biochimica et Biophysica Acta   1393(2-3) 336-348   1998年   [査読有り]
Electrochemical determination for enzymic production of ultimate carcinogen from tryptophan pyrolysate by rat hepatic microsomes
金沢 和樹
Analytical Biochemistry   225 143-148   1995年   [査読有り]
Specific desmutagens (antimutagens) in oregano against a dietary carcinogen, Trp-P-2, are galangin and quercetin
金沢 和樹
Journal of Agricultural Food Chemistry   43(2) 404-409   1995年   [査読有り]
A mutagen from histidine reacted with nitrite
金沢 和樹
Journal of Agricultural and Food Chemistry   41(7) 1090-1093   1993年   [査読有り]
Target enzymes on hepatic dysfunction caused by dietary products of lipid peroxidation
金沢 和樹
Archives of Biochemistry and Biophysics   288(1) 71-78   1991年   [査読有り]
Succinate dehydrogenase and synthetic pathways of glucose 6-phosphate are also the markers of the toxicity of orally administered secondary autoxidation products of linoleic acid in rat liver
金沢 和樹
Journal of Nutrition Science and Vitaminology   35(1) 25-37   1989年   [査読有り]
Depletion of hepatic coenzyme A derivatives is one of the markers of the toxicity of orally administered secondary autoxidation products of linoleic acid in rat
金沢 和樹
Journal of Nutrition Science and Vitaminology   35(1) 11-23   1989年   [査読有り]
Herb water-extracts markedly suppress the mutagenicity of Trp-P-2
金沢 和樹
Agricultural Biological Chemistry   53(5) 1423-1425   1989年   [査読有り]
Desmutagenicity of a dibenzofuran-quinone derivative toward the mutagenicity of Trp-P-2
金沢 和樹
Agricultural Biological Chemistry   53(4) 959-964   1989年   [査読有り]
Preparation and characterization of des-C-terminal tubulin
金沢 和樹
Journal of Protein Chemistry   8(1) 131-147   1989年   [査読有り]
The effects of orally administered linoleic acid and its autoxidation products on intestinal mucosa in rat
金沢 和樹
Journal of Nutrition Science and Vitaminology   34(4) 363-373   1988年   [査読有り]
Uptake of secondary autoxidation products of linoleic acid by the rat
金沢 和樹
Lipids   20(7) 412-419   1985年   [査読有り]
Lysozyme damage caused by secondary degradation products during the autoxidation process of linoleic acid
金沢 和樹
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   21(4) 373-382   1975年   [査読有り]
Oxygen absorption at the process of the degradation of linoleic acid hydroperoxides
金沢 和樹
Journal of Nutrition Science and Vitaminology   19(3) 263-275   1973年   [査読有り]
Screening for Phytoestrogens that Exhibit Binding Affinity to the Androgen Receptor
金沢 和樹
Journal Clinical Biochemistry and Nutrition   43 132-135   [査読有り]
Preventive Effects of Wasabi Leaf Extract on Carcinogenic Initiation
金沢 和樹
Journal Clinical Biochemistry and Nutrition   43 251-254   [査読有り]
植物性食品の非栄養性機能成分ポリフェノール
金沢 和樹
オレオサイエンス   7(8) 317-325   [査読有り]
Evoking Cytochrome P450 1A activity interferes with apoptosis induced by 3-amino-1,4-diemtyl-5H-pyrido[4,3-b]indole (Trp-P-1) in rat hepatocytes under the Ex Vivo system
金沢 和樹
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   66(2) 356-362   [査読有り]

Misc

 
フコキサンチノールが誘導するアポトーシスはアクチン重合を伴う
金沢 和樹
日本農芸化学会関西支部会第482回講演会要旨集   3   2013年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
日本の美味しい健康紀行(一から七)
金沢 和樹
ニューライフ   2016年1月   
栄養機能化学第3版
金沢 和樹 (担当:編者)
朝倉書店   2015年3月   
丹波黒大豆物語
金沢 和樹 (担当:編者)
神戸新聞総合出版センター   2014年10月   
新家庭基礎21指導資料
金沢 和樹 (担当:共著)
実教出版   2013年   
家庭基礎21
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:食生活)
実教出版   2012年4月   
まちがいだらけのサプリメント選び
金沢 和樹
双葉社   2011年12月   
健康食品・サプリメントを科学するウソ・ホント
金沢 和樹
日本生活協同組合連合会   2010年   
なぜ?か気になる 食と暮らしのQ&A
金沢 和樹 (担当:監修)
生活協同組合コープこうべ商品検査センター   2009年   
ACS Symposium Series 993, Food Factors in Health Promotion and Disease Prevention
金沢 和樹
Oxford University Press   2008年   
食品機能性の化学
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:第7章第3節「抗酸化剤としての各種フラボノイド」)
㈱産業技術サービスセンター   2008年   
栄養・食糧学用語辞典
金沢 和樹 (担当:共著)
建帛社   2007年   
機能性食品の事典
金沢 和樹 (担当:共著)
朝倉書店   2007年   
ポリフェノール機能性食品の開発戦略
金沢 和樹
シーエムシー出版   2007年   
新家庭基礎21
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:食生活)
実教出版   2016年3月   
新家庭総合21
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:食生活)
実教出版   2006年   
がん予防食品開発の新展開
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:がん予防食品因子とデーターベース)
シーエムシー出版   2005年   
サプリメントデータブック
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:III章8-10節)
オーム社   2005年   
色から見た食品のサイエンス
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:第1章第2節III「フラボン・フラボノール類」)
第1章第2節III「フラボン・フラボノール類」   2004年   
ACS Symposium Series 851 Food Factors in Health Promotion and Disease Prevention
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:Chapter 21; Suppression of cytochrome P4501 a subfamily in mouse liver by oral intake of polysaccharaides from mushroom, Lentinus edodes and Agaricus blazei.)
American Chemical Society   2003年   
農芸化学の事典
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:内分泌)
朝倉書店   2002年   
食品大百科事典
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:抗変異原成分)
朝倉書店   2001年   
なにわの昆布の物語
金沢 和樹 (担当:共著)
小倉屋山本食品   1998年   
天然添加物安全性評価資料集(第1版)
金沢 和樹 (担当:共著)
日本生活協同組合連合   1998年   
大震災100日の軌跡
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:緊急時の食料)
神戸新聞総合出版センター   1995年   
がん予防食品の開発
金沢 和樹 (担当:共著, 範囲:フラボノイド類の食事発がん予防能)
シーエムシー出版   1995年   
食品添加物(化学的合成品)の毒性評価資料集
金沢 和樹 (担当:共著)
日本生活協同組合連合   1995年   
何を食べるべきか
金沢 和樹
コープ出版   1995年   

講演・口頭発表等

 
機能性食品開発技術士を目指して [招待有り]
金沢 和樹
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月18日   
昆布は健康維持にいいです [招待有り]
金沢 和樹
3回「健康増進市民シンポジウム」   2014年12月9日   
野菜とサプリメント、両方上手に摂る方法、教えます [招待有り]
金沢 和樹
朝日カルチャー教室   2014年12月6日   
天ぷら油の酸化 [招待有り]
金沢 和樹
ティタイムセミナー   2014年12月4日   
機能性食品の地域連携開発 [招待有り]
金沢 和樹
第36回和歌山バイオサイエンスフォーラム会   2014年11月29日   
サプリメントよりも毎日の野菜の方がいい [招待有り]
金沢 和樹
第2回「健康増進市民シンポジウム」   2014年11月24日   
Strong anti-microbial activity of onion peel quercetins [招待有り]
金沢 和樹
ISFNN2014   2014年10月17日   
サプリメントは本当に健康維持に役立つのか?有効な摂取方法教えます [招待有り]
金沢 和樹
吉備国際大学セミナー   2014年9月11日   
南あわじのタマネギはからだに大変いいです [招待有り]
金沢 和樹
第1回「健康増進市民シンポジウム」   2014年8月4日   
消化管ホルモンGLP-1を介したAOBの生理効果
金沢 和樹
第14回AOB研究会   2014年6月27日   
食事ポリフェノールによる消化管ホルモンの分泌調節
金沢 和樹
第67回日本栄養食糧学会   2014年5月25日   
ケンフェロール-3-O-(2-O-β-D-キシロピラノシル)- β-D-ガラクトピラノシルによる薬物代謝第二相酵素の活性化に関する研究
金沢 和樹
第67回日本栄養食糧学会   2014年5月25日   
食品添加物は安全ですか? [招待有り]
金沢 和樹
ランチタイムセミナー   2014年5月7日   
機能性食品とその消化管内選別 [招待有り]
金沢 和樹
第5回アジア学術会議シンポジウム   2013年11月27日   
褐藻キサントフィルのフコキサンチンは副作用なく脂質代謝を改善するt [招待有り]
金沢 和樹
ISNFF2013   2013年11月6日   
効能ある機能性食品を開発するには [招待有り]
金沢 和樹
JBA   2013年10月11日   
A co-administration of flavonoids to increase bioavailability in rat
金沢 和樹
第20回国際栄養会議   2013年9月15日   
The gut epithelium can remove functional food factors in our diet [招待有り]
金沢 和樹
第246回アメリカ化学会総会   2013年9月10日   
食事褐藻F-フコイダンの血小板凝集抑制作用 [招待有り]
金沢 和樹
第13回国際会議APCCN   2013年6月11日   
食事ポリフェノールによる消化管ホルモンの分泌調節
金沢 和樹
第67回日本栄養食糧学会大会   2013年5月26日   
ケンフェロール-3-O-(2-O-β-Dキシロピタノシル)-β-D-ガラクトピラノシドによる薬物代謝第二相酵素の活性化に関する研究
金沢 和樹
第67回日本栄養食糧学会大会   2013年5月25日   
消化管は機能性食品成分のような非栄養素は吸収しない [招待有り]
金沢 和樹
機能性食品成分公開講演会   2013年5月13日   
フラボノイドケルセチンの特異な3つの機能性 [招待有り]
金沢 和樹
食品ニューフードテクノロジー研究会   2013年4月24日   
タマネギ外皮抽出物のStaphylococcus aureusに対する抗菌効果に関する研究
金沢 和樹
日本農芸化学会2014年度大会   2013年3月   
昆布に入っている健康維持に好ましい二つの成分 [招待有り]
金沢 和樹
医と食の市民公開講座   2013年1月27日   
A preparation of stable powder of health beneficial marine xanthophyll fucoxanthin with polysaccharide fucoidan
金沢 和樹
CRF   2012年11月26日   
MODULATION OF PROSTACYCLIN SECRESION BY DIETARY POLYSULFATED POLYSACCHARIDE F-FUCOIDAN IN HUMANS
金沢 和樹
Carbohydrate symposium   2012年7月23日   
Functional food prepared with marine xanthophyll fucoxanthin and polysulfated polysaccharide fucoidan [招待有り]
金沢 和樹
The 10th International Conference of Food Factors   2011年11月22日   
A co-administration with quercetin to increase bioavailability of biofunctional flavonoids in rat [招待有り]
金沢 和樹
The 5th International Conference on Polyphenols an and Health   2011年10月19日   
Lentinan ameliorates gut inflammation in an in vivo and an in vitro model: a possible inhibition mechanism on IL-8 mRNA expressionin intestinal epithelial cells
金沢 和樹
International Medicinal Mushroom Conference 6   2011年9月26日   
食事ポリフェノールの有効な生理活性 [招待有り]
金沢 和樹
食品新素材研究会   2011年7月14日   
Searching for new functional properties in traditional foods of Japan and South America
金沢 和樹
JST Japan-Argenchin work shop   2010年11月8日   
A creation of novel functional food with marine xanthophyll fucoxanthin and polysaccharide fucoidan [招待有り]
金沢 和樹
韓国食品科学工学会議   2010年6月18日   
昆布キサントフィルのフコキサンチンと多糖フコイダンの安全性と多様な機能性 [招待有り]
金沢 和樹
日本抗加齢医学会総会   2010年6月11日   
A strategy for finding out bioavailable food factors to prevent diseases [招待有り]
金沢 和樹
韓国国際大学招待講演会   2010年5月27日   
Bioavailability and cancer preventing activity of marine xanthophyll fucoxanthin
金沢 和樹
International Conference on Polyphenols and Health   2009年12月9日   
The exact safety of biofunctional Asian ethnic foods [招待有り]
金沢 和樹
IAFP’s Asia Pacific Symposium on Food Safety   2009年11月13日   
Anticarcinogenic activity of Artepillin C in Brazilian propolis following to its bioavailability [招待有り]
金沢 和樹
第一回国際機能性食品学会   2008年11月15日   
Fucoxanthin in brown algae is a bioavailable cancer-preventing food factor
金沢 和樹
第5回国際微量栄養と学会   2008年10月15日   
Anticarcinogenic activity of propolis on colon and hepatic cancers through up-regulation of Cip1/p21 and Kip1/p27 expressions [招待有り]
金沢 和樹
アピメディカ2008   2008年6月11日   
Finding out bioavailable preventing factors in food against colon cancer
金沢 和樹
India国際会議招待講演   2007年12月11日   
A way of thinking for allowance of daily intake of dietary polyphenols [招待有り]
金沢 和樹
ILSI Japan   2007年11月2日   
De-conjugation of quercetin and its cancer preventing activity in carcinogenic process [招待有り]
金沢 和樹
232nd American Chemical Society National Meeting   2006年9月10日   
Finding out bioavailable phytochemicals to express beneficial activity on the health
金沢 和樹
232th American Chemical Society Symposium   2006年9月10日   
Bioavailable polyphenols and flavonoids to prevent diseases
金沢 和樹
Pacifichem、2005   2005年12月15日   
A strategy to find out bioavailable food factors to prevent diseases [招待有り]
金沢 和樹
Symposium in Rutgars Umniversity   2005年9月27日   
Anticarcinogenicity of artepillin C in Brazilian propolis through up-regulation of Cip1/p21 expression in colon cancer
金沢 和樹
Apimodia2005   2005年8月22日   
A strategy to find out bioavailable food factors to prevent cancers [招待有り]
金沢 和樹
The 2nd International Phytochemicals Symposium of Action Mechanism of Phytochemicals   2004年12月3日   
Bioavailable food factors to prevent cancer [招待有り]
金沢 和樹
Symposium on Dietary Factors & Cancer Prevention   2004年9月24日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
メタボローム解析による機能性食物繊維の作用機序解明とその臨床応用に向けた食品開発
農林水産省: 農林水産省新需要創出プロ
研究期間: 2011年7月 - 2014年3月    代表者: 金沢 和樹
DNA塩基の酸化機構解明とそれを抑える高バイオアベラビリティ抗酸化成分の探索
文部科学省: 科学研究補助金
研究期間: 2011年 - 2014年3月    代表者: 金沢 和樹
昆布フコキサンチンを利用した食べ易い微粉末食品の開発
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構: 生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業
研究期間: 2006年7月 - 2011年3月    代表者: 金沢 和樹
タマネギ鬼皮の食素材への応用
兵庫県: 兵庫COE
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 金沢 和樹
食品中の非栄養性機能物質の解析と体系化に関する研究
科学技術庁: 科学技術振興調整費生活者ニーズの対応研究
研究期間: 2000年7月 - 2004年3月    代表者: 金沢 和樹

特許

 
特願2012-019036 : 抗菌剤組成物およびその製造方法
金沢 和樹
特願2008-228418 : フコイダン特異抗体およびそれを用いたフコイダンの免疫学的測定法
金沢 和樹
特開2009-180565 : フコキサンチンの簡易定量法
金沢 和樹
特許4587652号 : 新規フラボノイド化合物、及びその利用
金沢 和樹
特願201202 : フコキサンチン及びフコイダン含有組成物
金沢 和樹
特許4344913号 : ケルセチン組成物、食品保存剤及びその製造方法
金沢 和樹
特許3762979号 : 遺伝子損傷マーカー
金沢 和樹
特開2004-121228 : 収穫後植物のポリフェノール含有量を増加させる方法
金沢 和樹