吉田 弘子

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/06 02:52
 
アバター
研究者氏名
吉田 弘子
所属
大阪経済大学
部署
経済学部経済学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
2012年11月
大阪経済大学 経済学部 経済学科 准教授
 
2012年11月
 - 
現在
大阪経済大学 経済学部 経済学科 教授
 

学歴

 
2000年9月
 - 
2004年6月
テンプル大学(Temple University) Doctor's Program 英語教育(TESOL) 英語教育(TESOL)
 

受賞

 
2009年
外国語教育メディア学会学術賞受賞 共著「CALL授業の展開―その可能性を拡げるために」
 

論文

 
発音の評価
渡辺良典、小泉利恵、飯村英樹、高波幸代(編集委員)吉田弘子
日本言語テスト学会学会誌 20周年記念特別号   146-149   2016年12月   [査読有り][招待有り]
An approach to extensive reading: Active involvement during sustained silent reading
The Language Teacher   38(6) 19-22   2014年11月   [査読有り]
多読授業におけるEPERテスト活用とデータ分析のすすめ
日本多読学会紀要      2014年   [査読有り]
Can TOEIC Bridge test scores predict TOEIC test scores? An investigation of the relationship between TOEIC Bridge and TOEIC tests
吉田弘子
JLTA Journal   15    2012年
Exploring the Assessment of English Pronunciation Using GENOVA and FACETS
吉田弘子
JACET Kansai Journal   (9)    2007年   [査読有り]

Misc

 
書評:「学力」の経済学(中室牧子著)
大阪経大論集   67(6) 139-147   2017年3月
多読学習の成功要因-あるケーススタディ-
経大論集   67(5) 44-55   2017年1月
英語再履修クラスにおける多読指導の成果
大阪経大論集   65(5) 45-57   2015年1月
データで見る英語多読学習導入の効果
吉田弘子
経大論集      2012年
大学英語入学試験への提言-言語テストとWorld Englishesの観点から-
大阪経大論集   61(2) 95-102   2012年

書籍等出版物

 
大学ライティングセンターの構築と運営に関する手引書
Osaka Jogakuin College   2010年   
CALL授業の展開ーその可能性を拡げるために
松柏社   2008年   
An Analytic Instrument for Assessing EFL Pronunciation
UMI   2004年   

講演・口頭発表等

 
Factors Bringing About Different Gains on the Bridge Test : A case study
The 4th Extensive Reading World Congress   2017年8月5日   Extensive Reading Foundation
What Makes Extensive Reading Successful in the EFL classroom: A Case Study
The 54th JACET International Convention   2015年8月29日   JACET
成果をもたらす多読指導:図書館との連携から評価まで
言語エキスポ2015   2015年3月15日   
多読評価に関する一考察 ―EPERテスト分析を通して―
JACET関西秋季大会   2014年11月29日   JACET関西
An Approach to Repeated English Courses Using Learning Through Extensive Reading
The 53rd JACET International Convention   2014年8月30日   JACET

Works

 
多読評価に関するアンケート調査結果
その他   2016年3月
英語多読学習における評価の検証-言語テストの観点から
その他   2016年
本研究は、近年の英語教育で導入が進んでいる英語多読学習の評価に焦点をあて、言語テストの3条件である信頼性・妥当性・実用性を中心に多読学習効果測定のテストを検証し、多読指導におけるあるべき評価方法を提案することを目的とした。
New Ways of Teaching Connected Speech
その他   2012年
書評「英語多読・多聴指導マニュアル(高瀬敦子著」)
その他   2010年

競争的資金等の研究課題

 
多読・多聴を併用した英語学習
大阪経済大学 特別研究費: 
研究期間: 2017年4月 - 現在    代表者: 吉田 弘子
英語多読学習における評価の検証-言語テストの観点から
大阪経済大学: 基盤(C)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 吉田弘子
英文多読による英語教育改善のための一研究
研究期間: 2012年3月 - 2012年4月
英文多読が英語習得に及ぼす効果
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
大学生の語彙知識に関する研究
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月