日下 菜穂子

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/08 17:49
 
アバター
研究者氏名
日下 菜穂子
 
クサカ ナホコ
URL
http://dwc-gensha.jp/HP_kusaka/top.html
所属
同志社女子大学
部署
現代社会学部社会システム学科
職名
教授
学位
(教育心理学)博士(関西学院大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
同志社女子大学 現代社会学部 教授
 
2007年4月
 - 
2011年3月
同志社女子大学 現代社会学部 准教授
 
2002年4月
 - 
2003年3月
同志社女子大学 現代社会学部 専任講師
 
2003年4月
 - 
2006年3月
同志社女子大学 現代社会学部 助教授
 
1998年4月
 - 
2002年3月
関西福祉科学大学 社会福祉学部 専任講師
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本老年行動科学会学会誌編集委員会  副編集委員長
 
2017年4月
 - 
現在
日本老年行動科学会  常任理事
 
2011年4月
 - 
現在
日本老年行動科学会  常任編集委員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
日本老年社会科学会  老年社会科学査読委員
 
2015年8月
 - 
2016年3月
京田辺市  総合計画審議会委員
 

論文

 
生きがい創造プログラムによる介入の高齢女子受刑者の主観的well-beingにおける影響
石川眞理子・桂薫・小橋弘子・下村篤子・増田香織・土田宣明
心理臨床学研究   33(3) 263-274   2015年8月   [査読有り]
青年期・成人期・老年期における発達研究の動向
日下 菜穂子
教育心理学年報   54 16-29   2015年3月   [査読有り]
The Effect of Community-Based Psycho-Educational Program for Depression Prevention of Older Adults -Comparison with Severity of Depression-
日下 菜穂子
同志社女子大学総合文化研究所紀要   30 12-21   2013年7月   [査読有り]
高齢者のうつ病の理解と認知行動療法に基づく心理的アプローチ
日下 菜穂子
臨床老年看護   19(3) 51-57   2012年5月
高齢者のうつ予防のための認知行動療法に基づく生きがいづくりプログラム:大学生スタッフのキャリア構築過程における効果の実証
日下 菜穂子
同志社女子大学総合文化研究所紀要   29 40-49   2012年3月   [査読有り]

Misc

 
高齢者の抑うつ症状と健康状態および自動思考の関連
同志社女子大学学術研究年報,58, 71-75.   58 71-75   2007年
高齢者の「自立」への意欲を高める心理的アプローチ
高齢者ケア   9(1) 41-48   2005年
Erikson理論に基づく老年期の心理社会的発達尺度(OEPSI)の作成
総合文化研究所紀要   21巻 97-105    2004年
痴呆性高齢者に実施した高齢者用絵画統覚検査(PAAM)の有効性と心理特性の関する研究
老年社会科学   Vol. 21-1 pp82-75    1999年
中高年のボランティア活動参加の意義
老年社会科学   Vol 19-2 PP. 151-159    1998年

書籍等出版物

 
人生の意匠:心理・社会・超越性からのアプローチ
日下 菜穂子・三宅えり子・才藤千津子 (担当:共編者)
ナカニシヤ出版   2016年11月   
よくわかる高齢者心理学
ミネルヴァ書房   2016年6月   
テキスト心理学
ナカニシヤ出版   2015年5月   
高齢者のこころとからだ事典
中央法規   2014年9月   
シリーズ発達心理学 エピソードでつかむ老年心理学
大川一郎、土田宣明、宇都宮博、日下菜穂子、奥村由美子日下 菜穂子 (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   2011年4月   

講演・口頭発表等

 
Cognitive Behavioral Group Therapy for Increasing Activity Levels in Patients with Chronic Fatigue Syndrome
World Congress of Cognitive & Behavioural Therapies   2007年   
高齢者のうつに対する認知行動療法の取り組み
日本心理臨床学会第25回大会   2006年   
A study of depression in the elderly, considering the relationship among the factors of family resilience, health conditions and social roles
International Family Therapy Association The 15th. World Congress, Iceland   2006年   

Works

 
関西文化学術研究都における共生型まちづくりの研究
2000年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
地域での高齢者のうつ予防の心理教育プログラムの開発と支援体制の構築に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 日下 菜穂子
自律型共生社会構築のための生涯にわたるライフ・デザイニング教育の教材開発
京都産学公連携機構文理融合: 文系産学連携促進事業
研究期間: 2013年8月 - 2014年7月    代表者: 日下 菜穂子
高齢者のうつに対する集団認知行動療法の地域における実証研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 日下 菜穂子
高齢期うつ病に対する認知行動療法
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 日下菜穂子
高齢者のうつに対する集団認知行動療法の地域における実践研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金萌芽研究
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 日下菜穂子

特許

 
特許第5938070号 : 思考補助具(Wonderful Cube)
日下 菜穂子