渡邊 博

J-GLOBALへ         更新日: 15/09/30 13:15
 
アバター
研究者氏名
渡邊 博
 
ワタナベ ヒロシ
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00019656.html

経歴

 
 
   
 
中央大学 文学部 教授
 
1991年4月
   
 
~ 中央大学文学部教授
 
1984年4月
 - 
1991年3月
 中央大学文学部助教授
 
1979年4月
 - 
1984年3月
 中央大学文学部専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東京大学 理学系研究科 科学史・科学基礎論専攻
 

委員歴

 
2008年
   
 
科学基礎論学会  監事
 
1998年
   
 
日本科学哲学会  監事
 

Misc

 
『ハムレット』と新コスモロジー(Ⅰ)――Peter Usherの新解釈を問う――
渡辺博
中央大学論集   (第31号) 75-89   2010年3月
高橋憲―『ガリレオの迷宮-自然は数学の言語で書かれているか-』
西洋史学論集   (45)    2007年12月
学んで100年: 特殊相対性理論
科学哲学   Feb-39(2006) 33-42   2006年12月
冥府考2-P.KingsleyとR.Pagetの研究を参考に-
中央大学論集   (23) 1-15   2002年3月
斉藤了文著『〈ものづくり〉と複雑系』
科学哲学   33(2)    2000年11月

書籍等出版物

 
ポスト経験主義の科学論
岩波書店   1994年4月   
科学とは何か-12のフォーカス-
北樹出版    1992年5月   
実在論の系譜学によせて
朝倉書店   1990年4月   
言語・科学・人間-実在論をめぐって
朝倉書店    1990年2月   
S.ボホナー他『無限と超越』
平凡社    1988年5月   

講演・口頭発表等

 
科学における経験と実在(シンポジウムパネラー)
第21回日本科学会大会   1988年   
ニューサイエンスは科学か(シンポジウムパネラー)
第18回日本科学哲学会大会   1985年   
推論と規則
日本認知科学会準備会   1983年   
科学哲学の展望(シンポジウムパネラー)
第14回日本科学哲学会大会   1981年   
科学革命について
第11回日本科学哲学会大会   1978年   

競争的資金等の研究課題

 
時間の実在性と非対称性についての哲学的考察
研究期間: 2008年   
シェイクスピアとトマス・ディゲス
研究期間: 2006年   
ミトラ教と古代天文学
研究期間: 2004年   
科学的実在論の意味と妥当性についての考察
研究期間: 2008年   
古代の世界観及び宗教の自然主義的観点からの解明と比較文化論的考察
研究期間: 2008年