武者 満

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/08 02:53
 
アバター
研究者氏名
武者 満
 
ムシヤ ミツル
URL
http://www.ils.uec.ac.jp/~musha/index.html
所属
電気通信大学
部署
コヒーレント光量子科学研究機構レーザー新世代研究センター
職名
准教授
学位
工学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
40303028

経歴

 
2010年10月
   
 
電気通信大学レーザー新世代研究センター 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年3月
麻布高等学校  
 
 
 - 
1989年3月
東京大学 工学部 資源開発工学科
 
 
 - 
1991年3月
東京大学 理学系研究科 相関理化学専攻
 
 
 - 
1994年3月
東京工業大学 総合理工学研究科 物理情報専攻
 

委員歴

 
2001年4月
 - 
2007年4月
応用物理学会  プログラム委員
 
2015年4月
   
 
電気電子工学委員会第23期URSI分科会電磁波計測小委員会  委員長
 
2016年4月
   
 
超精密周波数計測とその比較技術による回路技術調査専門委員会  委員
 

論文

 
High power narrow-linewidth linearly-polarized 1610 nm Er:Yb all-fiber MOPA
Eisuke Fujita, Yutaka Mashiko, Seira Asaya, Mitsuru Musha, and Masaki Tokurakawa
Optics Express   24(23) 26255-26260   2016年11月   [査読有り]
Developments of highly frequency and intensity stabilized laser for space gravitational wave detector DECIGO/Pre-DECIGO
Aru Suemasa, Ayumi Shimo-oku, Ken'ichi Nakagawa, Mitsuru Musha,
Proceedings of ICSO 2016   2c-29    2016年10月   [査読有り]
Space gravitational wave detector DECIGO/Pre-DECIGO
Mitsuru Musha
Proceedings of ICSO 2016   12b-21    2016年10月   [査読有り]
Pre-DECIGO can get the smoking gun to decide the astrophysical or cosmological origin of GW150914-like binary black holes
Takashi Nakamura, Masaki Ando, Tomoya Kinugawa, Hiroyuki Nakanao, Kazunari Eda, Shuichi Sato, Mitsuru Musha, Tomotada Akutsu, Takahiro Tanaka, Naoki Seto, Nobuyuki Kanda and Youske Itoh
Progress of Theoretical and Experimental Physics   2016(9) 093E01   2016年9月   [査読有り]
A Watt-class narrow-linewidth MOFPA system at 813 nm by usinga Tm3+-doped fluoride fiber amplifier for the Sr optical lattice clock
Eiji Kajikawa, Yu-ichi Takeuchi, Kenta Kohno, Ken'ichi Nakagawa, Mitsuru Musha
Proceedings of CLEO EUROPE 2015   CJ-14 2-2   2015年6月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Developments of highly frequency and intensity stabilized lasers for space gravitational wave detector :DECIGO
Aru Suemasa, Ayumi Shimo-oku, Ken'ichi Nakagawa, Mitsuru Musha
CLEO-Europe 2017   2017年6月29日   European Physical Society
Frequency-stabilized lasers & their applications -from X-FEL to gravitational wave detection- [招待有り]
Mitsuru Musha
Ginzburg Centennial Conference on Physics   2017年5月30日   Lebedev Physical Institute
Developments of optical frequency comb for dual-comb spectroscopy and high precision frequency reference
Youhei Saito, Kana Matsusaka, Mitsuru Musha
THe fourth MIPT-LPI-UEC Joint Workshop on Atomic, Molecular, Optical Physic   2017年3月27日   Moscow Institute of Physics and Technology Univ. of Electro-communications Lebedev Physical Institute
Developments of highly frequency and intensity stabilized lasers for space gravitational wave detector
Aru Suemasa, Ayumi Shimo-oku, Mitsuru Musha
THe fourth MIPT-LPI-UEC Joint Workshop on Atomic, Molecular, Optical Physic   2017年3月27日   Moscow Institute of Physics and Technology Univ. of Electro-communications Lebedev Physical Institute
スペース重力波アンテナDECIGO計画(80):安定化光源
下奥あゆ美、末正有、中川賢一、武者満
日本物理学会第72回年次大会   2017年3月18日   日本物理学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
宇宙重力波干渉計の地上試験モデルの完成
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 中村卓史
宇宙重力波検出器DECIGOを実現するための要素技術の開発を目指す。この内で、基幹技術の1つである衛星搭載用超周波数安定化光源の研究を行う
重力波観測望遠鏡 Pre-DECIGO のミッション検討
宇宙航空研究開発機構: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 安東正樹
小型科学衛星戦略的開発経費 小型重力波観測衛星DPFのミッション検討
宇宙航空研究開発機構: 研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 安東正樹
宇宙重力波検出器DECIGOの前哨衛星DPFを開発するための検討と研究開発にかんする助成である
この経費で衛星搭載用周波数安定化光源の開発を進める
小型科学衛星戦略的開発経費 小型重力波観測衛星DPFのミッション検討
宇宙航空研究開発機構: 研究助成
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 安東正樹
宇宙重力波検出器DECIGOの前哨衛星DPFを開発するための検討と研究開発にかんする助成である
この経費で衛星搭載用周波数安定化光源の開発を進める
小型科学衛星戦略的開発経費 小型重力波観測衛星DPFのミッション検討
宇宙航空研究開発機構: 研究助成
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 安東正樹
宇宙重力波検出器DECIGOの前哨衛星DPFを開発するための検討と研究開発にかんする助成である
この経費で衛星搭載用周波数安定化光源の開発を進める