藤岡 真由美

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/17 17:09
 
アバター
研究者氏名
藤岡 真由美
 
フジオカ マユミ
eメール
mfujiokalas.osakafu-u.ac.jp
所属
大阪府立大学
部署
高等教育推進機構
職名
教授
学位
博士(言語教育)(インディアナ大学(アメリカ合衆国))

プロフィール

広島大学卒。
米国インディアナ大学修士、博士課程修了(MA 言語学 PhD 言語教育学)。
近畿大学講師、准教授を経て現在は大阪府立大学教授。広島大学、大阪大学、京都大学にても非常勤講師を担当。
専門分野はアカデミックライティングと語用論。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
大阪府立大学 高等教育推進機構 教授
 
2014年4月
 - 
2016年3月
大阪府立大学 高等教育推進機構 准教授
 
2010年4月
 - 
2014年3月
- 近畿大学薬学部 准教授
 
2007年
 - 
2010年
近畿大学語学教育部 准教授
 
2006年
 - 
2007年
近畿大学語学教育部 助教授
 

学歴

 
1994年8月
 - 
1999年2月
インディアナ大学 教育学部 言語教育学科博士課程修了
 
1992年8月
 - 
1994年5月
インディアナ大学 言語学部 英語教授法および応用言語学修士課程修了
 
1990年4月
 - 
1992年9月
広島大学 社会科学研究科 アメリカ地域研究博士課程前期修了
 
1986年4月
 - 
1990年3月
広島大学 総合科学部 総合科学科 外国語コース 英語専攻 卒業
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
学術英語学会  理事
 
2015年6月
 - 
現在
学術英語学会  代議員
 
2015年4月
 - 
現在
JACET  大学英語教育学会賞・学術出版物選考委員会選考委員
 
2011年11月
 - 
現在
JALT CUE (College and University Education)  Online Journal 論文査読委員
 
2003年6月
 - 
2010年6月
全国語学教育学会 JALT  語用論部会役員 会計
 

受賞

 
2011年9月
大学英語教育学会 実践賞 Writing for Academic Purposes 英作文を卒業して英語論文を書く
受賞者: 京都大学アカデミックライティング研究会
 

論文

 
Genre-based instruction in a graduate-level English academic writing course
藤岡 真由美
Osaka Prefecture Language Center Journal   16 1-15   2017年3月
Student self-assessment in L2 pragmatic development during a study-abroad program
藤岡 真由美
Back to basics: Filling the gaps in pragmatics teaching materials   132-139   2016年6月
L2 student-U.S. professor interactions through disciplinary writing assignments: An activity theory perspective
藤岡 真由美
Journal of Second Language Writing   25 40-58   2014年9月   [査読有り]
Gradute academic literacy practices in English: A Japanese student's thesis writing in Japan and New Zealand
藤岡 真由美
LED 2011: Refereed conference proceedings of the 3rd International Conference on Language, Education, and Diversity   1-27   2013年9月   [査読有り]
From praise to critique in offering peer feedback on writing
藤岡 真由美
The 2012 Pan-SIG Conference Proceedings   86-91   2013年2月   [査読有り]

Misc

 
Raising pragmatic consciousness in the Japanese EFL classroom
The Language Teacher   27(5), 12-14    2003年
Strategy development in English academic reading and writing: Two Japanese graduate students in the U.S.
The Proceedings of the 29th JACET Summer Seminar 2001, Tokyo: The Japan Association of College English Teachers   42-45    2002年
Film analysis: A way to raise Japanese EFL learners' sociolinguistic awareness
近畿大学視聴覚教育   3, 15-25    2004年
「特集 学習ストラテジーを授業に!様々なスキルへの転用も意識させて
大修館書店「英語教育」   53(7), 30-32    2004年

書籍等出版物

 
Writing for academic purposes - 英作文を卒業して英語論文を書く
藤岡 真由美 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 8 Writing the abstract, Chapter 9 Writing the introduction, Chaper 13 Focusing on the structure: Comparison and contrast)
ひつじ書房   2010年4月   
The speech act of suggesting as part of peer response activities
Pragmatics in language learning: Theory and practice. Tokyo:The Japan Assciation for Language Teaching   2005年   
第4章 学習ストラテジー指導に向けて
「言語学習と学習ストラテジー」。東京:リーベル出版   2005年   
第7章:学習ストラテジーの効果的指導法
「言語学習と学習ストラテジー」東京:リーベル出版   2005年   
自分のことを書こう、比べてみよう 「英語教師のための学習ストラテジーハンドブック」
大修館書店   2006年   ISBN:4-469-24512-7

講演・口頭発表等

 
Genre approach in a graduate-level English academic writing course for science students
藤岡 真由美
The 9th Symposium on Writing Centers in Asia   2017年3月6日   
Writing center tutors’ assistance with science papers: their genre knowledge construction and modification
藤岡 真由美
European Writing Centers Association Conference   2016年7月8日   
大学院共通教育英語アカデミックライティング授業:理論から実践へ
藤岡 真由美
学術英語学会   2016年6月26日   
A sociocultural approach to teaching pragmatics
藤岡 真由美
JALT Pan SIG Conference   2016年5月21日   
EAP writing tutors’ development of genre knowledge for science papers
藤岡 真由美
Symposium on Second Language Writing   2015年11月19日   

競争的資金等の研究課題

 
大学院共通教育学術英語に関する現状と展望
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 藤岡 真由美
ライティングセンターにおけるチューターの成長支援に関する実態調査
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 藤岡 真由美
日本人大学生の英語におけるアカデミック・リテラシーの習得について
その他の研究制度
研究期間: 1997年 - 2004年
日本人大学院生の英語における論文作成過程について
JST若手研究者研究推進事業(TOREST)
研究期間: 2004年 - 2007年
"Communities of Practice" 理論のアカデミックリテラシー研究への応用
研究期間: 2009年 - 2011年