生田目 康子

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/28 00:00
 
アバター
研究者氏名
生田目 康子
 
ナマタメ ヤスコ
所属
広島国際大学
部署
工学部 情報通信学科 広島国際大学 社会環境科学部 情報通信学科
職名
教授
学位
博士(工学)(長岡技術科学大学), 経営学修士(横浜市立大学)

研究分野

 
 

Misc

 
The Effective Usage of the Results of Self-check Quizzes.
生田目康子・植野真臣
The 15th International Conference on Computers in Education. Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE) 2007.   1 pp.221-224.   2007年
The Effective Usage of the Results of Self-check Quizzes.
生田目康子・植野真臣
The 7th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies. Proceedings of ICALT2007   439-441   2007年
Using Quiz Results Effectively.
生田目康子・植野真臣
AACE World Conference on E-Learning (E-learn2006)、 Proceedings of E-Learn 2006.   242-249   2006年
繰返し小テストによる学習者の知識構造の評価手法
生田目康子・植野真臣
第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006)、LK_004、情報技術レターズ   273-274   2006年
A Method to Evaluate Learner’s Knowledge Structure in e-Learning.
生田目康子・植野真臣
The 6th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies.Proceedings of ICALT 2006   43-45   2006年

書籍等出版物

 
「みんなのe-ラーニング―体験的授業改革論―」単著
中央経済社   2002年2月   ISBN:4-502-41370-4
「学びとコンピュータ ハンドブック」共著
東京電機大学出版局   2008年8月   ISBN:987-4-501-54420-1
「高等教育とIT -授業改善へのメディア活用とFD-」共著
玉川大学出版部   2003年10月   ISBN:4-472-40298-X
「管理会計−決断と戦略−」共著
税務経理協会   2000年4月   ISBN:4-419-03510-2
「ソフトウェア価格決定の理論と実務」共著
中央経済社   1998年12月   ISBN:4-502-16152-7

Works

 
「インターネット双方向通信環境における在宅学生の理解度把握及び個別指導の実証実験」1998年 全国大学・短期大学実務教育協会
1998年
通信・放送衛星機構「小松短期大学・小松市 マルチメディア・モデルキャンパス事業」e-ラーニングの実証実験
1998年

競争的資金等の研究課題

 
メディアFDの研究開発
その他の研究制度
研究期間: 2000年   
遠隔授業の有効性評価
その他の研究制度
研究期間: 2002年   
eラーニングにおける適応的学習支援機能を持つ知的LMSの開発
その他の研究制度
研究期間: 2006年 - 2009年
e-ラーニングによる地域住民むけ生涯教育の活性化
その他の研究制度