酒井 宏治

J-GLOBALへ         更新日: 14/03/25 18:15
 
アバター
研究者氏名
酒井 宏治
 
サカイ コウジ
所属
厚生労働省 国立感染症研究所
職名
主任研究官
学位
獣医学博士(北里大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2006年
北里大学 獣医畜産学研究科 獣医学
 
 
 - 
2002年
北里大学 獣医畜産学部 獣医学科
 

論文

 
Sakai K, Ami Y, Tahara M, Kubota T, Anraku M, Abe M, Nakajima N, Sekizuka T, Shirato K, Suzaki Y, Ainai A, Nakatsu Y, Kanou K, Nakamura K, Suzuki T, Komase K, Nobusawa E, Maenaka K, Kuroda M, Hasegawa H, Kawaoka Y, Tashiro M, Takeda M
Journal of virology      2014年3月   [査読有り]
Abe M, Tahara M, Sakai K, Yamaguchi H, Kanou K, Shirato K, Kawase M, Noda M, Kimura H, Matsuyama S, Fukuhara H, Mizuta K, Maenaka K, Ami Y, Esumi M, Kato A, Takeda M
Journal of virology   87 11930-11935   2013年11月   [査読有り]
Sakai K, Yoshikawa T, Seki F, Fukushi S, Tahara M, Nagata N, Ami Y, Mizutani T, Kurane I, Yamaguchi R, Hasegawa H, Saijo M, Komase K, Morikawa S, Takeda M
Journal of virology      2013年4月   [査読有り]
Tahara M, Ohno S, Sakai K, Ito Y, Fukuhara H, Komase K, Brindley MA, Rota PA, Plemper RK, Maenaka K, Takeda M
Journal of virology   87(6) 3583-3586   2013年3月   [査読有り]
Tahara M, Ito Y, Brindley MA, Ma X, He J, Xu S, Fukuhara H, Sakai K, Komase K, Rota PA, Plemper RK, Maenaka K, Takeda M
Journal of virology   87(1) 666-675   2013年1月   [査読有り]
Sakai K, Nagata N, Ami Y, Seki F, Suzaki Y, Iwata-Yoshikawa N, Suzuki T, Fukushi S, Mizutani T, Yoshikawa T, Otsuki N, Kurane I, Komase K, Yamaguchi R, Hasegawa H, Saijo M, Takeda M, Morikawa S
Journal of virology   87(2) 1105-1114   2013年1月   [査読有り]
Otsuki N, Sekizuka T, Seki F, Sakai K, Kubota T, Nakatsu Y, Chen S, Fukuhara H, Maenaka K, Yamaguchi R, Kuroda M, Takeda M
Virology   435(2) 485-492   2013年1月   [査読有り]
Otsuki N, Nakatsu Y, Kubota T, Sekizuka T, Seki F, Sakai K, Kuroda M, Yamaguchi R, Takeda M
PloS one   8 e82343   2013年   [査読有り]
Pratakpiriya W, Seki F, Otsuki N, Sakai K, Fukuhara H, Katamoto H, Hirai T, Maenaka K, Techangamsuwan S, Lan NT, Takeda M, Yamaguchi R
Journal of virology   86(18) 10207-10210   2012年9月   [査読有り]
Abe M, Ito N, Sakai K, Kaku Y, Oba M, Nishimura M, Kurane I, Saijo M, Morikawa S, Sugiyama M, Mizutani T
Virus genes   43(2) 243-248   2011年10月   [査読有り]
Mizutani T, Sayama Y, Nakanishi A, Ochiai H, Sakai K, Wakabayashi K, Tanaka N, Miura E, Oba M, Kurane I, Saijo M, Morikawa S, Ono S
Virology   412(1) 179-187   2011年3月   [査読有り]
Isawa H, Kuwata R, Hoshino K, Tsuda Y, Sakai K, Watanabe S, Nishimura M, Satho T, Kataoka M, Nagata N, Hasegawa H, Bando H, Yano K, Sasaki T, Kobayashi M, Mizutani T, Sawabe K
Virus research   155(1) 147-155   2011年1月   [査読有り]
Saijo M, Ami Y, Suzaki Y, Nagata N, Iwata N, Hasegawa H, Iizuka I, Shiota T, Sakai K, Ogata M, Fukushi S, Mizutani T, Sata T, Kurata T, Kurane I, Morikawa S
The Journal of general virology   90(9) 2266-2271   2009年9月   [査読有り]
Iizuka I, Saijo M, Shiota T, Ami Y, Suzaki Y, Nagata N, Hasegawa H, Sakai K, Fukushi S, Mizutani T, Ogata M, Nakauchi M, Kurane I, Mizuguchi M, Morikawa S
Journal of medical virology   81 1102-1108   2009年6月   [査読有り]
Sakai K, Ueno Y, Ueda S, Yada K, Fukushi S, Saijo M, Kurane I, Mutoh K, Yoshioka K, Nakamura M, Takehara K, Morikawa S, Mizutani T
Veterinary microbiology   134 227-232   2009年3月   [査読有り]
Yamao T, Eshita Y, Kihara Y, Satho T, Kuroda M, Sekizuka T, Nishimura M, Sakai K, Watanabe S, Akashi H, Rongsriyam Y, Komalamisra N, Srisawat R, Miyata T, Sakata A, Hosokawa M, Nakashima M, Kashige N, Miake F, Fukushi S, Nakauchi M, Saijo M, Kurane I, Morikawa S, Mizutani T
Archives of virology   154 153-158   2009年   [査読有り]
Watanabe S, Mizutani T, Sakai K, Kato K, Tohya Y, Fukushi S, Saijo M, Yoshikawa Y, Kurane I, Morikawa S, Akashi H
Journal of clinical virology : the official publication of the Pan American Society for Clinical Virology   43 56-59   2008年9月   [査読有り]
Jahangir A, Watanabe Y, Chinen O, Yamazaki S, Sakai K, Okamura M, Nakamura M, Takehara K
Avian diseases   52(1) 49-53   2008年3月   [査読有り]
Maeda K, Hondo E, Terakawa J, Kiso Y, Nakaichi N, Endoh D, Sakai K, Morikawa S, Mizutani T
Emerging infectious diseases   14 347-349   2008年2月   [査読有り]
Kihara Y, Satho T, Eshita Y, Sakai K, Kotaki A, Takasaki T, Rongsriyam Y, Komalamisra N, Srisawat R, Lapcharoen P, Sumroiphon S, Iwanaga S, Ushijima H, Endoh D, Miyata T, Sakata A, Kashige N, Miake F, Fukushi S, Saijo M, Kurane I, Morikawa S, Mizutani T
Journal of virological methods   146 372-374   2007年12月   [査読有り]
Sakai K, Sakabe G, Tani O, Watanabe Y, Jahangir A, Nakamura M, Takehara K
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   69(12) 1307-1311   2007年12月   [査読有り]
Fukushi S, Mizutani T, Sakai K, Saijo M, Taguchi F, Yokoyama M, Kurane I, Morikawa S
Journal of virology   81(19) 10831-10834   2007年10月   [査読有り]
Mizutani T, Endoh D, Okamoto M, Shirato K, Shimizu H, Arita M, Fukushi S, Saijo M, Sakai K, Lim CK, Ito M, Nerome R, Takasaki T, Ishii K, Suzuki T, Kurane I, Morikawa S, Nishimura H
Emerging infectious diseases   13 322-324   2007年2月   [査読有り]
Sakai K, Mizutani T, Fukushi S, Saijo M, Endoh D, Kurane I, Takehara K, Morikawa S
Archives of virology   152 1763-1765   2007年   [査読有り]
Sakai K, Sakabe G, Tani O, Nakamura M, Takehara K
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   68(6) 627-629   2006年6月   [査読有り]
Sakai K, Yada K, Sakabe G, Tani O, Miyaji K, Nakamura M, Takehara K
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   68(5) 491-494   2006年5月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 酒井 宏治
高熱と急性の呼吸器症状を伴うインフルエンザ様症状を呈し入院した海外渡航者からウイルスが分離された。そのウイルスは、過去3例のみ論文報告のある極めて稀なオルソレオウイルスのネルソンベイウイルスに属する新型レオウイルスであった。本研究では、その分離株の性状解析を実施すると共に、インフルエンザやSARSとの類症鑑別を視野にいれたウイルス遺伝子検出系および血清学的診断系の開発、動物感染実験を行い、新興感染症としての新型レオウイルスのコントロール法の確立を試みた。1.分離株の塩基配列決定:分離株の4...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 水谷 哲也
獣医学領域においては未知のウイルスの感染が疑われる疾患は少なくない。検体導入時に既知のウイルスを検出できるプライマーセットを用いてPCRをおこない、既知のウイルスが検出されない場合には網羅的に検出できる方法(Rapid determination system of viral RNA/DNA nucleic acid sequences : RDV法)を用いて未知のウイルスを検出できるシステムを構築した。本研究では、ウイルスの網羅的検出方法を感度や操作方法を改良しながら、どの研究室でも取...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
代表者: 久和 茂
本年度の研究では、(1)実験動物及び野生マウスにおけるMNV疫学的調査、(2)MNV診断系の確立、(3)マウスにおけるMNV感染症モデルの解析、(4)MNVの動物実験への影響に関する検討、および(5)MNVの弱酸性水による不活化に関する検討を実施した。(1)4つの動物実験施設150検体から35株のMNVを分離した。これら分離株において、既知の分離株と系統学的に大きく異なる株は認められなかった。ELISAを用いた血清抗体検査では、51.9%(152/293)で抗体陽性であった。これとは別に、...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B), 若手研究(B))
代表者: 酒井 宏治
(1)カニクザル分離株の全塩基配列の決定カニクイザル感染臓器乳剤からイヌSLAM発現Vero細胞で分離されたCDV/dog-Vero、それをヒトSLAM発現Vero細胞に馴化したCDV/human-Veroの全配列決定を行った。馴化により、Hタンパク質に1アミノ酸変異が認められた。Hタンパク質の系統解析では、アジア1型に分類され、同時期に中国のアカゲサルから分離されたCDVと近縁であった。Hタンパク質及びFタンパク質でCDV株間で高度に保存されているに領域でそれぞれ4及び8箇所のアミノ酸変...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
代表者: 酒井 宏治