丸山 達生

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/12 02:59
 
アバター
研究者氏名
丸山 達生
 
マルヤマ タツオ
所属
神戸大学
部署
大学院工学研究科 応用化学専攻
職名
准教授
学位
修士(工学)(東京大学), 博士(工学)(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2002年3月
東京大学 大学院工学系研究科博士課程化学生命工学専攻修了  
 

委員歴

 
 
   
 
化学工学会  関西支部幹事
 

受賞

 
2006年3月
日本化学工学会 化学工学会 奨励賞 マイクロ空間における流体制御を利用した高効率反応分離システムの構築
 

論文

 
Ryuuichi Hiraoka, Yuuichi Funasaki, Ishii Jun, Maruyama Tatsuo
Chemical Communications   51 17447-17450   2015年10月   [査読有り]
Kataoka Toshikazui, Ishioka Yumi, Mizuhata Minoru, Minami Hideto, Maruyama Tatsuo
ACS Applied Materials & Interfaces   7 23346–23352   2015年8月   [査読有り]
Shiota Saori, Yamamoto Shunsuke, Shimomura Ayane, Ojida Akio, Nishino Takashi, Maruyama Tatsuo
Langmuir   31 125-131   2015年7月   [査読有り]
TOKUDA KAYA, NODA MIKI, MARUYAMA TATSUO, KOTERA MASARU, NISHINO TAKASHI
Polymer Journal   47 328-333   2015年1月   [査読有り]
Tanaka Akiko, Fukuoka Yuki, Morimoto Yuka, Honjo Takafumi, Koda Daisuke, Goto Masahiro, Maruyama Tatsuo
Journal of the American Chemical Society   137 770-775   2015年1月   [査読有り]

Misc

 
マイクロ空間での溶媒抽出
丸山 達生
分離技術   38(3), 135-139    2008年6月
タンパク質と金(gold)の意外な関係
丸山 達生
バイオサイエンスとインダストリー   66, 20-21    2007年11月
リボヌクレアーゼ、デオキシリボヌクレアーゼ活性のON-OFF制御
丸山 達生, 後藤 雅宏
同仁ニュース   117, 12    2006年
ナノ集合体逆ミセルを用いた遺伝子診断
丸山 達生, 後藤 雅宏
化学工業   Vol 55, No. 4, 263-267    2004年4月
選択的分離技術としての液膜法の新展開
藤雅宏, 久保田富生子, 丸山 達生
ケミヤカルエンジニヤリング   48、49-55    2003年

書籍等出版物

 
丸山 達生 (担当:共著)
シーエムシー出版   2015年7月   
タンパク質性バイオマスを用いた貴金属のリサイクル
マイクロ/ナノカプセルの調製、徐放性制御と応用事例
丸山 達生 (担当:共著)
技術情報協会   2014年10月   ISBN:978-4861045592
ゲルの安定化と機能性付与
丸山 達生 (担当:共著)
技術情報協会   2013年12月   ISBN:978-4861045141
タンパク質を用いた貴金属リサイクル
丸山 達生 (担当:共著)
産業調査会   2012年3月   
Handbook of Lipid Enzymology
Masahiro Goto, Noriho Kamiya, Tatsuo Maruyama (担当:共著)
Marcel Dekke   2005年   

講演・口頭発表等

 
Layer-by-Layer法による生体高分子を用いた安全な抗菌性薄膜の開発
東 千誠, 平岡 隆一, 舟崎 裕一, 丸山 達生
先端膜工学機構研究推進機構春季講演会   2016年3月   先端膜工学機構
ポリメラーゼ連鎖反応を利用したDNA―金ナノ粒子ハイブリッドゲルの作製と特性評価
永口侑香, 加藤智晴, 田中勉, 丸山 達生
化学工学会第81年会本部大会   2016年3月   化学工学会
蛍光物質を用いた固体表面上アミノ基の新規定量方法の開発
丸山 達生, 塩田 彩織, 下村 文音, 王子田 彰夫, 西野 孝
化学工学会 第81年会   2016年3月   化学工学会
重合性界面活性剤を用いた金属ナノ粒子表面の機能化
東 千誠, 舟崎 裕一, 丸山 達生
化学工学会第81回年会   2016年3月   化学工学会
新規pH応答性超分子ゲル化剤の開発
西森 圭亮, 北畑 繁, 西野 孝, 丸山 達生
第18回化学工学会学生発表会   2016年3月   化学工学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 丸山 達生
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年       代表者: 丸山 達生
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2010年       代表者: 松山 秀人
環境研究「廃食品性バイオマスを用いたレアメタル高選択的分離技術の開発」
研究期間: 2010年       代表者: 丸山 達生
循環型「廃食品性バイオマスを用いたレアメタル高選択的分離技術の開発」
研究期間: 2009年       代表者: 丸山 達生

特許

 
特許5936187 : 反応性界面活性剤
丸山 達生, 宝得 一貴
特許5780519 : アフィニティー機能を有する多孔膜を製造する方法およびタンパク質を分離精製する方法
丸山 達生, 松山 秀人, 本庄 崇文
特許5524779 : ポリフッ化ビニリデン多孔質濾過膜の製造方法
松山 秀人, 丸山 達生, 西垣内 修
特許5499270 : アフィニティー機能を有する多孔膜を製造する方法およびタンパク質を分離精製する方法
丸山 達生, 松山 秀人, 田林 俊介