吉川 裕

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/12 14:12
 
アバター
研究者氏名
吉川 裕
 
ヨシカワ ユタカ
eメール
yosikawakugi.kyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
大学院理学研究科 地球惑星科学専攻
職名
准教授
学位
博士(理学)(京都大学)

プロフィール

地球の気候変動に重要な役割を果たす海洋を力学の側面から研究している。現場観測や数値シミュレーションなど、実験から普遍的な海洋力学を帰納することを得意としている。教育に関しては、研究者や地球物理学の素養を備えた社会人の養成を目指している。これらの活動を通じて、京都のそして日本の海洋学が進展すれば幸いである。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2013年6月
 - 
現在
京都大学大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 准教授
 
1997年4月
 - 
2000年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
2002年4月
 - 
2007年3月
九州大学 応用力学研究所 助教授
 
2007年4月
 - 
2013年5月
九州大学 応用力学研究所 准教授
 

学歴

 
1995年4月
 - 
2000年3月
京都大学 大学院 理学研究科 地球惑星科学
 
1995年4月
 - 
2000年3月
Kyoto University Graduate School of Science Earth and Planetary Sciences
 
1991年4月
 - 
1995年3月
京都大学 理学部 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
Kyoto University Faculty of Science 
 

論文

 
海洋表層混合層における乱流混合に関する研究
吉川 裕、遠藤 貴洋
海の研究   26(5) 239-250   2017年9月   [査読有り]
Yoshinobu Wakata, Takahiro Endoh and Yutaka Yoshikawa
Continental Shelf Research   145 21-31   2017年7月   [査読有り]
John Philip Matthews, Lev Ostrovsky, Yutaka Yoshikawa, Satoru Komori and Hitoshi Tamura
Nature Geoscience   10 598-603   2017年7月   [査読有り]
T. Shikata, G. Onitsuka, K. Abe, S. Kitatsuji, K. Yufu, Y. Yoshikawa, T. Honjo and K. Miyamura
Marine Biology   164:18    2017年1月   [査読有り]
Yoshihiko Ide and Yutaka Yoshikawa
Journal of Oceanography   72(2) 263-280   2016年3月   [査読有り]
Wei Zhang, Naoto Ebuchi, Yasushi Fukamachi and Yutaka Yoshikawa
Journal of Oceanography   72(2) 299-311   2016年3月   [査読有り]
T. Endoh, Y. Yoshikawa, T. Matsuno, Y. Wakata, K.-J. Lee and L. Umlauf
Continental Shelf Research   117 12-19   2016年1月   [査読有り]
海洋表層の乱流混合と植物プランクトン動態
吉川 裕、鬼塚 剛、紫加田 知幸、油布 圭、萬年 隆裕
水産海洋研究   80(3) 234-235   2016年   [査読有り]
Yumi Park, Hong-Ryeol Shin, Jong-Hwan Yoon, Choel-Ho Kim and Yutaka Yoshikawa
Journal of Marine System   150 41-55   2015年5月   [査読有り]
Yutaka Yoshikawa and Takahiro Endoh
Journal of Atmospheric and Oceanic Technology   32(4) 793-804   2015年4月   [査読有り]
Yutaka Yoshikawa
45(1) 247-258   2015年1月   [査読有り]
短波放射の日周変動に対する大気・海洋結合境界層の応答に関する研究
窪田 雅也、吉川 裕
九州大学応用力学研究所所報   (146) 123-127   2014年3月
エクマン境界層方程式に基づく渦粘性係数推定手法の検討
吉川 裕、青山 皓介
九州大学応用力学研究所所報   (146) 99-107   2014年3月
傾圧不安定波の特性に関するいくつかの考察
吉川 裕
九州大学応用力学研究所所報   (146) 109-114   2014年3月
Takahiro Endoh, Takeshi Matsuno, Yutaka Yoshikawa and Eisuke Tsutsumi
Journal of Oceanography   70(1) 81-90   2014年2月   [査読有り]
バーチャルモアリング用円盤型水中グライダーの開発 ーその3 実用機の建造と実海域試験 ー
中村 昌彦、伊藤 譲、小寺山 亘、稲田 勝、野田 穣士朗、青島 隆、吉川 裕、織田 博行
日本船舶海洋工学会論文集   (18) 157-166   2013年12月   [査読有り]
Kaoru Ichikawa, Wen Chang Yang, Akihiko Morimoto, Yutaka Yoshikawa, Shigeo Sugitani, Wen-Shan Chiang, Jian-Wu Lai, En Yu Liang, Cho-Teng Liu, Chang-Wei Lee, Kei Yufu, Moeto Kyushima, Satoshi Fujii, Tomoharu Senju and Yoshihiko Ide
Ocean Science Journal   48(1) 141-148   2013年3月   [査読有り]
前線近傍で発生する上昇流と下降流
吉川 裕、鬼塚 剛
沿岸海洋   50(2) 95-101   2013年2月   [査読有り]
Yutaka Yoshikawa
Journal of Oceanography   68(6) 971-983   2012年12月   [査読有り]
Yutaka Yoshikawa, Takeshi Matsuno, Taku Wagawa, Toru Hasegawa, Kou Nishiuchi, Kazumaro Okamura, Hiroshi Yoshimura and Yasuhiro Morii
Continental Shelf Research   50-51 41-53   2012年12月   [査読有り]
John P. Matthews and Yutaka Yoshikawa
Geophysical Research Letters   39(17)    2012年9月   [査読有り]
海底設置型ADCPによる対馬海峡の夏季流速観測
福留 研一、吉川 裕、広瀬 直毅、尹 宗煥
九州大学応用力学研究所所報   (143) 141-145   2012年9月
Yutaka Yoshikawa, Craig M. Lee and Leif N. Thomas
Journal of Physical Oceanography   42(6) 991-1011   2012年6月   [査読有り]
Taku Wagawa, Yutaka Yoshikawa, Yutaka Isoda, Eitaro Oka, Kazuyuki Uehara, Toshiya Nakano, Kenshi Kuma and Shogo Takagi
Journal of Geophysical Research C: Oceans   117(6)    2012年   [査読有り]
T. Shiozaki; K. Furuya; H. Kurotori; T. Kodama; S. Takeda; T. Endoh; Y. Yoshikawa; J. Ishizaka; T. Matsuno
Journal of Geophysical Research C: Oceans   116(10)    2011年10月   [査読有り]
2007年11月に対馬東部海域で観測された低気圧性渦周辺の栄養塩・プランクトン分布
鬼塚 剛、滝川 哲太郎、小針 統、杢 雅利、森本 昭彦、渡辺 敦、吉川 裕、柳 哲雄
海と空   87(1) 11-19   2011年10月   [査読有り]
S. Nakada; Y.-I. Sasajima; N. Hirose; Y. Yoshikawa; J.-H. Yoon
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   57(19-20) 1799-1808   2010年10月   [査読有り]
対馬海峡における表層海流変動
吉川 裕、増田 章、丸林 賢次、石橋 道芳
月刊海洋   42(9) 534-541   2010年9月
東シナ海陸棚域における乱流微細構造の時系列観測
遠藤 貴洋、松野 健、吉川 裕、吉村 浩、森井 康宏
月刊海洋   42(9) 495-500   2010年9月
Y. Yoshikawa; T. Endoh; T. Matsuno; T. Wagawa; E. Tsutsumi; H. Yoshimura; Y. Morii
Geophysical Research Letters   37(15)    2010年8月   [査読有り]
Y. Yoshikawa; A. Masuda; K. Marubayashi; M. Ishibashi
Journal of Oceanography   66(2) 223-232   2010年4月   [査読有り]
L.N. Thomas; C.M. Lee; Y. Yoshikawa
Journal of Physical Oceanography   40(1) 3-25   2010年1月   [査読有り]
Y. Yoshikawa; A. Masuda
Journal of Geophysical Research C: Oceans   114(12)    2009年12月   [査読有り]
T. Endoh; T. Matsuno; Y. Yoshikawa; Y. Tatsuyama; J. Ishizaka
Journal of Oceanography   65(2) 273-279   2009年4月   [査読有り]
G. Onitsuka; A. Morimoto; T. Takikawa; A. Watanabe; M. Moku; Y. Yoshikawa; T. Yanagi
Estuarine, Coastal and Shelf Science   81(3) 401-408   2009年2月   [査読有り]
海洋深層水形成に伴う熱塩深層循環と渦成深層循環
吉川 裕
九州大学応用力学研究所所報   (134) 53-59   2008年3月
対馬海峡東水道に見られる反時計回り渦の変動特性
中園 隆司、吉川 裕、増田 章、丸林 賢二、石橋 道芳
九州大学応用力学研究所所報   (134) 47-52   2008年3月
北太平洋亜寒帯循環に及ぼす天皇海列の影響―天皇海山東側境界流量機構―
和川 拓、吉川 裕
九州大学応用力学研究所所報   (134) 17-27   2008年3月
海表面の流れと漂着物移動のメカニズム
吉川 裕
沿岸海洋研究   45(2) 91-96   2008年2月   [査読有り]
Y. Yoshikawa; T. Matsuno; K. Marubayashi; K. Fukudome
Journal of Geophysical Research C: Oceans   112(6)    2007年6月   [査読有り]
漂流ブイと海洋レーダーを用いた対馬海峡における表層収束・発散場の評価
石井 大輔、柳 哲雄、吉川 裕、増田 章
海の研究   16(3) 237-251   2007年5月   [査読有り]
Intermediate water formation at the Japan/East sea Subpolar front
C.M. Lee; L.N. Thomas; Y. Yoshikawa
Oceanography   19(SPL.ISS. 3) 110-121   2006年9月   [査読有り]
Y. Yoshikawa; A. Masuda; K. Marubayashi; M. Ishibashi; A. Okuno
Journal of Geophysical Research C: Oceans   111(4)    2006年4月   [査読有り]
日本海深層流の形成機構に関する数値実験
吉川 裕
日本流体力学会 年会2005講演論文集、AM05-13-006      2005年9月
対馬海峡に設置されたHFレーダーの計測精度再検証
吉川 裕、増田 章、丸林 賢次、石橋 道芳、奥野 章
沿岸海洋研究   43(1) 69-75   2005年8月   [査読有り]
短波レーダーにより観測された対馬海峡の潮流
奥野 章、吉川 裕、増田 章、丸林 賢次、石橋 道芳
九州大学大学院総合理工学報告   27(1) 9-17   2005年7月
日本海深層流の形成機構に関する数値実験
酒井 良介、吉川 裕
九州大学大学院総合理工学報告   26(4) 423-430   2005年3月
対馬海峡における海流変動
吉川 裕
第54回 理論応用力学講演会 講演論文集   21-24   2005年1月

Misc

 
Observed Scaling and Energetics of Langmuir Turbulence in Shallow Coastal Sea
Yutaka Yoshikawa
Joint Assembly 2017 IAPSO-IAMAS-IAGA      2017年8月
海面加熱期の混合層深度のスケーリング
吉川 裕
第64回理論応用力学講演会      2017年8月
The effect of diurnal cycle of surface heat flux on the ocean mixed layer
牛島 悠介、吉川 裕
9th International Workshop on Modeling the Ocean      2017年7月
Large eddy simulations of wind- and wave-driven turbulence; implication from in-situ observations
Yutaka Yoshikawa
9th International Workshop on Modeling the Ocean      2017年7月   [依頼有り]
熱フラックスの日周変動が海面加熱期の海洋混合層に与える影響
牛島 悠介、吉川 裕
「オホーツク海と相互に影響を及ぼしあうグローカル大気海洋諸現象」に関するミニワークショップ      2017年3月
海洋表層の混合過程
吉川 裕
「オホーツク海と相互に影響を及ぼしあうグローカル大気海洋諸現象」に関するミニワークショップ      2017年3月
ラングミュア乱流の観測
吉川 裕・馬場 康之・水谷 英朗・久保 輝広
平成28年度 京都大学防災研究所 研究発表講演会      2017年2月
熱フラックスの日周変動が海面加熱期の混合層深度に与える影響に関する研究
牛島 悠介、吉川 裕
2016年度海洋乱流研究会      2017年1月
海洋混合層における粒子の平均沈降速度に関する数値実験
萬年 隆裕、吉川 裕
2016年度海洋乱流研究会      2017年1月
海洋の乱流と赤潮
吉川 裕
赤潮の予測に向けた観測とモデリング      2016年11月
深水波の直接数値計算:CL2機構によるLangmuir循環
藤原 泰、吉川 裕、松村 義正
日本海洋学会2016年度秋季大会      2016年9月
熱フラックスの日周変動が海面加熱期の混合層深度に与える影響ー緯度依存性に着目してー
牛島 悠介、吉川 裕
日本海洋学会2016年度秋季大会      2016年9月
海洋混合層における粒子の沈降速度に関する数値実験
萬年 隆裕、吉川 裕
日本海洋学会2016年度秋季大会   157-157   2016年9月
浅海乱流中の懸濁粒子の振る舞いに関する数値実験(その2)
吉川 裕
東シナ海の循環と混合に関する研究      2016年6月
対馬海峡における鉛直混合過程
吉川 裕
宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム      2016年6月
Numerical investigation on effects of ocean surface turbulence on particle's sinking
吉川 裕、萬年 隆裕
Japan geoscience Union Meeting 2016      2016年5月
The effect of diurnal cycle of surface heat flux on the temperature structure in the ocean surface boundary layer
牛島 悠介、吉川 裕
Japan geoscience Union Meeting 2016      2016年5月
Direct numerical simulation of deep-water waves in rotating frame
藤原 泰、吉川 裕
Japan geoscience Union Meeting 2016      2016年5月
熱フラックスの日変化と海面吹送流速の風速依存性
井手 喜彦、吉川 裕
2016年度日本海洋学会春季大会      2016年3月
深水波の直接数値計算:深水波が表層流に及ぼす影
藤原 泰、吉川 裕
2016年度日本海洋学会春季大会      2016年3月
浅海乱流中の懸濁粒子の振る舞いに関する数値実験
吉川 裕
東シナ海の循環と混合に関する研究      2016年2月
5ビーム ADCP を用いた表層乱流構造観測
吉川 裕
2015年度海洋乱流研究会      2016年1月
エクマン・ストークス流の数値シミュレーション
藤原 泰・吉川 裕・松村 義正
2015年度海洋乱流研究会      2016年1月
熱フラックスの日周変動が海洋内部構造に与える影響
牛島 悠介・吉川 裕
2015年度海洋乱流研究会      2016年1月
海洋表層の乱流混合と植物プランクトン動態
吉川 裕・鬼塚 剛・紫加田 知幸・油布 圭・萬年 隆裕
2015 年度 九州沖縄地区合同シンポジウム      2015年12月
表層乱流の観測とその生成要因の考察(風か波か?)
吉川 裕・馬場 康之・水谷 英明・久保 輝広
日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会      2015年12月
エクマン・ストークス流のシミュレーション
藤原 泰・吉川 裕・松村 義正
日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会      2015年12月
表層境界層における流動構造の観測
吉川 裕・油布 圭・鬼塚 剛・馬場 康之・木元 克則
2015年度日本海洋学会秋季大会      2015年9月
短波放射の日周変動が大気海洋結合系における海洋混合層に与える影響
牛島 悠介、吉川 裕
2015年度日本海洋学会秋季大会      2015年9月
Estimating Eddy Viscosity Profile From Ekman Spirals in the Bottom Boundary Layer
Yutaka Yoshikawa and Takahiro Endoh
IUGG 2015      2015年7月
海面加熱時の混合層深度と風成流のスケーリング則
吉川 裕
海洋大循環の力学(中深層循環)研究会      2014年11月
Competing roles of winds, heating and earth rotation in scaling ocean surface mixing layer depth
   2014年9月
短波放射の日周変動に対する大気・海洋結合境界層の応答
窪田 雅也; 吉川 裕
宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム      2014年7月
吉川 裕、油布 圭、鬼塚 剛、紫加田 知幸、木元 克則
2013年度 海洋乱流研究会      2014年3月
吉川 裕、松野 健、長谷川 徹
平成25年度九州沖縄地区合同シンポジウム      2013年12月
吉川 裕、油布 圭、鬼塚 剛、紫加田 知幸、木元 克則
日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会      2013年12月
吉川 裕
2013年度日本海洋学会秋季大会      2013年9月
吉川 裕
2013年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム      2013年9月
Yutaka Yoshikawa
Joint Assembly IAHS-IAPSO-IAPSEI      2013年7月
吉川 裕
研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」      2013年7月
Yutaka Yoshikawa; Akira Masuda
Ocean Sciences Meeting      2008年3月

書籍等出版物

 
海は百面相
京都大学総合博物館企画展「海」実行委員会 編 (担当:共著, 範囲:第2部1章5節)
京都通信社   2013年9月   
詳論 沿岸海洋学
日本海洋学会 沿岸海洋研究会 編 (担当:共著, 範囲:第3章)
恒星社厚生閣   2014年1月   
Monitoring and Prediction of Marine and Atmospheric Environmental Changes in the East Sea
Yutaka Yoshikawa and Akira Masuda (担当:共著, 範囲:Section 4.2: HF radar observation in the Tsushima Straits)
TERRAPUB   2010年6月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 吉川裕
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 松野健
東中国海陸棚域における基礎生産に対する黒潮起源水と陸起源水の寄与について調べるため、流速・水温・塩分・クロロフィル・栄養塩・乱流微細構造の観測を行い、栄養塩の豊富な下層水の表層への輸送には低気圧の通過が大きな役割を果たしていることを示した。同時に数値モデルにより、長江起源栄養塩の長距離輸送過程を提案した。また、化学トレーサーによる分析により、陸棚水での黒潮中層水の混合比が30%程度あることを示した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 増田章
1.海洋レーダーのシステム整備と解析手法の開発海洋レーダーの精度は良くないし欠測時間・領域もしばしば生じる。そこで海洋レーダーを念頭に,汎用性のある補間・推定・解析法を種々考案・開発した。1)多数のレーダー観測値がある場合の解析法を一般化した。2)極めて簡便で使いやすい調和補間法を考案した。3)更に「調和型緩和付き最小自乗法」に汎用化した。この方法は,海洋レーダーに限らず観測値を残らず使って推定精度を上げようとする。4)調和型緩和つき最小自乗法の流体力学的意味を明らかにした。5)レーダーで...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 吉川裕
深層水形成に伴う深層海水の伸縮は、渦位保存の制約により深層に循環(熱塩循環)を引き起こす。一方、深層水形成過程で生じた渦は、海底斜面上に循環(渦成循環)を形成しうる。前年度までに、二層模型を用いた数値実験を行い、熱塩循環および渦成循環とも斜面を右に見る深層流を形成すること、渦成循環がある場合にはそのような深層流は数倍程度強くなることを確認した。本年度においては、熱塩循環と渦成循環の特徴をより明瞭にするため、三層模型を用いた実験を新たに行った。第二層に外洋型の深い対流に伴う海水形成を模した外...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 増田章
1.密格子海洋模型による実験によれば,黒潮,親潮,アラスカ海流等の北半球の強流帯では,平均流軸の左で順行の,右で逆行の渦成体積輸送が生じる。この基本特性は岸沖方向に流軸が揺れるとする流軸変動模型により説明できる。2.実際には順行・逆行の境界は平均流軸の位置に一致せず沖側に寄る傾向があった。これは強い流速・層厚変動が大きな径の孤立渦が流軸に沿って伝播する折りに生じており,流軸がいつも沖側に蛇行するからである。流軸変動の観点からいえば流軸「変動」の中心が沖側に寄っているため,平均流軸位置そのも...