山下 博司

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:21
 
アバター
研究者氏名
山下 博司
 
ヤマシタ ヒロシ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/83ce26f2ab1f9173f4672fa17033525d.html
所属
東北大学
部署
大学院国際文化研究科 国際文化研究専攻 多文化共生論講座
職名
教授,附属言語脳認知総合科学研究センター兼任
学位
Ph.D.(マドラス大学ラーダークリシュナン哲学高等研究所)

研究分野

 

委員歴

 
2012年
 - 
2013年
[今年度非常勤講師(2件)]①「印度語学印度文学特殊講義」(東京大学大学院人文社会系研究科); ②「言語学特殊研究」(東京外国語大学外国語学部) 平成24年度非常勤講師
 
2010年
 - 
2015年
[学外共同研究2件] ①京都大学人文科学研究所共同研究「グローバル化する思想・宗教の重層的接触と人文学の可能性」班員(2010-2013); ②国立民族学博物館拠点共同研究員(NIHU『現代インド地域研究』プロジェクト、民博「現代インドの宗教:運動と変容」班・研究分担者) 拠点共同研究員(研究分担者)
 
2014年10月
 - 
2018年9月
2014-2018 日本南アジア学会 理事(2014.10~2018.9)、常務理事(国際交流担当: 2014.10~2016.9)
 
2008年
 - 
2012年
日本南アジア学会  理事、第25回全国大会実行委員(於東京外国語大学)
 
2009年
 - 
2011年
東北大学国際文化学会  役員(編集委員、2010年度編集委員長)
 

受賞

 
1992年
日本印度学仏教学会賞
 
1989年
実用英語技能検定試験(英検)1級(優秀賞=全国順位10位以内)
 
1991年
日本語教育能力検定試験・合格(1991年度)
 

Misc

 
「インド民話から現代オペラへ -ジョン・アダムズ作<フラワリング・ツリー>のエコロジー的構想などをめぐって-」
山下博司・岡光信子
『東方』(163-180頁)   (第26) 163-180   2011年
「アジア人の化粧に見られる身体観・身体表象とその変容についての研究-身体装飾のアジア的伝統と<化粧のグローバル化>の狭間で-」
山下博司
財団法人コスメトロジー研究振興財団『研究紀要』   2010年号    2010年
「インディアン・スピリチュアリティと現代 -ヴェーダーンタ的一元論の再編とその今日的意義をめぐって-」
山下博司
『宗教研究』(日本宗教学会)   第84巻第2輯(第365号) 325-348   2010年
心霊主義者たちのオリエント -H・P・ブラヴァツキーと神智協会
山下博司
『歴史と地理』(世界史の研究172号) 山川出版社   (504) 1-11   1997年
「シンガポールの宗教政策と民族融和 -宗教間関係と<宗教協和宣言>の成立を中心に-」
山下博司・岡光信子
『東方』   25 178-198   2010年

書籍等出版物

 
山下博司・岡光信子(2名共著)『新版 インドを知る事典』(全448頁)
東京堂出版   2016年   
単著『インド人の「力」』(講談社現代新書)、講談社(全204頁)[台湾の代表的出版社・晨星出版から中国語・繁体字版での出版が決定]
2016年   
(単著) 『古代インドの思想 -自然・文明・宗教-』(ちくま新書)(全238頁)[21~62頁にかけて、甲南女子大学2016年度入試問題「国語」の長文問題に採用さる]
筑摩書房   2014年   
2名共著『アジアのハリウッド -グローバリゼーションとインド映画-』(全xi+345頁)
東京堂出版   2010年   
単著『ヨーガの思想』(講談社選書メチエ432)、全246頁(2015年、第3刷)
2009年   

競争的資金等の研究課題

 
南アジア宗教思想史、環境思想
科学研究費補助金
研究期間: 1990年   
インド思想史・文化史
その他の研究制度
研究期間: 1970年 - 1970年