飯島 敏夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:21
 
アバター
研究者氏名
飯島 敏夫
 
イイジマ トシオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/65b7cbe6ca1c5cf0e1114e51695a08c0.html
所属
東北大学
部署
大学院生命科学研究科
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
1993年
 - 
1994年
日本神経回路学会  理事
 

受賞

 
1995年
新機能素子研究開発協会賞
 
1998年
日本生理学会入澤賞
 

Misc

 
Effect on the external pH on Ca Channels:Experimental studies and theoretical considerations using a two-site, two ion model.
T.Iijima, S.Ciani and S.Hagiwara
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   83 654-658   1987年
Variation in the pattern of [Ca2+]i change induced by acetylcholine in cultured hippocampal neurons.
T.Iijima, Y.Kudo, A.Ogura, K.Akita and G.Matsumoto
Brain Research   521 273-280   1990年
Signal transmission in the parallel fiber-Purkinje cell system visualized by high-resolution imaging.
I.Vranesic, T.Iijima, M.Ichikawa, G.Matsumoto, T.Knopfel
Proc.Natl.Acad.Sci.USA   91 13014-13017   1994年
Entorhinal-Hippocampal Interactions Revealed by Real-Time Imaging.
T.Iijima, M.P.Witter, M.Ichikawa, T.Tominaga, R.Kajiwara and G.Matsumoto
Science   272(5265) 1176-1179   1996年
Amygdala input promotes the spread of excitatory neural activity from the perirhinal cortex to the entorhinal/hippocampal neurocircuit: An optical imaging study.
R. Kajiwara, I. Takashima, M.P. Witter, Y. Miura, T. Iijima
J. Neurophysiology   89 2176-2184   2003年

書籍等出版物

 
FMRIの基礎と活用上の注意点、認知神経科学
2000年   
膜電位感受性色素による脳活動リアルタイムイメージング、脳機能のイメージング―基礎から臨床まで、脳の科学(別冊)
星和書店   1998年   
神経興奮を見る、見る技術(分子・細胞のバイオイメージング)蛋白質 核酸 酵素(別冊)
共立出版   1997年   
神経の構築と情報表現、脳、心、コンピュータ(日本物理学会編)
丸善   1996年   
脳スライスの作成、脳・神経研究プロトコール(御子柴克彦、清水孝雄編)
羊土社   1995年   

講演・口頭発表等

 
Functional dissociation of the monkey prefrontal, premotor and posterior parietal cortices by disruptive rTMS during the performance of delayed response task
Vision, Memory, Thought: how cognition emerges from neural   2014年   
Anterior insular and orbitofrontal cortex in risky decision making
Vision, Memory, Thought: how cognition emerges from neural   2014年   
Organization of multisynaptic inputs to the hippocampus: Dual transsynaptic tracing with rabies virus vector in the rat
Vision, Memory, Thought: how cognition emerges from neural   2014年   
Deleting G protein of rabies virus vector enhances transgene expression level via decreased cell toxicity and increased RNA polymerase expression
Neuroscience 2014   2014年   
Sustained activity in mPFC of head-fixed rats performing delayed response task
Neuroscience 2014   2014年   

Works

 
INCF日本ノードブレイン・マシン・インターフェイス・プラットホームの公開運用
2014年 - 2015年
高齢脳の学習能力と可塑性のBMI法による解明
2003年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
脳活動に伴う2次信号の計測とその発生機序に関する研究
JST地域イノベーション創出総合支援事業
研究期間: 1996年 - 1999年
Functional Organization of the Neural Networks of the Parahippocampal Region.
フロンティア研究
研究期間: 1996年 - 1998年