勝又 英之

J-GLOBALへ         更新日: 15/03/09 18:36
 
アバター
研究者氏名
勝又 英之
 
カツマタ ヒデユキ
URL
http://kyoin.mie-u.ac.jp/profile/1941.html
所属
三重大学
部署
大学院工学研究科 分子素材工学専攻 生物機能工学
職名
准教授
学位
博士(理学)(筑波大学)

研究分野

 

経歴

 
2001年
 - 
2005年
三重大学工学部 助手
 
2006年
 - 
2007年
三重大学大学院 助手
 
2007年
   
 
- 三重大学大学院 助教
 
2007年
   
 
  カリフォルニア工科大学 Visiting Associate
 

学歴

 
 
 - 
2001年
筑波大学 化学研究科 化学専攻
 

受賞

 
2004年
中部分析化学奨励賞
 

論文

 
Katsumata Hideyuki, Sakai Tsubasa, Suzuki Tohru, Kaneco Satosh
Industrial & Engineering Chemistry Research   53(19) 8018-8025   2014年   [査読有り]
Katsumata Hideyuki, Hayashi Takahiro, Taniguchi Masanao, Suzuki Tohru, Kaneco Satosh
Materials Science in Semiconductor Processing   25 68-75   2014年   [査読有り]
Katsumata Hideyuki, Tachi Yusuke, Suzuki Tohru, Kaneco Satosh
Rsc Advances   4(41) 21405-21409   2014年   [査読有り]
Katsumata Hideyuki, Inoue Kiichiro, Suzuki Tohru, Kaneco Satosh
Catalysis Letters   144(5) 837-842   2014年   [査読有り]
Gomathisankar Paramasivan, Hachisuka Katsumasa, Katsumata Hideyuki, Suzuki Tohru, Funasaka Kunihiro, Kaneco Satosh
International Journal of Hydrogen Energy   38(21) 8625-8630   2013年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 勝又 英之
光触媒分野ですでに実用化に応用されている酸化チタンは、紫外光にのみその触媒活性が発現する。そのため光触媒の応用範囲を拡大するためには、可視光に対する活性の向上が必要不可欠である。これまで研究代表者らは、可視光応答光触媒の一つである酸化タングステンに着目し、適切な助触媒を担持することで、可視光に対する触媒活性が劇的に向上することを明らかにしてきた。そこで本研究では、実用化レベルの可視光応答感度を有する酸化タングステン光触媒の設計を目指し、粒子状光触媒では達成し難い逆反応が抑制できナノ領域で反...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 勝又 英之
WO_3光触媒の可視光照射下での高活性化を目的とし、従来の高価なPt/WO_3などに替わるAg/CuO/WO_3ナノ粒子(NPs)の作製、さらに大きい比表面積をもつWO_3ナノチューブ(NTs)の合成について検討した。Ag/CuO/WO_3NTsの光触媒活性はAg/CuO/WO_3NPsと比較して約1. 5倍、市販の可視光応答型のN-TiO_2と比較して約6. 4倍、WO_3NPsと比較して約50倍高くなり、チューブ構造の触媒活性への寄与が見られた。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 勝又 英之
農薬による環境汚染が深刻となっており分解無害化技術が必要である。その分解法として光フェントン反応があるが、pH3付近の酸性域でのみ適用可能であった。そこで本研究では、光フェントン反応を中性域でも適用可能とするため、配位子を共存させることを検討し、また光フェントン反応と超音波の系を組み合わせ、分解の向上を計った。モデル化合物には、有機リン系農薬であるフェニトロチオンを用いた。フェニトロチオン溶液に配位子溶液、鉄(III)溶液を加え、塩酸、水酸化ナトリウムでpH調節し、最終的に反応溶液はフェニ...
高効率光触媒の開発
光フェントンハイブリッドシステムの開発

特許

 
金子 聡, 勝又 英之, 鈴木 透, 太田 清久, 今井 大蔵, アハメド ハムウッド アハメド ダブワン, 加藤 忠哉
金子 聡, 勝又 英之, 鈴木 透, 太田 清久, 今井 大蔵, アハメド ハムウッド アハメド ダブワン, 加藤 忠哉
金子 聡, 勝又 英之, 原田 拓也, 太田 清久, 鈴木 透
太田 清久, 金子 聡, 勝又 英之, 鈴木 透