明石 満

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
明石 満
 
アカシ ミツル
所属
大阪大学
部署
大学院工学研究科 応用化学専攻
職名
教授
学位
工学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
   
 
- 国立衛生研究所(NIH)・博士研究員 (アメリカ合衆国)
 
1979年
   
 
- ウォータールー大学・博士研究員(カナダ)
 
1981年
   
 
- 鹿児島大学工学部・助手
 
1982年
   
 
 ルンド大学・客員講師(スウェーデン)
 
1988年
   
 
- 鹿児島大学工学部・教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
大阪大学工学院 工学研究科 石油化学専攻
 

受賞

 
1999年
高分子学会賞
 
2004年
高分子学会賞
 
2004年
日本バイオマテリアル学会賞
 

Misc

 
"超微粒子(ナノスフィア)を用いたHIV感染予防の開発"
「なおす免疫学(第26回阿蘇シンポジウム記録2002)、南山堂   
Freeze-Drying of Soft Nanoparticles with Projection Coronas Forms Three-Dimensional Microconstructs
Adv. Mater. in press   in press    2005年
In Vitro Enzymatic Degradation of Nanoparticles Prepared from Hydrophobically-Modified Poly (γ-glutamic acid)
Macromol. Biosci.   in press    2005年
A New Fluorescense Method for the Determination of the Critical Micelle Concentration by Photosensitive Monoazacryptand Derivatives
Langmuir      2005年
Self-Assembling Bio-Nanoparticles of Poly(e-lysine) Bearing Cholesterol as a Biomesogen with a Thermotropic Liquid-Crystalline Nature
Biomacromolecules   in press    2005年

書籍等出版物

 
LbL Assemblies Using van der Waals or Affinity Interaction and Their Applications, G. Decher and J. Schlenoff Eds., Multilayer Thin Films E2
Wiley-VCH   2011年   
第III編 第9章,コア-コロナ型ペプチドナノスフェアの機能,コアシェル微粒子の設計・合成技術・応用の展開
シーエムシー出版   2010年   

Works

 
ナノ粒子を応用した抗レトロウイルスワクチンの開発
2005年
交互積層法を用いる高分子材料の創製
2005年
ヒト心筋細胞の増殖及び組織構築のためのナノバイオシステムの開発
2005年
高性能オイルゲル化剤の開発研究
2005年
ヒト・トロンボモジュリンの高分子超薄膜への固定化と医療材料への応用
2005年

競争的資金等の研究課題

 
CG ナノ粒子を応用した抗レトロウイルスワクチン
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2002年 - 2007年
形状記憶ナノ空孔を有する高分子超薄膜を利用した立体規則性テンプレート重合
研究期間: 2003年 - 2004年

特許

 
アジュバントとしてのポリアミノ酸の使用
2005-224519
T細胞認識エピトープペプチドを固定化又は内包化した生分解性ナノ粒子
2005-243997
ポリ乳酸樹脂組成物および成型品
2005-155786
ポリ乳酸樹脂組成物および成型品
2005-155786
免疫療法におけるワクチンキャリアーとしての生分解性ナノ粒子
2005-122650