石井 英真

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/20 14:57
 
アバター
研究者氏名
石井 英真
 
イシイ テルマサ
所属
京都大学
部署
大学院教育学研究科 教育科学専攻 教育方法学講座
職名
助教
学位
修士(京都大学)

研究分野

 
 

論文

 
教育評価
石井 英真
指導と評価   61-10(730)    2015年10月
高校教育改革の方向性――「教育目標・内容」「学習・指導方法」「評価方法」の一体的な高校教育改革が進む
石井 英真
河合塾『Guideline』   18-22   2015年9月
学力向上とは
石井 英真
指導と評価   61-8(728)    2015年8月
教育実践の論理から「エビデンスに基づく教育」を問い直す――教育の標準化・市場化の中で――
石井 英真
教育学研究   82(2) 30-42   2015年6月   [査読有り]
新しい時代に求められる学力モデルと学校改革のヴィジョンの探究
石井 英真
子どもを「育てる」教師のチカラ   (21) 55   2015年4月
講演記録・21世紀の社会が求める学力とその指導・評価
石井 英真
秋田大学教育文化学部附属小学校 平成27年度研究紀要 仲間と共につくる豊かな学びⅡ 新たな価値を創造する「対話」を目指して   196-208   2015年
講演記録・新しい学力と学びを捉えるパフォーマンス評価
石井 英真
第9回キャリア教育推進フォーラム 学習意欲を高め学力向上につなげる授業改革 報告書   37-63   2015年
対談・明日の教育 教育人視点 改めて問う、子どもを巣立たせる教育
安彦忠彦・石井英真
教育人会議   (2015秋) 8-10   2015年
アクティブ・ラーニングをどう捉えるか――「教科する」授業をめざして――
石井 英真
TEADA      2015年
21世紀をよりよく生きていくのに必要な資質・能力をとらえる枠組み――目標の分類と構造化――
石井 英真
指導と評価   60-6(714) 36-38   2014年6月
ポスト近代社会が求める人間像と学力像――背景と論点――
石井 英真
指導と評価   60-4(712) 29-31   2014年4月
座談会・確かな学力を育成する総合的な学習の時間
石井 英真
初等教育資料   (912) 74-83   2014年4月
特集・教科書と学力:現代社会が求める学力と評価
石井 英真
TEADA   (15)    2014年4月
グローバル化時代の学力とその評価
石井英真
『指導と評価』第709号      2014年1月
教員養成の高度化と教師の専門職像の再検討
石井 英真
日本教師教育学会年報   (23) 20-29   2014年   [査読有り]
これから育成すべき資質・能力の指導と評価のあり方
石井 英真
教育展望   60(8) 46-51   2014年
活用する力を評価するパフォーマンス評価
石井 英真
看護教育   55(8) 684-691   2014年
SGHは高校教育に何をもたらすか
石井 英真
月刊高校教育   47(8) 42-45   2014年
グローバル化社会が求める学力
石井 英真
教育展望   60(3) 24-28   2014年
高次の学力の質的レベルを捉える枠組み――N. L. ウェブの「知の深さ」を中心に――
石井英真
教育方法の探究   (17) 25-32   2014年
数学的リテラシーとしての論証の必要性
阿部好貴・石井英真
日本数学教育学会第2回春期研究大会論文集   57-60   2014年
数学における評価について
石井英真
『中学校数学』第197号      2013年10月
知識問題Aと活用問題の区分・線引きを考える―理解を伴った知識習得と「使える」レベルの思考力の育成を―
石井英真
『授業力・学級統率力』      2013年10月
現代日本の学力向上政策の検討 : 「スタンダードに基づく教育改革」の日本的特質 (シンポジウム NCLB法(どの子も置き去りにしない法)と日本への影響を吟味する)
石井 英真
日本デューイ学会紀要   (54) 145-155   2013年10月   [査読有り]
「学習評価の改善」の成果と課題―思考力・判断力・表現力の評価のあり方―
石井英真
『教育展望』第59号      2013年5月
これからの社会に求められる学力とその評価 : 「真正の学力」の追求 (特集 これからの社会に求められる人材の育成) -- (新しい時代に求められる力)
石井 英真
初等教育資料   (898) 28-31   2013年4月
教師の専門職像をどう構想するか―技術的熟達者と省察的実践家の二項対立図式を超えて―
石井英真
『教育方法の探究』第16号      2013年3月
指導要録の「評定」の歴史的変遷
石井英真
『指導と評価』第697号      2013年1月
高次の学力の質を捉える枠組み―N.L.ウェブの『知の深さ』を中心に―」
石井英真
「活用」を促進する評価と授業の探究(研究代表者:田中耕治)・研究成果最終報告書』、pp.14-22      2013年
学力調査
石井 英真
教育法規研究会『最新 教育課題解説ハンドブック』      2013年
新しい評価の動向――思考力・判断力・表現力を育てるパフォーマンス評価――
石井英真
『教育展望』第58巻,第7号      2012年7月
現代社会が求める『真正の学力』とは――「教科する」授業とパフォーマンス評価――
石井 英真
初等教育資料   885 94-97   2012年4月
普通の学校で普通の先生が「自分らしいよい授業」をするために――授業の構想力を高める教師の授業研究――
石井英真
『発達』第130号      2012年4月
フロントライン教育研究 現代社会が求める「真正の学力」とは : 「教科する」授業とパフォーマンス評価
石井 英真
初等教育資料   0(885) 94-97   2012年4月
習得・活用を実現する授業とは――「教科する」授業の創造――
石井英真
『月刊高校教育』第45巻,第6号      2012年
「算数・数学教育の立場から――『数学する活動』を軸にした目標と評価のあり方――」
石井英真
『教育目標・評価学会紀要』第22号,2012年,pp.1-8.      2012年   [査読有り]
高次の学力を伸長する指導のあり方に関する一考察――パフォーマンス評価を取り入れた『平方根』の授業実践の分析を通して――」
石井英真・神原一之
「全国数学教育学会『数学教育学研究』第18巻、第2号、2012年, pp.91-98      2012年   [査読有り]
算数・数学科における「本質的な問い」とパフォーマンス課題
石井英真
『指導と評価』第57巻,第11号      2011年11月
「公共世界としての学校」というヴィジョンをめぐって
石井 英真
公共的良識人   (238)    2011年9月
<私の誌面批評>『PISA型学力』を教育実践に根ざした豊かな学力論議へとつなぐために
石井 英真
教育   (786)    2011年7月
(インタビュー)新学習指導要領と新しい「評価」
石井 英真
日本標準『新しい教育』      2011年4月   [査読有り]
書評・阪神地区私立大学教職課程研究連絡協議会編『教師を育てる―大学教職課程の授業研究―』
石井 英真
阪神教協リポート   (34)    2011年4月
社会科における『教科する』授業の創造――加藤公明の歴史授業をめぐる論争に焦点を当てて――
石井英真
石井英真編『「教科する」授業を目指す中学校教育のデザイン――パフォーマンス評価を通して授業とカリキュラムを問い直す――』(科学研究費補助金 中間報告書),pp.14-26.      2011年3月
新教科書に対応する算数・数学の授業展開をどう工夫するか
石井英真
教育時評   (24) 12-15   2011年
PISA2009の調査結果と課題
石井 英真
教育法規研究会『最新 教育課題解説ハンドブック』      2011年
(インタビュー)授業名人でなくても教師になれる――目標を明確化した授業づくりを通して――
石井 英真
ぎょうせい『悠+』      2010年10月
アメリカにおける学力向上政策の検討――『スタンダードに基づく教育改革』の再定義に向けて――
石井英真
田中耕治編『リテラシーの育成をめざす評価規準と評価方法の開発』(科学研究費補助金 最終報告書),pp.109-122.      2010年3月
課題研究Ⅲ 『活用』のあり方とカリキュラム研究
石井 英真
カリキュラム研究   (19) 116   2010年3月
図書紹介・田中統治・根津朋実編著『カリキュラム評価入門』
石井 英真
カリキュラム研究   (19) 118   2010年3月
『活用する力』を育てる数学授業の創造――パフォーマンス評価を生かした『標本調査』の単元設計を通して――」
石井英真・神原一之
日本数学教育学会『第42回数学教育論文発表会・論文集』,2009年11月, pp.25-30      2009年11月   [査読有り]
文献紹介・玉井康之著『学校評価時代の地域学校運営―パートナーシップを高める実践方策―』
石井 英真
日本教師教育学会年報―教員の需給変動と「質保証」―   18 153   2009年10月
『スタンダードに基づく教育改革』の再定義に向けて――学力向上を目指すアメリカの教育政策と教育実践の検討――
石井英真
北野秋男編『米国マサチューセッツ州における教育管理政策の総合的研究』(科学研究費補助金 最終報告書),pp.18-32.      2009年3月
「アメリカにおける教育目標論の展開――パフォーマンス評価論による行動目標論の問い直し――」
石井英真
日本カリキュラム学会紀要『カリキュラム研究』第18号,2009年3月, pp.59-71      2009年3月   [査読有り]
「アメリカの思考教授研究における情意目標論の展開――『性向』概念に焦点を当てて――」
石井英真
日本教育方法学会紀要『教育方法学研究』第34巻,2009年3月,pp.25-36      2009年3月   [査読有り]
学力と授業――「活用型学力」をどう育てるか――
石井英真
全国公立学校教頭会『学校運営』第563号      2008年6月
「アメリカにおけるスタンダード設定論の検討――McRELデータベースに焦点を当てて――」
石井英真
『教育目標・評価学会紀要』第17号,2007年11月,pp.46-56      2007年11月   [査読有り]
「米国のスタンダード開発における方法原理の解明――McRELデータベースの検討を中心に――」 (b)「算数・数学の学力と数学的リテラシー――PISAの提起するものをどう受け止めるか――」
石井英真
田中耕治編『学力向上をめざす評価規準と評価方法の開発』(科学研究費補助金 最終報告書),pp.21-30, pp.78-88.      2007年3月
「『プロジェクトTK』の授業研究方法論の独自性と課題――戦後授業研究史からの応答――」 (b)「数学的コミュニケーションの充実を通した学力形成――算数班における研究主題の共同生成のプロセス――」
石井英真
田中耕治編『高倉小学校と京都大学大学院との連携による授業研究』(科学研究費補助金 中間報告書),pp.15-38, pp.79-93.      2006年9月
「幼小連携における接続の問題――カリキュラムの接続を実現する方法――」
石井英真
京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座紀要『教育方法の探究』第9号,2006年3月,pp.17-24      2006年3月
「アメリカの思考教授研究における教育目標論の展開――R. J. マルザーノの『学習の次元』の検討を中心に――」
石井英真
『京都大学大学院教育学研究科紀要』第51号,2005年3月,pp.302-315      2005年3月   [査読有り]
「『基礎・基本』を豊かに学ぶ授業の創造――M. ランパートの計算指導に学ぶ――」
石井英真
京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座紀要『教育方法の探究』第7号,2004年3月,pp.11-20      2004年3月
「『改訂版タキソノミー』における教育目標・評価論に関する一考察――パフォーマンス評価の位置づけを中心に――」
石井英真
『京都大学大学院教育学研究科紀要』第50号,2004年3月,pp.172-185      2004年3月   [査読有り]
米国における『真正の評価』論の展開――G. ウィギンズの所論の検討を中心に――
石井英真
田中耕治編『指導要録改訂期における教育評価の問題』(科学研究費補助金 研究成果最終報告書,研究代表者 天野正輝      2004年2月
評価改革を通して教師の指導力量を高める――小浜市立中名田小学校における通知表改革の取り組み――
石井英真
田中耕治編『指導要録改訂期における教育評価の問題』(科学研究費補助金 研究成果最終報告書,研究代表者 天野正輝      2004年2月
子どもの内面世界を育てる評価の方法――梶田叡一の場合――
石井英真
田中耕治編『人物で綴る戦後教育評価の歴史』(科学研究費補助金 中間報告書,研究代表者 天野正輝),pp.96-103.      2003年3月
「高次の思考力を育む授業設計の方法を探る――『学習の次元』の検討を中心に――」
石井英真
京都大学大学院教育学研究科教育方法学講座紀要『教育方法の探究』第6号,2003年3月,pp.44-52      2003年3月
「『改訂版タキソノミー』によるブルーム・タキソノミーの再構築――知識と認知過程の二次元構成の検討を中心に――」
石井英真
日本教育方法学会紀要『教育方法学研究』第28巻,2003年3月,pp.47-58      2003年3月   [査読有り]
「メタ認知を教育目標としてどう設定するか――『改訂版タキソノミー』の検討を中心に――」
石井英真
『京都大学大学院教育学研究科紀要』第49号, 2003年3月, pp.207-219      2003年3月
アメリカにおける『改訂版タキソノミー』の検討――情意領域の教育目標化の課題を中心に――」
石井英真
『教育目標・評価学会紀要』第12号, 2002年10月, pp. 53-62      2002年10月   [査読有り]
斎藤喜博の教育技術論に関する一考察
石井英真
関西教育学会紀要   80-84   2001年
中等教育を一貫する数学的活動に基づく論証指導の理論的基盤:カリキュラム開発に向けた枠組みの設定
宮川健・真野祐輔・岩崎秀樹・國宗進・溝口達也・石井英真・阿部好貴
全国数学教育学会誌『数学教育学研究』   21(1)    [査読有り]

Misc

 
オーセンティックな学びを追究する外国語教育――米国における日本語教師のカリキュラム改善の事例をもとに――
加藤友夏・藤本和久・石井英真
日本教育方法学会第51回大会、自由研究発表(於:岩手大学)      2015年10月
教職の専門性を支える知のあり方をめぐって――米国における教師の実践知と知識基礎に関する研究の展開を中心に――
石井 英真
日本教育学会第73回大会(於:九州大学)      2014年8月
分かち合い、共に未来を創造する子どもの育成――2領域で見方・考え方を育む指導と評価の在り方――
黒田拓志・磯田文雄・石井英真・根津朋実
日本カリキュラム学会第25回大会、自由研究発表(於:関西大学)      2014年7月
E.FORUMスタンダード開発の試み―算数・数学科と英語科を中心に―
西岡加名恵、石井英真、赤沢真世、中池竜一、八田幸恵、小山英恵、北原琢也
教育目標・評価学会第24回大会、自由研究発表      2013年12月
「『数学する』活動としての論証とその指導と評価のあり方」
石井 英真
科研基盤B(研究代表者・岩崎秀樹)「中等教育を一貫する数学的活動に基づく論証指導カリキュラムの開発研究」第一回会議      2012年12月
「教室の内側からの評価改革――『学習のための評価」論とネブラスカ州の評価システムに焦点を当てて――」
石井英真
教育目標・評価学会,第23回大会,自由研究発表(於:東洋大学,2012年11月11日)      2012年11月
「パフォーマンス評価を取り入れた授業実践の事例分析-中学3年生「平方根」の指導を通して-」
石井英真、神原一之
全国数学教育学会,第35回研究発表会(於:愛知教育大学,2012年1月21日)      2012年1月
「現代アメリカにおける教育目標・評価論の展開――スタンダードに基づくカリキュラムの設計――」
石井英真
日本カリキュラム学会,第2回研究集会,研究発表(於:中部大学,2011年3月26日)      2011年3月
「学力論議の現在――ポスト近代社会における学力の論じ方――」
石井英真
日本教育学会,第69回大会,ラウンドテーブル3「〈新しい能力〉は教育を変えるか?――学力・リテラシー・コンピテンシー――」(於:広島大学,2010年8月22日)      2010年8月
「「活用する力」を育てる数学授業の創造――パフォーマンス評価を生かした『平方根』の単元設計を通して――」
石井英真・神原一之
日本数学教育学会,第92回全国研究大会,分科会発表(於:新潟市立宮浦中学校,2010年8月3日)      2010年8月
「パフォーマンス評価を教科指導にどう生かすか――中学校数学科のアクション・リサーチを通して――」
石井英真・神原一之
日本カリキュラム学会,第21回大会,自由研究発表(於:佐賀大学,2010年7月4日)      2010年7月
「NCLB法を問い直す視座――スタンダードに基づく教育改革のローカルな展開に着目して――」
石井英真
日本教育学会,第68回大会,ラウンドテーブルⅠ「現代アメリカのアカウンタビリティ・アセスメント教育政策の理論と実践」(於:東京大学,2009年8月29日)      2009年8月
「『スタンダードに基づく教育改革』の再定義に向けて――アメリカにおける学力向上政策の検討――」
石井英真
世界新教育学会,WEF国際教育フォーラム2008,自由研究発表(於:武庫川女子大学,2008年6月7日)      2008年6月
「授業の中の学力問題」
石井英真
日本教育学会,第66回大会,一般研究発表B「学力問題――その後の展開――」(於:慶應義塾大学,2007年8月29日)      2007年8月
「アメリカにおけるスタンダード設定論の検討」
石井英真
日本カリキュラム学会,第17回大会,自由研究発表(於:奈良教育大学,2006年7月8日)      2006年7月
「平成13年度小中学校教育課程実施状況調査の分析――小学校国語科,算数科を中心に――」
石井英真・渡辺貴裕・田中耕治・西岡加名恵・樋口太郎・遠藤貴広・窪田知子・柴本枝美
関西教育学会,第56回大会,自由研究発表(於:聖和大学,2004年11月20日)      2004年11月
「パフォーマンス・アセスメントの方法と意味――JELS 2003・Wave1の実施をふまえて――」
松下佳代・石井英真・遠藤貴広
教育目標・評価学会,第15回大会,自由研究発表(於:滋賀大学,2004年10月31日)      2004年10月
「アメリカにおける情意目標論の展開――態度としての『傾向性』概念に焦点を当てて――」
石井英真
日本教育方法学会,第40回大会,自由研究発表(於:和光大学,2004年10月9日)      2004年10月
「『改訂版タキソノミー』における教育評価論の特質――パフォーマンス評価の位置づけを中心に――」
石井英真
日本教育方法学会,第39回大会,自由研究発表(於:滋賀大学,2003年9月28日)      2003年9月
「高次の思考力を育成する授業設計の方法――R. J. マルザーノの『学習の次元』の検討を通して――」
石井英真
日本カリキュラム学会,第14回大会,自由研究発表(於:上越教育大学,2003年7月6日)      2003年7月
「アメリカにおける教育目標論の動向――マルザーノの『学習の次元』を中心に――」
石井英真
教育目標・評価学会,第13回大会,自由研究発表(於:京大会館,2002年12月8日)      2002年12月
「教育目標設定の新しい枠組み――ブルーム・タキソノミーから『改訂版タキソノミー』へ――」
石井英真
日本教育方法学会,第38回大会,自由研究発表(於:日本女子大学,2002年9月23日)      2002年9月
「斎藤喜博の教育技術論に関する一考察」
石井英真
関西教育学会,第52回大会,自由研究発表(於:大阪府立大学,2000年10月29日)      2000年10月

書籍等出版物

 
増補版・現代アメリカにおける学力形成論の展開――スタンダードに基づくカリキュラムの設計――
石井 英真
東信堂   2015年   
『教育評価改革の課題と展望――欧米・アジア・日本を結ぶ――』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「第一部 序文 教育改革における評価の位相――評価の時代の始まり――」「総括論文 学力テスト政策の課題と展望」)
日本標準   2016年   
『平成27年度版「みんなと学ぶ 小学校算数」 教師用指導書 第二部(研究編)』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「これからの学力評価のあり方――思考力・判断力・表現力を育てるパフォーマンス評価――」)
学校図書   2015年   
西岡加名恵・石井英真・田中耕治『新しい教育評価入門――人を育てる評価のために――』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「教育評価の立場」「教育目標と評価」)
有斐閣   2015年   
上條晴夫編『教師教育』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「藤岡完治 校内研修を変革するリフレクションとは?」(pp.98-103))
さくら社   2015年   
中学校「荒れ」克服10の戦略――本丸は授業改革にあった!
石井英真 (担当:監修)
学事出版   2015年   
今求められる学力と学びとは――コンピテンシー・ベースのカリキュラムの光と影――
石井 英真
日本標準   2015年   
『社会科教育学研究法ハンドブック』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「コラム:『教科する』学習を軸にした教育目標・評価研究の必要性」)
2015年   
子安増生・二宮克美監訳『青年期発達百科事典』
石井 英真 (担当:共訳, 範囲:M. J. Dietz「ミドル・スクール」(pp.378-385))
丸善出版   2014年   
日本教育方法学会編『教育方法学研究ハンドブック』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「学力」(pp.178-181))
学文社   2014年   
日本教育方法学会編『教育方法 43』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「授業研究を問い直す――教授学的関心の再評価」(pp.36-49))
図書文化   2014年   
西岡加名恵・石井英真・川地亜弥子・北原琢也『教職実践演習ワークブック―ポートフォリオで教師力アップ―』
石井英真
ミネルヴァ書房   2013年   ISBN:4623066517
北野秋男・吉良直・大桃敏行編『アメリカ教育改革の最前線―頂上への競争―』
石井英真
学術出版会、2012年、執筆担当「教室の内側からの評価改革―「学習のための評価」論とネブラスカ州の評価システムに焦点を当てて―」(pp.245-261)   2012年   
篠原清昭編『学校改善マネジメント』
石井英真
ミネルヴァ書房、2012年、執筆担当「学力向上」(pp.136-150)   2012年   
『平成23年度版「みんなと学ぶ 小学校算数」 教師用指導書 第二部(研究編)』
石井英真
学校図書,2011年3月,執筆担当「これからの学力評価のあり方――思考力・判断力・表現力を育てるパフォーマンス評価――」(pp.236-249)   2011年3月   
『現代アメリカにおける学力形成論の展開――スタンダードに基づくカリキュラムの設計――』
石井英真
東信堂,2011年2月,全374ページ   2011年2月   
田中耕治編著『パフォーマンス評価―思考力・判断力・表現力を育む授業づくり―』
石井英真 (担当:共著, 範囲:「パフォーマンス評価をどう実践するか」)
ぎょうせい   2011年   ISBN:4324092877
教育目標・評価学会編『「評価の時代」を読み解く――教育目標・評価研究の課題と展望――(下)』
石井英真
日本標準, 2010年12月,執筆担当「算数・数学」(pp.74-83)   2010年12月   
田中耕治編『小学校 新指導要録改訂のポイント』
石井英真
日本標準,2010年11月,執筆担当「算数――パフォーマンス評価を生かして『活用する力』を育てる――」(pp.38-43)   2010年11月   
松下佳代編『〈新しい能力〉は教育を変えるか――学力・リテラシー・コンピテンシー――』
石井英真
ミネルヴァ書房, 2010年9月, 執筆担当 (a)「学力論議の現在――ポスト近代社会における学力の論じ方――」(pp.141-178), (b)「アメリカの場合――カリキュラム設計における『工学的アプローチ』の再構築へ――」(pp.251-280)   2010年9月   

講演・口頭発表等

 
資質・能力ベースのカリキュラムの危険性と可能性 [招待有り]
石井 英真
日本カリキュラム学会第26回大会課題研究Ⅰ「『資質・能力』の育成をどう考えるか」(於:昭和女子大学)   2015年7月4日   
教育評価論から見た新たな高大接続システムの構想 [招待有り]
石井 英真
公開シンポジウム「高大接続問題の今日的到達点と課題」(於:愛知県立大学サテライトキャンパス)   2015年3月30日   
パフォーマンス評価とルーブリックの基礎と最前線 [招待有り]
石井 英真
第21回 大学教育研究フォーラム(於:京都大学)   2015年3月13日   
「学問する」教師をめざす京都大学の教員養成の取り組み [招待有り]
石井 英真
E.FORUM教育研究セミナー「教職の高度化」をどう構想するか」(於:京都大学)   2013年12月12日   
授業研究における教師の学びの質を問い直す―戦後授業研究史の展開をふまえて― [招待有り]
石井英真
日本教育方法学会第49回大会公開シンポジウム「授業研究による教師の力量形成」   2013年10月5日   

競争的資金等の研究課題