今田 勝巳

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
今田 勝巳
 
イマダ カツミ
所属
大阪大学
部署
大学院理学研究科 高分子科学専攻
学位
博士(理学)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1993年
 (財)高輝度光科学研究センター 企画調査部
 
1993年
 - 
1997年
 松下電器産業株式会社 中央研究所 リサーチアソシエエイト
 
1997年
 - 
2002年
 科学技術振興事業団 ERATO難波プロトニックナノマシンプロジェクト
 
 
   
 
分子構築グループリーダー
 
2002年
 - 
現在
 大阪大学大学院生命機能研究科 ナノ生体科学講座 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年
大阪大学 理学研究科 高分子学
 
 
 - 
1987年
大阪大学 理学部 高分子学科
 

受賞

 
2006年
ひょうごSPring-8賞
 
2008年
Best Poster from Students at the XXI Congress of the International Union of Crystallography
 
2009年
第9回日本蛋白質科学会年会ポスター賞
 

Misc

 
Structure of the bacterial flagellar hook and implication for the molecular universal joint mechanism.
nature   Vol431, 7012, 1062-1068/,    2004年
Crystallization of a core fragment of the flagellar hook protein, FlgE.
Acta Crystallogr   Section D.60, 2078-2080/,    2004年
Crystallographic analysis of the circadian clock protein KaiB form the thermophilic cyanobacterium Themosynechococus elongates BP-1.
Acta Crystallogr   D60, 727-729/,    2004年
ATP-induced hexameric ring structure of the cyanobacterial circadian clock protein KaiC.
Genes to Cells.   8, 287-96/,    2003年
Biochemical and molecular characterization of the NAD(+)-dependent isocitrate dehydrogenase from the chemolithotroph Acidithiobacillus thiooxidans.
FEMS Microbiol Lett.   214, 127-132/,    2002年

書籍等出版物

 
生物物理48巻1号「細菌べん毛繊維は分子間相互作用とフラストレーションを利用して超らせん構造の変化を制御する」
日本生物物理学会   2008年   

Works

 
生体超分子ナノマシンの構造解析
2002年 - 2007年
超分子擬似原子分解能電子線・X線構造解析法
2004年

競争的資金等の研究課題

 
細菌べん毛を対象として分子構造と機能の解析により、生物巨大分子集合体の自己構築、形態変換