太田 浩

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/30 03:02
 
アバター
研究者氏名
太田 浩
 
オオタ ヒロシ
eメール
h.otar.hit-u.ac.jp
所属
一橋大学
部署
国際教育センター 国際教育センター
職名
教授
学位
博士(State University of New York at Buffalo), 修士(State University of New York at Buffalo)
その他の所属
広島大学日本私立大学協会一橋大学明治大学留学生教育学会日本学生桜美林大学サクロ・クオーレ・カトリック大学(イタリア)
科研費研究者番号
70345461

プロフィール

太田 浩(おおた ひろし)
一橋大学 国際教育センター教授
Hitotsubashi University Global Education Program (HGP) ディレクター,
1964年福岡県生まれ。2001年ニューヨーク州立大学バッファロー校教育学大学院教育政策研究科修士課程修了(Ed.M.取得)及び2008年同博士課程比較・国際教育学専攻修了(Ph.D.取得)。東洋大学国際交流センター、ニューヨーク州立大学バッファロー校国際教育部、一橋大学商学研究科専任講師、同大学国際戦略本部准教授を経て、2010年より現職。2013年より留学生教育学会副会長。専門は比較・国際教育学,高等教育国際化論、異文化間教育。主要著書に「日本人学生の内向き志向再考」、「韓国の学生国際交流政策」(横田雅弘・小林明編 『大学の国際化と日本人学生の国際志向性』学文社,67-93頁,2013年)、「東アジアにおける高等教育国際化の比較と連携」(黒田一雄編 『アジアの高等教育ガバナンス』勁草書房,275-300頁,2013年)、“Japanese Universities’ Strategic Approach to Internationalization: Accomplishments and Challenges”, In A. Yonezawa, Y. Kitamura, A. Meerman & K. Kuroda (Eds.), Emerging International Dimensions in East Asian Higher Education, Heidelberg: Springer, pp. 227-252, 2014.など。

研究分野

 
 

経歴

 
1988年4月
 - 
1999年3月
学校法人東洋大学 教務課,国際交流センター等 職員
 
2000年6月
 - 
2002年5月
State University of New York at Buffalo, Office of International Education, Graduate Assistant
 
2002年6月
 - 
2007年3月
一橋大学 商学研究科 講師
 
2003年4月
 - 
2010年3月
東京外国語大学 International Student Exchange Program 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
現在
広島大学 国際センター 客員研究員
 

学歴

 
1999年8月
 - 
2001年5月
State Universtiy of New York at Buffalo Department of Educational Leadership and Policy, Graduate School of Education 比較・国際教育学
 
2001年8月
 - 
2008年5月
State Universtiy of New York at Buffalo Department of Educational Leadership and Policy, Graduate School of Education 比較・国際教育学
 
1983年4月
 - 
1987年3月
國學院大學 法学部 法律学科
 

論文

 
留学生と保証人
太田 浩
『フィロス東洋』7,東洋大学   44-45   1992年4月
国際交流スタッフの専門職化についてのアクショングループ
太田 浩
『JAFSA: 国際教育交流協議会会報』74,JAFSA   12-14   1994年4月
太田 浩
『留学交流』,日本国際教育協会   10(10) 9-11   1998年10月
International Student Market, Mobility, and Recruitment:The United States, United Kingdom, and Australia
太田 浩
State University of New York at Buffalo   1-44   2001年6月   [査読有り]
太田 浩
『留学交流』,日本国際教育協会   15(1) 24-27   2003年1月

Misc

 
太田 浩
『未来志向の関係構築における日中青年交流のあり方ー平成25年度日中研究交流支援事業報告書』, 東アジア共同体評議会   42-46   2014年2月
京都大学国際交流センターの外部評価に関する所見
太田 浩
『平成25年度京都大学国際交流推進機構・国際交流センター自己点検・評価報告書』, 京都大学国際交流推進機構・国際交流センター   6-10   2014年3月

書籍等出版物

 
从“日本留学考試”分析留学生入学選抜 『中国、日本外国留学生教育学術研討会論文集』
太田 浩
北京言語大学出版社   2005年4月   
Hiroshi Ota, In D. K. Deardorff, H. D. Wit, J. D. Heyl & T. Adams (Eds.)
The SAGE Handbook of International Higher Education, Thousand Oaks, CA: SAGE Publications   2012年12月   

講演・口頭発表等

 
留学生担当者の職域と研修プログラムに関する実践報告
太田 浩
留学生教育学会   1997年11月1日   
The Examination for Japanese University Admission for International Students and Japan's International Student Policy in the Era of Post International Student 100,000 Plan
Hiroshi Ota
International Symposium on Japanese Studies and Japanese Language Education   2003年11月1日   
日本留学試験の政策的考察
太田 浩
日本国際教育学会   2004年4月1日   
Changes in Japan-U.S. Student Exchanges Since 9/11: A Perspective From Japan
Hiroshi Ota, Shuji, Nishikawa, and Michelene Guertler,
NAFSA: Association of International Educators Annual Conference   2004年5月1日   
オフショア・プログラムの展開―香港とシンガポールの事例から―
太田 浩
日本比較教育学会   2004年6月1日   

競争的資金等の研究課題

 
国際教育・留学交流の政策的展開と実践の国際比較
研究期間: 2001年4月 - 現在
大学国際化の評価と評価指標
研究期間: 2003年4月 - 現在
国際教育プログラムの質保証と学習成果分析
研究期間: 2010年4月 - 現在
外国人留学生のリクルーティング,アドミッション,エンロールメント・マネジメント
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
外国学歴・資格評価の国際比較
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月