細谷 圭助

J-GLOBALへ         更新日: 14/05/02 19:13
 
アバター
研究者氏名
細谷 圭助
 
ホソタニ ケイスケ
所属
成美大学短期大学部
部署
食物栄養専攻
職名
教授
学位
農学博士(大阪府立大学)

プロフィール

和歌山大学教育学部で約30年間、栄養学の教員をしてきました。その間、主に果実と野菜の栄養機能と食育について研究してきました。今この田舎の環境の良いところで、若者が食料の生産、加工、流通、調理、栄養指導などにたずさわり、おいしく栄養価の高い食料を世に出し調理する、そういったことで生計が立てられる世の中になることを願っています。

経歴

 
2010年
 - 
現在
成美大学短期大学部
 
1980年
 - 
1981年
 和歌山大学教育学部 講師
 
1981年
 - 
1989年
 和歌山大学教育学部 助教授
 
1989年
 - 
2009年
- 和歌山大学教育学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
大阪府立大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1969年
兵庫県立兵庫農科大学(現神戸大学農学部)  畜産学科
 

委員歴

 
2004年
 - 
2005年
日本栄養・食糧学会  近畿支部・評議員
 
1992年
 - 
1996年
日本家政学会  評議員
 

Misc

 
柿の貯蔵中におけるカロテノイド、ビタミンCおよび
細谷 圭助
成美大学短期大学部紀要   42(1) 19-23   2014年3月
北近畿における大納言小豆の一般成分について
細谷 圭助
精美大学短期大学部紀要   42(1) 13-18   2014年3月
β‐カロテンによるマウスの筋委縮を防ぐ作用について
細谷 圭助
109 1349-1358   2013年   [査読有り]
β‐カロテンとレチノールの同時定量法
細谷 圭助、北川雅啓
791 305-313   2003年   [査読有り]
レチノールとレチニルパルミテートの定量法の改善
46 42-45   2000年   [査読有り]

Works

 
和歌山県産果物、野菜の食品成分による生体の酸化的ストレス消去等に関する研究。/和歌山県産果物、野菜の抗酸化成分およびアトピー抑制成分にかんする研究。/和歌山産カキ等果物・野菜の生活習慣病予防機能を活かした食品開発の基礎的研究。/和歌山産果物の食品開発における基礎的研究---渋柿加工法の加工処理条件、栄養と機能及び栽培面からの検討--。/和歌山産柿の加工食品としての製品化に向けた検討とその生活習慣病予防機能の解明。
1997年 - 2001年
和歌山産渋柿の製品化に関する高度化研究
2002年 - 2003年
和歌山産渋柿の特殊機能に関する研究
2004年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
和歌山県産果実中カロテノイド等成分の人体吸収機構と心臓病等生活習慣病予防機能の解明
地域先端技術共同研究開発
研究期間: 1985年 - 2005年
成長期における食教育
研究期間: 1985年 - 2005年
和歌山県産渋柿の加工食品及び機能性食品としての製品化