安原 眞人

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/22 17:15
 
アバター
研究者氏名
安原 眞人
 
ヤスハラ マサト
所属
帝京大学
部署
薬学部
職名
特任教授
学位
薬学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
帝京大学 薬学部 特任教授
 
2014年
 - 
2017年
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 教授
 
1995年
 - 
2014年
東京医科歯科大学医学部附属病院 教授
 
1990年
 - 
1994年
京都大学医学部附属病院 助教授
 
1988年
 - 
1990年
京都大学医学部附属病院 講師
 
1979年
 - 
1988年
京都大学医学部附属病院 助手
 

学歴

 
 
 - 
1979年
京都大学 薬学研究科 薬剤学
 
 
 - 
1974年
京都大学 薬学部 薬学科
 

受賞

 
2015年
日本医療薬学会 功績賞
 
2012年
日本薬剤学会賞
 
1992年
日本薬物動態学会奨励賞
 

Misc

 
Effects of miconazole oral gel on blood concentrations of tacrolimus and cyclosporine: a retrospective observational study.
Y. Ishiwata, M. Nagata, T. Arai, M. Makiishi, M. Yoshikawa, H. Takahashi, H. Kohsaka and M. Yasuhara
Ther. Drug Monit.   38 717-721   2016年   [査読有り]
Mechanism underlying induction of hyperglycemia in rats by single administration of olanzapine.
M. Nagata, M. Nakajima, Y. Ishiwata, Y. Takahashi, H. Takahashi, K. Negishi and M. Yasuhara
Biol. Pharm. Bull.   39 754-761   2016年   [査読有り]
Haploidentical bone marrow transplantation with clofarabine and busulfan conditioning for a child with multiple recurrent acute lymphoblastic leukemia.
Y. Aoki, R. Miyawaki, K. Imai, M. Takagi, M. Kajiwara, Y. Ishiwata, M. Yasuhara, T. Morio, S. Mizutani and D. Tomizawa
J. Pediatr. Hematol. Oncol.   38 e39-e41   2016年   [査読有り]
Active topical therapy by “Furuta method” for effective pressure ulcer treatment: a retrospective study.
K. Furuta, F. Mizokami, H. Sasaki and M. Yasuhara
J. Pharm. Health Care Sci.   1(21) 1-9   2015年   [査読有り]
Pharmacokinetic-pharmacodynamic analysis of sunitinib-induced thrombocytopenia in Japanese patients with renal cell carcinoma.
M. Nagata, Y. Ishiwata, Y. Takahashi, H. Takahashi, K. Saito, Y. Fujii, K. Kihara, and M. Yasuhara
Biol. Pharm. Bull.   38 402-410   2015年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
病態時における薬物体内動態と薬効
治療薬物モニタリングに基づく臨床薬物動態解析