青木 賢人

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/14 02:53
 
アバター
研究者氏名
青木 賢人
 
アオキ タツト
eメール
kentaokistaff.kanazawa-u.ac.jp
URL
http://kentaoki.sakura.ne.jp/
所属
金沢大学
部署
人間科学系
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年5月
   
 
金沢大学文学部史学科地理学コース 文学部史学科地理学コース
 
2002年5月
   
 
金沢大学大学院人間社会環境研究科博士前期課程社会システム専攻 担当 大学院人間社会環境研究科博士前期課程
 
2002年5月
   
 
金沢大学大学院自然科学研究科博士後期課程 担当 大学院自然科学研究科博士後期課程
 
2004年4月
   
 
東京大学空間情報科学研究センター 客員助教授 客員助教授
 
2005年3月
   
 
金沢大学自然計測応用研究センター 兼任 自然計測応用研究センター
 

学歴

 
2000年3月
   
 
東京大学 理学系研究科 地理学専攻
 
1988年4月
 - 
1992年3月
東京学芸大学 教育学部 初等教育教員養成課程
 

受賞

 
2001年8月
日本第四紀学会 日本第四紀学会 学会賞 10Be露出年代法を用いた氷成堆積物の形成年代の測定
 
2001年3月
日本地理学会 日本地理学会 研究奨励賞 Late Quaternary Equilibrium Line Altitude in the Kiso Mountain Range, Central Japan
 
2006年8月
金沢大学 金沢大学 平成17年度重点研究経費(若手の萌芽的研究)研究成果報告会優秀者 南米パタゴニア氷原における氷河-生態システム研究-氷河地生態系の基礎研究-
 

論文

 
青木 賢人
Bulletin of Glaciological Research   29 1-17   2011年12月
The Glaciological Research Project in Patagonia (GRPP) 2006-2009 was carried out with several objectives at Glaciar Perito Moreno of the Hielo Patagonico Sur (HPS), in the area of the Hielo Patagonico Norte (HPN) and along the Pacific coast. At Gl...
青木 賢人
Arctic, Antarctic, and Alpine Research   41(2) 174-182   2009年5月
The Northern Patagonia Icefield (NPI), covering 3953 km2</ sup>, is the second largest temperate ice body in South America. Despite its importance as a climate change indicator because of its location and size, data on ground-based mass balan...
2007年能登半島地震発生時における地域住民の津波に関する意識と災害回避行動
青木賢人・林紀代美
地理学評論   82 243-257   2009年5月
Satellite-Derived Equilibrium Lines in Northern Patagonia Icefield, Chile, and Their Implications to Glacier Variations
Arctic, Antarctic, and Alpine Research   41 174-182   2009年5月
被災危険度の差によるハザードマップの認知・活用の差異-石川県梯川流域住民の場合-
渡邉 慧・青木賢人
日本海域研究   40 127-133   2009年3月

書籍等出版物

 
日本の地形レッドデータブック第1集
小泉武栄,青木賢人
古今書院   1994年2月   
日本の地形レッドデータブック第1集 新装版 -危機にある地形-
古今書院   2000年12月   
日本の地形レッドデータブック第2集 -保存すべき地形-
小泉武栄・青木賢人
古今書院   2002年3月   
川の恵みものがたり 手取川のトリビア~テドリビア~
手取川エコミュージアム構想プロジェクトチーム   2005年6月   
温暖化と自然災害-世界の六つの現場から
古今書院   2009年9月   

講演・口頭発表等

 
Distribution of Riparian Forest Tree Spiecies on Lnadslides in a Heavy Snowfall Region(Excellent Poster Award 受賞対象)
Masato SAITO, Tatsuto AOKI
Joint Meeting of the 59th Annual Meeting of Ecological Society of Japan and the 5th East Asian Federation of Ecological Societies International Congress(龍谷大学瀬田キャンパス)   
自主防災組織・町内会などに対する防災情報の発信
青木賢人
日本第四紀学会2010年大会,PS-126 .(東京学芸大学)   2010年8月1日   
2010年チリ地震津波発生時における漁業関係者の対応とその課題
林紀代美,青木賢人
日本地球惑星科学連合2010年大会,MIS050-P17.(幕張メッセ)   2010年5月1日   
南アルプス三峰岳における最終氷期以降の氷河・周氷河地形発達史と岩石氷河形成過程
阿部洋祐, 片岡香子, 青木賢人
日本地球惑星科学連合2010年大会,HGM005-P02 .(幕張メッセ)   
手取川扇状地における河畔林の時系列変化
図門烏力吉, 青木賢人
日本地球惑星科学連合2010年大会,HTT032-P01.(幕張メッセ)   2010年5月1日